Hatena::ブログ(Diary)

随筆と日記のあいだ RSSフィード

2019/01/25

ブログ移行のおしらせ

本ブログは、はてなダイアリーというブログサービスを

利用しておりますが、今回、はてなダイアリーが

サービスを終了してしまうとのことで、

ブログを移行することなりましたので、おしらせします。

新しいブログURLは下記となります。


http://sosokusa.hatenablog.com/


お手数ですが、ブックマークの変更を行ってください。

以降は新ブログで更新を行っていきます。

過去記事も新ブログで読むことができますので、

ぜひ訪れてみてください。

「よりパワーアップしてお届けします!」などと

いうことはなく、これまで通り続けていきます。

どうぞよろしくお願いします!

2019/01/24

税金は受益者負担が原則

ふるさと納税というのがある。

自治体に納税すると、2000円を超えた分が、

納税扱いになるというやつだ。

一見、お得なような気がするが、

なんかこうしっくりこない感じがする。

税金の基本は、受益者負担。

つまり、利益を受ける人が負担すべきという考え方。

だから、たとえば道路を利用するドライバーが、

ガソリン代の中に含まれた税金を払うという

ことになっているわけだ。

この原則をふるさと納税は外れている。

縁もゆかりもない自治体に納税するのは、

私からするとあまり気持ちいい感じがしない。

ふるさとなのだから、自分の地元であるとか

お世話になった地域にお礼の意味で納税する

というのがいい。

杉並区なんかおびただしい額の税金が

流出しているという。

そうやって自分の住んでいる地域の行政サービスが

低下したら困るのだが。

2019/01/23

もの忘れ二連発

最近、もの忘れ二連発をやらかした。

ひとつは車のカギで、もうひとつは駐車券だ。

どっちもあったからよかったものの、

脳が退化してるのかもしれない。

車のカギは、いつもの場所に置かずに、

仕事部屋のデスクの上にポンと置いて

その上に荷物を置いてしまったことによる。

駐車券などもっとひどかった。

駐車券を財布にしまったのに、

それをすっかり忘れてしまったのだ。

それに、財布を探したのに最初はみつけることができず、

あとでよく見てみたら、あったという

どうしようもない体たらくである。

正月なまりが抜けていないのかもしれない。

もうちょっと気合を入れ直さないといけないなあ。

2019/01/22

慢心やゆるみ

帝京大学ラグビー部の10連覇が途切れたことは

ラグビー界では事件だった。

そこでいろんな記事が出たが、慢心やゆるみを

指摘していた人が、ラグビー評論家にも

いたのは驚いた。

慢心やゆるみがあったら、9連覇などできるはずもない。

慢心やゆるみがないクラブだからこそ9年も連続して

頂点に立つことができた。

慢心やゆるみを許さないクラブの文化をつくってきた

それが連覇の要因だ。

それがいまはもう伝統になりつつある。

いわゆる伝統校といわれる大学が手をこまねいていた

のに対して、帝京は斬新な改革を行ってきた。

今季、明治大学が優勝できたのは、

残すべき伝統と、そうでない伝統を

うまく整理できたからだと思う。

目の前の勝敗に一喜一憂するのではなく、

チームが強くなるための方策

選手が自分たちの頭で考え、やり抜いたからこその成果だ。

2019/01/21

大寒

本日は、二十四節気でいうところの大寒である。

毎年1月20日ごろから2月4日ごろの立春までの

期間をいう。

大寒とは、字のごとく、最も寒さが厳しい時期である。

もっとも寒い時期であるとして、味噌や醤油、日本酒など

の仕込みをする時期ともいわれている。

こうして昔の人は二十四節気を意識しながら、

農業ものづくりをしていたんですね。

東京多摩地区では、だいたい最高8〜10度、

最低2〜4度ぐらいの気温で推移している。

雪はこの冬、まだちらっとしか降っていない。

雪というか、雨すら降っていない。

まともに雨が降ってからもう1か月は経つのでは

ないだろうか。

おかげで乾燥して大変です。

乾燥しているので火の取り扱いにも注意です。

2019/01/18

チケット1枚ゲット

いよいよ今年、日本で初めてラグビーW杯が行われる。

コピーの「4年に一度じゃない、一生に一度だ」の通り、

今後、日本で行われる可能性はもう一度あるかないか。

それならと3年前からこつこつ貯めてきたお金を

ここでバーンと使おうと、チケット購入抽選に申しこんだ。

3つの試合はすべて落選したが、

その落選者向けに15日、先着販売が行われた。

午後8時19分に始まった公式サイトでの販売に

サインインすると、1万4700番目ですとのこと。

12時までかかってやっと1枚ゲットした。


試合No.3 プールC

フランス v アルゼンチン

東京スタジアム

2019年09月21日 (土) 16:15OK.O.


フランスは欧州大リーグのひとつをもち、

ラグビー大国である。

アルゼンチンは前回ベスト4の実績がある。

私的に好カードなのだが、チケットは比較的余裕があった。


東京スタジアムのキャパが多いというのもあるだろう。

東京スタジアムなら近いし、とても楽しみだ。

19日は一般販売がある。

あと、2試合ぐらい見たい。

そのうち、1試合はジャパンの試合が見たいのだがなあ。

2019/01/17

映画「赤ひげ」

「赤ひげ」は黒澤明監督作品。

赤ひげは人情味あふれる腕利きの名医ということだけは

知っていて、それ以外は何もわからなかった。

3時間もある長編映画だったのですね。

全編を通して、赤ひげがいかに情に厚く、志をもった

医者であるかが、若い医者の保本に視点で語られる。

なのだが、私としては保本の成長の映画としてみた。

保本は最初、自分はエリートで、こんな場末の養生施設に

いるべきではないのだと考えていた。

しかし、赤ひげの医師としての志に触れるうちに、

自分がいかにちっぽけであるかに気付く。

赤ひげは、特別に格言的なことを言うわけではない。

けれど、人間としての分厚さ、貧富の差や立場の違いを

超えて、健康に対する真摯な態度を見せるだけだ。

こういう医者は少なくなったが、現代にもいると思う。

私は現に素晴らしい医者に何人も会ってきた。

若い医師にはこの映画を見て、

赤ひげや保本が何を大事にしようとしているのか、

考えてほしいと思う。

そうすれば、きっといい医者になれる。