Hatena::ブログ(Diary)

soulram’s weblog このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-06-17 何から書いたらいいのか。

はてなダイヤリーアカウントを残しておいたのは、私が彼是書いたことがなくなってしまうのが忍びなかったからです。バックアップを取ったり、本にしたり(はてなに本にするサービスがあったと思いましたが、まだあるのかな。)って、そういう方法もあるにはあるわけで、自分で読み返す方法はあるんですが、人目に触れる場所で「こんなことかいてたんだ」っていう感覚がなくなるのがイヤだったのかもしれない。

2年ぐらい、このブログエントリーを書いていなかったけれど、先日、随分昔のエントリーコメントを頂いたこともあって、読み返す機会ができました。「Tumblrもいいけど、俺ははてなで色々書いてたんだな」と何となく、回顧的な気分になってエントリーを追加。

はてなダイヤリーを中心にブログを書いてた頃が一番素直で、マスターベーティング的に色々と恥かしげも無く吐露していた時期だったかなぁ、というのもあって、懐かしいのです。

この3年くらい随分と変わった。

なんか、はてな記法も懐かしい。忘れていることも多いけど、コレはすごく気に入ってるはてなの昨日でした。

この3年で変わったのは、自分過去の振り返りがスゴク多くなったことと、新しい感覚というのが非常に少なくなったこと。

最後転職現在会社就職した)が2008年3月で、実はその頃から仕事への感動が、劇的に下がりました。2009年までに1度、大きめのプロジェクトの立ち上げに失敗してからは尚のことダッチロールする時期が長く、2011年度の後半に少し持ち直したところで、異動となり、またやり直し的な感じ。

過去自分を振り返ることで、いくつか自分自分のために果たす責任を感じました。こういうと非常に前向きで誠実な感性に聞こえるけれど、自分過去に思っていながらやらなかった、決断しなかったということで、今コレだけつまらないことになっているのかと思うと、もうこんな目に合いたくないというのが実感です。

  1. やるべきときにやるべきことをやる
  2. いうべきときにいうべきことをいう
  3. やりたいな、と思うことをやる。
  4. 嫌なやつとは働かない。

なんだこれ・・・まぁ、デモこんな感じです。ともかく、営業で出てくる話で「Right Place, Right Time」ってありますが、これって、実は自分の一つ一つの決断は日頃の自分感性で決まってくることが多い。

そういう話すると、「楽観、悲観」「積極、消極」「前向き、後ろ向き」の議論になるけれど、そんなことは全く無いと思っていて、自分が思ったように、今の自分は居るべき時に居るべき場所にいるものです。だから、「思うこと」は大切で、それがその人の感性に直結してきて、最後はそれが決断として将来の自分や周りの人間に影響がでる。そして、そのフィードバックをもってまた自分は次に進んでゆく。

面白いことなんかなんもない

ポジティブが前面に出ている人が苦手です。私はネガティブシナリオライターだし、その方がどっかで面白いと思っているのと、創造革新ばかり話しをする人は信用できないってのもあります。

例えばビルを建てたいと思ったときに、今あるビルに居る人を立ち退かせ、権利関係を整理して、ぶっ壊して、瓦礫にして、何事も無かったように更地にして・・・っていう作業を無視しているように聞こえる。

創造の前にある破壊に、興味があるわけです。想像するやつなんて、山ほど居るけれど、破壊できる人のほうは余りいないし、目に触れない。それのほうが、価値があります。数が少ないのと、それがないことには先に進めないのだから

本当に辛いことを経験した人が、前向きになるのは、スゴク価値があります。そういう人は、大体が口に出さない。切迫感や心の奥にある方向感が結果的に前向きなだけで、本人はそんなことを思っていないというのが、実感です。

から面白コトなんかなんもねぇんだよ、楽しめるなんてことは、殆ど幻だ・・・くらいに思っている人のほうが、馬があう・・・というのが実感だな。

ともかく、死ぬまで生きる

そういうことです。クルマでも家でも、諸行無常でいつか無くなる。我々人間も、いつか前触れも無く死神に首を刈られて一巻の終わりとなるかもしれない。人生はソモソモ1度きり。2度ないものに1度も何もない。

次は無いのだから、正しくやるのではなく、やれることを最大限、自分感性でやってみる。そんでだめなら、それまでよ。もう、色々ありすぎて、それでいい気がしてきました。

この数年、私は少し日和見主義でいすぎたのかもしれない。なにせ、今の会社が一番在籍年数が長いのです。いつでもお別れできるように、いつでも高飛びが出来るように、自分感性をいつも見つめておくことが、私が社会で生きている実感なのかもしれません。

2010-01-11

「はてな」を少しお休み。

っていうか、2ヶ月以上も更新ない。こんなこと無かったのですが、何となく、最近ブログを書こうっていう気持ちも薄れてきました。

とはいえ、最近流行りの「Twitter」に嵌りツイデに、「Tumblr」も使っています。マイクロブログみたいな感じだけど、更新はこっちで。

http://soulram.tumblr.com/

http://twitter.com/soulram/

まぁ、お時間あれば。

2009-10-18

JINSでメガネを新調

f:id:soulram:20091018145015j:image:left:w200

昨日、最近テレビ宣伝している「JINS」でめがねを買いました。メガネ人生30年近い私ですが、こういう黒縁のメガネは初めて。かけていたのは、縁なしメガネ。度はまだ出ているけれど、もうボロボロだったので早いとこ買おう買おう・・・と思ってたとこ。

「JINS」は縁なしは売ってなくて、フレームのあるメガネになる。全部フレームがあるか、上下どちらかに必ずフレームがあるか。実際、レンズに穴を開けるのって工賃が高いのかな・・・。一応、仕事でこの黒縁をいつまでもかけているのもなんなので、もう一本買おうと思う。5000円〜10,000円なので2本買う気になる。

今かけている、縁なしのメガネは、有楽町無印良品で買った。当時、乱視だとレンズが割高になって結局2倍近く払った気がした。今は、一般的にそうなのか、「JINS」がそうなのか分からないが、表示価格でつくれたので、個人的にはそれが凄いうれしかった。「レンズないだろうなぁ」っておもってたから。ちなみに無印良品の前には、Zoffで買ったこともあったけど、このときも乱視が原因か分からないけど、表示価格の2倍くらい取られた上に時間もかかった。そういう意味では、価格も納品時間も「JINS」はいいね。

メガネ・アイウエアブランドのJINS - メガネ(眼鏡・めがね) | JINS - 眼鏡(メガネ・めがね)

2009-10-08

硬く考えすぎ

私はいい加減な性格の癖に、実体のないことを彼是考えすぎる癖があります。要するに、自己愛が強いタイプなんだろうと思う。最近、元気がなかったんです。仕事がまったくうまくいかないとか、そういうことはなくて、家庭でも第二子にも恵まれそうで、色んな人生がある中では、不安が沢山あったとしても普通にやっているのだろうと思う。

夜早く寝て、朝早く起きて、仕事をして、本を読んで・・・。それのどこがいけないのか。

しかしながら、私は元気がない。体も心も元気がありません。恐らく、色んなことに疲れてしまったのだろうと言われました。確かにある日、自分の今までを振り返ってしまったことがありました。恐らく、そういう振り返りには早すぎたのだろうと思います。凄い疲れが襲ってきた。

普通だと思っているこの生活を維持するためには、見過ごせない程に大きなエネルギーが必要なのだ。

そんなことを思ってから元気がない。というか、この状況にもそろそろ飽きてきている。なんとなく、20代の頃に今より沢山の不安と不満を抱えていた頃のほうが、元気があった気がします。このブログを読み返すと、そう思う。大きなお世話だったり、マスターベーション的な思想をぶちまけてみたりということをしていたけれど、その頃のほうが自分はまだエネルギーがあった気がする。

過去自分には、もう戻れない。何かを探すのは的外れという気がする。昔の自分を取り戻そうとするのではなく、今の自分がやろうとしていることを尊重しなくちゃいけない。

2009-09-27

恐らく少しお休みを・・・

します。このブログ2004年ぐらいからつけていましたが、更新の頻度が下がりました。必要に応じて、まとめて述べるべき事ができたときに、たま〜・・・に書く感じになるんだとおもいます。

この数ヶ月で、相場とのかかわりも少しずつ変わりつつあります。言葉にはなりませんが、儲かってみたり、損をしてみたりしている中で色々学んでいるところです。この数週間は、トレードもお休みしていて、改めてどのように関わるべきか整理しているところです。

まぁ、相場に限らず、Twitterはごちゃごちゃとつぶやいてます。TumblrTwitter、Brightkiteのほうが更新が多くなっています。

2009-08-25

自民党のYouTubeのCM

これ面白かった。

D

まぁ、なんていうかね。選挙インターネット活用がまだ自由じゃないとかなんとか言ってました。誹謗中傷が心配、とか、ネットの普及率が上がったとはいえ、年寄りにはまだ遠い、とか、セキュリティが・・・とか。

このCMはどうなの?自民党が作ってるんだろうけど。その上、党大会とか、町内会でやってるような懇親会なんて若い人いないでしょ?若い人のほうがよっぽど取り残されているよね。セキュリティが云々・・・っていってるけど、その言ってる本人たちはオンラインバンキングしてるでしょう。本当にセキュリティが心配なの?

とか、思ったよ。池田信夫氏が、「そもそも、旧態依然とした選挙活動で、インターネットを利用することすら間々ならない人たちが、改革なんてできんのか」といってた。あまり好きな人じゃないけど、この部分には納得。ばかばかしいですね。

2009-08-16

禿げそう・・・

あれから1ヶ月、何も更新が無いのもなんなので、近況です。とはいえ、この7月8月頭にかけては仕事は相変わらず、プライベートは色々、トレーディングは疲れた・・・って感じでした。仕事については、入社して1年経って何となく思う方向性に動きつつあるように思います。7月上旬から、やっと言い続けてた方向性を共有できてきた感じ。うまく行くかどうかはこれからの頑張りですが、必要性や「これしかないと思わない?」という気づきの共有ができてくると、プロセスも違ってくると思いますね。プライベートは、第2子にやっと授かりそう・・・という感じ。今まで最初の子供(今5歳・来年は小学1年生・・・)の後、2度の流産の後、やっとできた子供です。素直にうれしいですな。母体を大事にしておくぐらいしか今はできませんが、そのおかげもあって飲みに行く回数は減りました。

投資活動

仕事と、プライベートについてはさらっと。投資については、他のブログ(soulram's weblog(anex))でごちゃごちゃ書いていたので、そちらに日々の動きが書いてあります。ただ、8月は、ほとんど動きが無い・・・というか、7月の最終週で拾い損ねたテルモ(4543)の好決算高騰がショックだったり、その後ピジョン(7956)で7月につけたパフォーマンスをほとんど失ったりとちょっとストレスフルなトレーディングが続いていました。気持ちが下がると、トレーディングがうまく行かない・・・というのではなく事前準備や、損切りタイミングミス、そういうものにつながってくる・・・。そう考えるとデイトレができる人は尊敬しますね・・・証券会社はともかく、自分の身銭で一人黙々とやっているのは、訓練してるか、もしくはそもそもの精神構造が良かれ悪しかれ凡人とは違うと思う。

17日〜19日で夏休みをとっていますが、結局、妻のつわりも強めなのであまり遠出はしない予定ということもあり、少し時間ができればまた投資活動の建て直しをしなくちゃと思っています。この2ヶ月くらいで、何となく自分のペースをつかむことの重要さも身についてきた感じがするので、こうした気づきをチャンスにしていきたい。

薄毛・・・というか、禿げ

f:id:soulram:20090816080319j:image:w250:left

いやぁ・・・・まいった家系に禿げはいないんだけど、禿げてきたみたい。6月下旬くらいからドサドサ抜け始めて、今じゃ写真のような有様・・・・。お医者さんに行ってみようと思うのですが、保険が利かないみたいで高い。初診で1万超えてくる。まだ何をしているわけじゃないけど、最初はショックで何も考えられなかった時期が続きました・・・。

実際、トレーディングで夜中起きてることも多くなったり、体調もこの1〜2年ボロボロだったからそういうところからも着てるのだろうと思います。7月下旬8月頭からは前のほうもボサボサ抜け始めてて怖い・・・・。実際、仕事で今まで感じたことの無い種類のストレスもあったからそういうのもあるでしょう。酒の飲み方も変わったし、まぁ、運動は相変わらずしていない・・・。生活習慣の見直しはカミサンからも言われていたのだけれど、こうなるならもっと早く・・・と思うこともしきりです。

最初に気がついたのはカミサン。「あんた髪薄くなってきたよ。すごいよ。」って、6月頭に言われた。こわい・・・。ほんと、怖いです・・・。