Hatena::ブログ(Diary)

soulram’s weblog このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-03-24

SBIはホワイトナイト?「フジテレビ VS ライブドア」にソフトバンクが参戦?--フジの筆頭株主がSBIに

なんだこりゃ???

フジテレビジョンの筆頭株主が3月24日ニッポン放送からソフトバンク・インベストメント(SBI)に異動した。SBIとフジテレビニッポン放送は3 月24日、コンテンツメディアブロードバンド関連企業を投資対象とするベンチャーキャピタルファンドを共同で出資、設立することを発表した。

 そして、相互の協力関係を強化するべく、ニッポン放送が保有するフジテレビの株式35万3704株、発行済株式の13.88%を株券消費貸借により、SBIが借り受けることで合意した。株券消費貸借の実施により、消費貸借期間の2005年3月24日から2010年4月1日まで、この株式の議決権は SBIに移転するという。つまり、13.88%を保有して筆頭株主だったニッポン放送の持ち分はゼロになり、まったく保有していなかったSBIがフジテレビの筆頭株主として一気に躍り出た。

「フジテレビ VS ライブドア」にソフトバンクが参戦?--フジの筆頭株主がSBIに (CNET 2005/3/24)

なんか、野球の件もしかりですが、SBIはいつの間にか、やっちゃってますね。

記事を読む限り、ニッポン放送は筆頭株主ではなくなり、、SBIが株主になることで、今まで弱かったM&A関連の経営判断が迅速に出来る体制も作れそうですね。LBOで金を用意したライブドアですが、こうなってくると、裁判結果が良かったとはいえ、旗色が悪くなるように思えてきます。

堀江潰し?

ここで思うのは、堀江さん潰しってことなのかな?って感じ。SBIだって、規模や事業範囲の差はあれど、フジテレビから見たら、やっぱり「新興産業」ってことになりますよね。でも、ホワイトナイト(ってことになるのかな・・・)と言う感じでSBIを立てた。ここまでくると、「どれなら良い」という話ではなく、「ライブドアがやだ」という話ですよね。

また、新しいのが出てきました・・・「株券消費賃借」だって。これは、所有権も移行仕手、議決権もSBIに移るって事みたいですね。で、上記記事にある、新しい投資会社を設立するということか・・・よくわからないな。この辺のシナリオがわかる人、いらっしゃいますか?!

便利・豊かさが、頭を止める。

調子に乗って、もう一丁。弁理士の遠山さんのBlog、「知財ブログ」をよく読んでるんですが、その中で、糸井重里氏の「ビンボーからスタートするゲーム」に関して、書いてありました。

この考え方、とても価値的ですね。「考える」「考えざるを得ない」とい状況。日本人は、あまりにも「物」を与えられすぎて、考えることを忘れてしまった。物がありすぎるから考えない。そこで、ビンボーになる。無い状態を人工的に作ってみる。手に入らなければ、手に入れようと「考える」。手に入らなければ、別の手段を考える。無ければ作る。そういうことが新たな創造を生んでいくのでしょう。

ということです。わかるわかる。

無駄な豊かさは、頭を止める。

「無駄な豊かさ」ってのは、享受していることに気が付かない豊かさとでも言いましょうか。手に入れているものの、理由がわからない豊かさ。

先日、給料日前に、いろんな出費が重なって、金がなくなりそうになった時期がありました。まぁ、一時的に貸したお金が大きかったり、いろんな出費が重なったりで、後々入ってくるわけだから、大丈夫といえば大丈夫なんだけど。

そのとき、貯金に手をかけようとしたんですね。どっちにしても、そこに補填すれば良いジャンって。

でも、考えた。1日当りいくらなら使えるのかと。これで何とか生活できないだろうか、と。たまたま、冷蔵庫の番頭をしていた妻は子供実家へ2週間ほど帰省しており、すっかり食材がないことを思い出しました。

夕飯は?交通費は?・・・次の給料日までつなぎとめるために、考えるわけです。

そして、バス回数券まで切れた!さぁ、200円ですよ。たったの。これが出ないの。

金を使わないようにしようとおもっていたので、その中で自分との葛藤がありました。ほんと、葛藤だった。

結局、僕は、バスに乗らず、駅から、自宅まえ45分の道のりを徒歩でかえりました。

良い経験でしたね。金を使うってのは、そういうことなんだなぁって。今、何のために、いくらはらって。ということの認識を忘れちゃいけないんだね。

「そんなの、ケチケチして、つまらない」と言う人も、大勢いると思う。けどね、これはゲームなんだよ。結局、頭を使うゲームケチケチしてつまらないと言う人ほど、単純に現実が見えてないだけだったりする話は、よくあるね。

カーナビもそうだ。

友達の車にはカーナビがついてて。僕のには無いのね。友達に、

私:「いいなぁ、カーナビ。おれもつけよっかなぁ。」

友:「まぁ、オプションで安かったから、つけちゃったよ。でもね・・・」

私:「でも?」

友:「バカになるよ。道、考えないから。これはマジで。」

なるほど。運転を見ていると、カーナビが話すとおりに、ハンドル切ってるだけ。

僕なんか、遠出するときは、事前に地図で見て、曲がり角覚えて・・・実際はどんな曲がり角なんだろう・・・とか想像して、信号の名前は、このとおりかな・・・ここの道は一通だったりして・・・とか心配して、本番を迎える、と言う感じです。そして、いざとなると、カミサンナビ。カミサンは、「私のナビは、とっても正確」とかいって、ナビするんだけど、「そっちにまがって」とか言います。「そっち」って、どっち?って。

まぁ、でも頭は使う。使わないと、目的地に着かないからね。

お金も便利であるもの。

お金を使えば、無駄な時間と労力をカットできます。時間を買う、といわれる所以です。

でも、確かに無かったら、考えるし、「知財ブログ」である通り、動機がはっきりしてくる。これは、本当ですね。どこに投資するべきか良く考えるから。CD買うとき、お金があるときに「あれもこれも」と買うよりも、無いときに、「懇親の1枚」を買うのでは、やはり聞き込んじゃうね。そういうことだと思います。

追い詰められ、何が必要かというのを、ゲーム感覚で考えるというのは、とても良いことなんだろうね。

株式分割と、株式の「商品化」

な〜んて、題名だけ見ると「はぁ?んなこと、お前がいえるの?」と言うような話ですが、まぁ、そこはご愛嬌・・・。

昨日、妻と子供が寝静まった後、いつもの通りたまっている本を読んだり、四季CD-ROMを鬱々と眺めていたり、ライブドア関連の「保全抗告は却下」の件が目に入ったので(遅・・・)眺めてました。

堀江社長インパクト

この人が何をやっているか・・・。別に新聞記者じゃないけど、思ったことを。この人がやったのは、「みんなが欲しいものを提供する」と言うことに徹底している気がする。株式分割が正にその最たる部分に感じます。印象的だったのは、「所得に占める割合が大きい価格の株式を、個人投資家のどれだけの人が買えると思いますか。小遣い程度で買えたら、それがいいじゃないですか」みたいなこと言ってた。まぁ、見方によりますが「一理ある」と思いましたよね。

「欲しいものを提供する」。商売では王道なんだろうな。ニーズに対して、迅速に対応してるわけだ。だから、ファンは多い。

株式を分割し、買いやすくする。

買いやすくなった株式は、どうなってんのか。

現在ライブドアBPSは88円で、実際の株価は360円前後ですか。360円払って、88円分の資産について権利を持つ。そして、EPSは6.4円だったかな。と言うことは、利子6.4円のビジネスを360円で買う。

株主は、360円の資本参加をしてるわけですが、年間それで稼ぐのは立ったの6.4円です。利回りで1.7%です。経営効率が良いとは、言えないですね。実際のROEは10%ですが、株主が払う株価から考えると、こんな数字なんだよねぇ・・・。

他の銘柄と丹念に比べたわけじゃないけど、たとえば日産自動車。ここは、数字はとってもいいと思うんですが、やっぱり消費者独占と言うわけには行かないし、成長率もうなぎのぼりではありません。ただ、堅実な経営になっているとは思います。その日産と比べてみると、その差を感じます。

BPSは、550円、EPSが122円。株価3月24日現在で、1085円ぐらい。1085円払って、会社の純資産550円分のビジネスを買っている。その純資産から生み出される利益は、122円です。実際のROEは、26%と、なかなか良い数字ですし、純資産から生み出される利益も、22%です。

こっちのほうが良いと思う。

ビジネス投資するなら、やっぱり、自分達が払った金額の資産を、効率よく使って利益を上げてくれたほうが良い。キャピタルゲイン至上主義で考えれば、また違うのかもですが。

こういう動きを見ていると・・・

結局、株式を、「商品」としている気がしました。株式が商品かどうか、とか、商品だっていいじゃねぇか!と言う議論はさておき、ビジネスに対して口を出す権利を紙にしてるわけだから、その紙の本来価値は、ビジネスの有効性と思います。それは、翻って考えると、手に入れたその「紙」に対して払ったお金で、利益を上げているかどうか。

商品化、といっているのは、その「株式」の「人気」を挙げて、実際の資産価値とはかけ離れた資本金を「稼ぐ」と言う意味です。(う〜ん、くるしくなってきた・・・・)

提供する、経営資源(=資産)に対しての権利と、実際の株主資本が余りにかけ離れていれば、それは株式を発行し、そこで資本金稼ぎを行い、損益計算書をぶっちぎってダイレクトに、「資本の部」に入れているという感じがしますが・・・。

あぁ〜、素人が手を出す話題じゃなかった〜!!!まぁ、昨日、そんな風に思ったんですよ。

これは、バフェット氏の考え方を元にして、あれこれ考えているうちに思いついた話。

もうちょっと、ちゃんと説明できればなぁ・・・。

お後がよろしくないですが、この辺で。

Connection: close