Hatena::ブログ(Diary)

soulram’s weblog このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-06-17 何から書いたらいいのか。

はてなダイヤリーアカウントを残しておいたのは、私が彼是書いたことがなくなってしまうのが忍びなかったからです。バックアップを取ったり、本にしたり(はてなに本にするサービスがあったと思いましたが、まだあるのかな。)って、そういう方法もあるにはあるわけで、自分で読み返す方法はあるんですが、人目に触れる場所で「こんなことかいてたんだ」っていう感覚がなくなるのがイヤだったのかもしれない。

2年ぐらい、このブログエントリーを書いていなかったけれど、先日、随分昔のエントリーコメントを頂いたこともあって、読み返す機会ができました。「Tumblrもいいけど、俺ははてなで色々書いてたんだな」と何となく、回顧的な気分になってエントリーを追加。

はてなダイヤリーを中心にブログを書いてた頃が一番素直で、マスターベーティング的に色々と恥かしげも無く吐露していた時期だったかなぁ、というのもあって、懐かしいのです。

この3年くらい随分と変わった。

なんか、はてな記法も懐かしい。忘れていることも多いけど、コレはすごく気に入ってるはてなの昨日でした。

この3年で変わったのは、自分過去の振り返りがスゴク多くなったことと、新しい感覚というのが非常に少なくなったこと。

最後転職現在会社就職した)が2008年3月で、実はその頃から仕事への感動が、劇的に下がりました。2009年までに1度、大きめのプロジェクトの立ち上げに失敗してからは尚のことダッチロールする時期が長く、2011年度の後半に少し持ち直したところで、異動となり、またやり直し的な感じ。

過去自分を振り返ることで、いくつか自分自分のために果たす責任を感じました。こういうと非常に前向きで誠実な感性に聞こえるけれど、自分過去に思っていながらやらなかった、決断しなかったということで、今コレだけつまらないことになっているのかと思うと、もうこんな目に合いたくないというのが実感です。

  1. やるべきときにやるべきことをやる
  2. いうべきときにいうべきことをいう
  3. やりたいな、と思うことをやる。
  4. 嫌なやつとは働かない。

なんだこれ・・・まぁ、デモこんな感じです。ともかく、営業で出てくる話で「Right Place, Right Time」ってありますが、これって、実は自分の一つ一つの決断は日頃の自分感性で決まってくることが多い。

そういう話すると、「楽観、悲観」「積極、消極」「前向き、後ろ向き」の議論になるけれど、そんなことは全く無いと思っていて、自分が思ったように、今の自分は居るべき時に居るべき場所にいるものです。だから、「思うこと」は大切で、それがその人の感性に直結してきて、最後はそれが決断として将来の自分や周りの人間に影響がでる。そして、そのフィードバックをもってまた自分は次に進んでゆく。

2010-01-11

はてな」を少しお休み。

っていうか、2ヶ月以上も更新ない。こんなこと無かったのですが、何となく最近ブログを書こうっていう気持ちも薄れてきました。

とはいえ、最近流行りの「Twitter」に嵌りツイデに、「Tumblr」も使っています。マイクロブログみたいな感じだけど、更新はこっちで。

http://soulram.tumblr.com/

http://twitter.com/soulram/

まぁ、お時間あれば。

2009-06-02

梅田さんやはてなダイヤリーなど・・・

久しぶりに、はてなダイヤリー更新をしています。きっかけは、今回の梅田さんのインタビュー。疲れてんですかね。

日本のWebは「残念」 梅田望夫さんに聞く(前編) (1/3) - ITmedia NEWS

やっぱり、人って、どうしたって疲れてれば、自分の好きなことに没頭してストレス発散したくなる。人によっては女に、買い物に、って俗物的なものになりますけど、教育が行き届いている人になればなるほど、ある意味、自分の頭脳の中で繰り広げられる世界に没頭しがちですよね。サバティカルという言葉を聞いた辺りから、ちょっと不思議な感じがしましたが、梅田さんも人間だってことですな。

web進化論で、ウチのサイトの「RSSを書くことの意味」とか「ブログを書くという行為がスキルアップにつながる話」とかを引用してくれた時は嬉しかったよ。自分はその頃の価値感はまだ機能すると思ってるよ。残念とか言う前に、昔の空気感を復活させてよ。自社でオリジナルサービス作れないから、任天堂のバックエンド担当とかやめようよ。

fladdict ? 日本のwebが「残念」というか、そもそもはてなが「残念」だ

とってもストレートなエントリにて、反応しました。任天堂の話とかって、私あたりはまったく評価しないんですが、そうはいってもはてなの「おもしろそうだからやってみようよ」って感じで手をつけたんだろうという解釈でした。

近藤さんも梅田さんも泥臭くは無い

どちらにしても、泥臭さは感じない。いうなれば、サイバーエージェントの社長さん、GMOの社長さん、ああいう人たちと違う感じの匂いはしますよね。それでいて、オピニオンリーダーとしてコレだけ話を振りまけていたところとか、パソコンオタクしかり、Geekしかりで良い反応を示していたのではないでしょうか。ビジネスという言葉よりも純粋な面が見えていた。

残念なのは、ここでスネちゃった感じがありますよね。近藤さんはアメリカから戻って京都に・・・とか、梅田さんはサバティカル・・・とか。この辺を素直に表現してるあたりが、なんとも言えず純粋な感じです。ただ、その世界観に共感したくて、あこがれて、日々の仕事から夢を見られる世界が見えた気がしたのかも。

当人からしたら、「これって、なんのはなし?」という感じで、理解しずらいのかもしれません。スネてるわけじゃないよ、と。

「あるプロジェクト

こういうプロジェクト、こういう試み、という言葉で終わらせてもいい話って沢山あると思うのです。そうなって欲しいとか、そうならないで欲しいとか、そういう希望ははっきり言ってなくて、どっちでもいい。時代の一ページで終わったところで、誰も何も思わないでしょうしね。

ただ、それを決めるのは、経営に関わる人たちでしょう。自分達の存在価値を、どう見積もるのかはその人それぞれでしょう。ただ、一つ感じるのは、自らの振り返りを臆面無く振りまく上司ってのは、下から見るとイザッて時なんともいえない頼りなさがあるのは確か。ある意味人を見てるわけだけど、やっぱり会社とかプロジェクトって人がやることだから、それを無視できないってのはあるはずです。「あぁ、そんなプロジェクトもあったよね」・・・そんな言葉が似合う会社も沢山ありますよね。

自己満足

自らの存在価値と、世の中のニーズとすり合わせて、共存共栄している・・・ふりして、儲けてる。飲み屋で例えちゃうけど、行きつけの飲み屋にいって飲みますよね。でも金はしっかり取られて、たまにちょこっとサービスがあるけど、マスターのちゃっかりしてる部分が見えたりして。だからマスター、もうちょっと負けてよ」なんて少し言ってみたりするけど、結局またそこに行ってしまう。その飲み屋が無くても困らないけど、あったほうがより良い。無くなったら、似たような店を探すもんです。はてなサービスって、そんな感じ。世の中で必ずしも必要とされているわけではないけど、あったほうがいいだろうと思われているもの。そういう中で、自分達の価値を訴求するのが、DSだったのかな。

ちょっと残念だったのは、梅田さんが「自分社会的に認知されている立場から離れて発言しますが・・・」といっていました。この話を誰がどれだけ理解するのかって。どっかの国と日本を比較してるみたいだったけど、この話ってアメリカだろうが、日本だろうが、それを素直に飲み込む人がいたとしたら、その人は何人でどこに住んでいようと、結局オメデタイ奴だと思いますね。

2008-12-14

なんだか使うiPhoneアプリ

f:id:soulram:20081214230322j:image:left:w150

別に誰も興味ないと思いますが、ちょっと書いておきます。なんか、昔から無料のアプリをガンガンPCにインストールして試すのが大好きだった頃を思い出しますね。ともかく、色々アプリケーションを入れて試してみたい、何かと繋がってみたいという思いを思い出しました。(マスターベーションだ!とか言われるかもしれないけど、好きなんだよね。皆好きか・・・。)



  • カレンダー
    • iPhoneのデフォルトアプリ。Googleカレンダーとの同期が取れるということで、便利。会社のサイボウズと同期が取れれば言うことナシ。
  • カメラ
    • こちらもデフォルトアプリ。まぁ、普通に写真撮りますね。
  • 計算機
    • これもデフォルト。計算します。とても見やすくて、なんだか普通に計算機です。
  • 株価
    • これもデフォルト。でも、以下に示す、Bloombergのほうが使うかも。
  • Bloomberg
    • 言わずもがな、あのBloombergの無料アプリ。東証の銘柄も勿論見れます。それと、米国のニュースもさくさくと。iPhoneを横にしてチャートを見たりします。
  • Safari・連絡先・SMS・メール・電話
    • ・・・まとめてデフォルト。メールについては、Gmailと、Softbankと、米国のYahoo!のアカウントを入れています。実際、メールについては、Webメールアカウントがここで管理できると、使い勝手が良いってことがよく分かりました。
  • RTM
    • Gmailとか、Google関連アプリを使って、ToDo管理をしようとすると割と出てくる、「Remember The Milk」のアプリです。結局これはよく使っています。小さいことから大きいことまで。でも、忘れ癖は直らないですが。
  • ShoZu
    • これはいい。写真をブログにアップする際、その他、FlickrやFaceBookなんかを使っていて、ブログに写真を使うことが多い人はこれは、便利だと思う。私は、この「はてな」以外に、Bloggerに2つブログがありますが、そのうちの一つに、アップしてみました。便利です。他にも、写真をFlickrにアップできる「AirMe」というのもありましたが、こちらのほうが、既存の写真をアップする方法などが分かりやすくて感じがいいです。(Bloggerにアップしたのは、こちら。)
  • はてなtouch
    • この、「はてな」のブログにエントリする際に使っています。下書き保存の機能もいいし、横向きでフルキーボードが使えるのもよい。その他、ホットエントリーなんかを見たりするのもいいです。あいにく、メインで使っているRSSリーダがGoogleなので、ホットエントリを見るときにちょこっと使うぐらいですが。概ね満足。
  • RainbowNote
    • ちょっとしたメモに。Googleドキュメントとリンクしてくれるので、非常に楽。構わず書いておくのに重宝します。インターフェイスが若干ダサい。
  • YouTube
    • iPhoneのデフォルトアプリ。SteelyDanのライブとか、息子を寝かしつけるときベッドで見てたりします。
  • Hot Pepper・食べログ
    • 言わずと知れた、飲み屋検索用サイト(?)のアプリです。まだ実践では使ったこと無いけど、構わず起動してみています。
  • AroundMe
    • 上記のHot Pepper、食べログとにていますが、ホテルだとか病院まで検索できるのが、これ。確か、iPhoneの宣伝でも使っていました。デフォルトアプリじゃないけど、便利。道案内までつく。
  • SteadyCam
    • レビューにも書かれていたけど、発想がいいです。iPhoneは200万画素程度のカメラで、最近、日本の携帯カメラについているオートフォーカスだとか、光度補正、そのほか諸々のものはあまりついていません。手振れ補正なんてまったく無い。手振れ補正をするにあたっては、iPhoneには加速度センサーがついているので「ゆれ」には敏感なんですね。手振れ具合を、iPhoneの基盤技術を使って解決したアプリがこれ。ちょっと暗いところ(室内など)で撮影するとき便利です。
  • Star Wars FX
    • くだらない。けど、息子が強烈に反応しており、削除してません。StarWarsの各キャラクターの声が入ってる・・・ってだけ。これを、FMトランスミッタにつなぐと、カーステレオから各キャラクターの声が聞こえてくる。なので、車に乗ると、ダースベーダーの呼吸音だとか、ライトセイバーを振りかざす音とか、帝国軍の戦闘機の飛行する音、そのほか諸々が臨場感あふれる感じで聞こえるので、まぁ、コミュニケーションツールの一つとして役に立ってるのかしら・・・。
  • Lightsaber Unleashued
    • 上記に似たアプリ。これも息子絶賛で消してない。これもiPhoneの加速度センサーを利用しているのか、起動してからiPhoneを振ると効果音が出る。そのうえ、BGMまで流れるので臨場感がある。無料アプリで、これのゲームが有料版であるらしい。

・・・とまぁ、こんな感じです。とりあえず、羅列でした。

2008-12-02

iPhoneレポート(3)

また書きます。またiPhoneからはてなtouch」からのエントリです。

  1. メールに写真を添付する仕組みが分からない。
  2. メールをフォルダで分ける仕組みが無いように見える。
  3. メールの着信音がない。
  4. Safariやメール本文のテキストを選択してコピー&ペーストができない。ブログを書く時に、引用がし難くて不便。
  5. メールの返信に必ず引用が入ってしまう。引用をしないようにするオプションが見当たらない。(受け取り側のパケット代金を考えると、ちょっと何とかして欲しい。消せばいいのだけど、PCのメーラーにだって引用しない設定があるのだから、つけて欲しい。)

今回は、マイナスな面が多かったですが、それを押しても価値はあります。

また行きます。

2008-12-01

iPhoneレポート(2)

少し間が空きましたが、前回に引き続き、iPhoneを使用して気が付いた点について書いておきます。

エントリは昨日と同じように、iPhoneからはてなtouch」を使って入力しています。

電話

  1. 履歴が見づらい。着信なのか発信なのか区別できない。
  2. 音は悪くない。十分な感じ。
  3. ヘッドフォンをつけた状態での着信対応ができるのは意外と良かった。ヘッドフォンを外さずにハンズフリーで話せるのは案外、楽。

実際、ハンズフリーで話すのって恥ずかしいかな・・・と思いましたが、使ってみると、便利。これはiPhoneに限った話じゃないけどね。

履歴については早急に何とかして欲しいものです。致命的だと思います。

iPhoneは、この履歴の件のみならず、他の携帯から考えるとイレギュラーな事が多くあります。そのイレギュラーな感じがどの様に受け止められるかによって、人によっては便利だったり不便だったりするのが顕著に出てくる。

履歴の件も、「人によっては」これで良いのかもしれない。

App Store

  1. 面白い
  2. くだらないツールが結構面白かったりする。(スターウォーズのライトセイバーがシミュレートできるやつとか。iPhoneを振ると音がでる。)
  3. 「本来なら、Appleが標準装備しておいて欲しい機能」もある。
  4. 期限付きの製品評価版アプリはそういうフラグが欲しい。(今は、無料版になってる。)
  5. ユーザーがコメントを残せるようになっているが、そのコメントの投稿日付が表示されない。

概ね良好。面白いものが沢山あります。いらなそうなモノでも入れてみると意外と便利だったり、便利だと思って入れたら案外使わなかったり、期間限定の評価版だったり。

Androidにも同じ試みがありますね。この辺をiTuneで全体的に管理できるのも良いです。

子供が触りまくる

子供の反応がすごい。4歳10ヶ月の息子の食いつきがカナリきてます。構わずメモ帳を開いてガシガシなんか出たら目な文字列を打ってみたり、ドラムシンセで遊んで見たり。

後は、YouTubeです。お気に入りの戦隊モノの動画を探せとうるさいです。10分だけ黙らせることができます。

ロックの解除方法はAppleお得意の「直感的なUI」のお陰で、買ってきた日にあっという間に外されました。

また行きます。

2008-11-27

iPhoneレポート(1)

iPhoneを使い始めて3日経ちました。何となく雑感をかいておきます。

因みにこれはiPhoneのキーボードから移動中の電車内で書いています。

  1. キーボードは割と打ちやすく、なれれば長文もいける。
  2. ずっと見てしまう。移動中、ほぼなにかしら見ている。
  3. 入力はともかく、文章のカット&ペーストや範囲指定、その他、各種編集機能は非常に貧弱。
  4. テンキー入力はかなり良い。
  5. 文章入力時に、十時キーが無いので、カーソルの移動がかなり億劫。これは致命的・・・。(一文字移動するだけでも、指で直に画面を触るのだけど、コツが必要。)

取りあえずは、かなり印象はイイ。このエントリも、入力はブラウザからではなく、iPhoneのアプリケーションで、「はてなtouch」という無料のアプリがあって、そこから入力しています。

予測変換はなかなかなので、次のOSバージョンアップでは、テキスト編集機能の充実をお願いしたいですね。

取り急ぎ、雑感でした。また気付いた時にレポートします。