Hatena::ブログ(Diary)

soulram’s weblog このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-06-17 何から書いたらいいのか。

この3年くらい随分と変わった。

なんか、はてな記法も懐かしい。忘れていることも多いけど、コレはすごく気に入ってるはてなの昨日でした。

この3年で変わったのは、自分過去の振り返りがスゴク多くなったことと、新しい感覚というのが非常に少なくなったこと。

最後転職現在会社就職した)が2008年3月で、実はその頃から仕事への感動が、劇的に下がりました。2009年までに1度、大きめのプロジェクトの立ち上げに失敗してからは尚のことダッチロールする時期が長く、2011年度の後半に少し持ち直したところで、異動となり、またやり直し的な感じ。

過去自分を振り返ることで、いくつか自分自分のために果たす責任を感じました。こういうと非常に前向きで誠実な感性に聞こえるけれど、自分過去に思っていながらやらなかった、決断しなかったということで、今コレだけつまらないことになっているのかと思うと、もうこんな目に合いたくないというのが実感です。

  1. やるべきときにやるべきことをやる
  2. いうべきときにいうべきことをいう
  3. やりたいな、と思うことをやる。
  4. 嫌なやつとは働かない。

なんだこれ・・・まぁ、デモこんな感じです。ともかく、営業で出てくる話で「Right Place, Right Time」ってありますが、これって、実は自分の一つ一つの決断は日頃の自分感性で決まってくることが多い。

そういう話すると、「楽観、悲観」「積極、消極」「前向き、後ろ向き」の議論になるけれど、そんなことは全く無いと思っていて、自分が思ったように、今の自分は居るべき時に居るべき場所にいるものです。だから、「思うこと」は大切で、それがその人の感性に直結してきて、最後はそれが決断として将来の自分や周りの人間に影響がでる。そして、そのフィードバックをもってまた自分は次に進んでゆく。

2009-10-08

硬く考えすぎ

私はいい加減な性格の癖に、実体のないことを彼是考えすぎる癖があります。要するに、自己愛が強いタイプなんだろうと思う。最近、元気がなかったんです。仕事がまったくうまくいかないとか、そういうことはなくて、家庭でも第二子にも恵まれそうで、色んな人生がある中では、不安が沢山あったとしても普通にやっているのだろうと思う。

夜早く寝て、朝早く起きて、仕事をして、本を読んで・・・。それのどこがいけないのか。

しかしながら、私は元気がない。体も心も元気がありません。恐らく、色んなことに疲れてしまったのだろうと言われました。確かにある日、自分の今までを振り返ってしまったことがありました。恐らく、そういう振り返りには早すぎたのだろうと思います。凄い疲れが襲ってきた。

普通だと思っているこの生活を維持するためには、見過ごせない程に大きなエネルギーが必要なのだ。

そんなことを思ってから元気がない。というか、この状況にもそろそろ飽きてきている。なんとなく、20代の頃に今より沢山の不安と不満を抱えていた頃のほうが、元気があった気がします。このブログを読み返すと、そう思う。大きなお世話だったり、マスターベーション的な思想をぶちまけてみたりということをしていたけれど、その頃のほうが自分はまだエネルギーがあった気がする。

過去自分には、もう戻れない。何かを探すのは的外れという気がする。昔の自分を取り戻そうとするのではなく、今の自分がやろうとしていることを尊重しなくちゃいけない。

2009-04-22

話し合い

f:id:soulram:20090422002900j:image:left

物事が簡単に決まるのは、時間的にも仕事的にも非常に歓迎すべきことだと思います。「会議時間の短縮」を掲げる会社はとっても多いよね。打ち合わせにお邪魔して、受付の女性にお茶を運んでもらいながらお客様を待っていると、ふっと目に付くのは壁に貼ってある「会議3原則」みたいな張り紙。打ち合わせのアジェンダを用意しよう、とか、アウトプットは何かまとめようとか、決められた時間は守ろうとか、会議の出席者を絞ろうetc...特に工場を抱えているような大人数で歴史も長い会社ほどこういうことが書いてある。どうしてか、はっきりわかんないけど、そういう感じ。

話し合いにかける時間と意味

今日は、社内で話がしずらかったので、勤務中だったけどビルの1階にある喫茶店に行き、諸々の話をしました。社内ではさっさと済まそうとして、すぐにアウトプットに結び付けようとする人だったんだけど、喫茶店ではざっくばらんに話ができた。帰りのエレベータでその人と話したことは、「話し合いの時間と意志共有の時間が少なすぎる」という話。今現在私達の抱える問題を解決するために必要な事柄は、仕事という枠だけに収まるのかどうか、もうちょっと考えたほうがいいという話をしました。

実際、話し合いを時間通りに進められるのは、ほぼ枠が決まっていて、答えや落としドコロがハッキリしたもの殆ど。報告・連絡・相談の、新入社員が言われる「ほうれんそう」の延長だと思いますよね。もしくは業者との打ち合わせ。

もっとやわらかい類のものは、時間も掛かれば、当人達の頭の中を整理も必要で、実はメチャクチャ時間が掛かったりします。その反面、ある一点を崩すと、話し合いなど必要ないかのようなスピードでことが運んだりって事もある。

人が話す意味

人が集まって話し合いをする意味というのを、もう少し真剣に考えたほうがいいと思った。情報交換をして、形の無いものを抽象的なところから、プロセスに落とし込んでいくと言う作業に時間の制限とアウトプットの制約を加えてできるものは、実は議事録だけで、「仏作って魂入れず」という自体を招きかねない。それでもよい場合も無いわけじゃない。ポーズで打ち合わせをすることや、本当に連絡だけですんでしまうこともある。

ただ、明らかに自分達の過去に無いことをしようとするときや、プロセスがまったく分からないことをするときは、殆どの場合、考えている以上の時間が必要なことが多い。失敗が許されないときほど、そういうことが多い。実際、そういう時間を使って醸成されたプロセスってのは、その後、必ず何かの役に立つ。

一番、頭がいたいのは、表面的な数字作りに終始することや、似た事例に短絡的にあわせようとする結論の導き方。そういうことがゴールならそれでいいんだけど、新しいこと・自分達に未知なことは大抵そうは行かない。だいたい、新しいことを話そうとしているときに、その話の行き先と掛かる時間をどれだけ正確に予測できるのかは疑問。

もっと話しましょう

もっと、話が必要だとおもうよ〜・・・って、いってみた。話しているつもりで、話してない。伝えているつもりで、伝わってない。そういうことは、往々にしてあるけど、最後に一回振り返って、フォローする余裕をもって日ごろから関係作りをしていれば、それのほうが会議時間の短縮になる気がするよね。

2009-04-21

皆が同じ事を言うとき

確かに、どこを見てもまるで相場が底を打ったかのような表現が目立つな・・・とおもっていました。なんとなく損もしていたから、信じたくなっているところに、こんなエントリを発見。

最近よく見かけるヘッドラインが、マイケル・パンズナー氏(「金融ハルマゲドン」の著者)のブログに紹介されていた。



・英産業連盟(CBI)、「英国経済は最悪な事態を脱した」 (ロイター)


・中国首相、「中国経済は思っているほど悪くない」 (AP)


・ドバイ首長国、「最悪の事態は過去ものとなった」 (ファイナンシャル・タイムズ)


・米政府、「景気後退の最悪な局面は、過去ものとなったと思われる」 (ロイター)


・イタリア企業経営陣、「経済危機の、最も厳しい局面は過ぎ去った」 (ロイター)


・最悪の事態は過ぎ去った? (AP)


・最悪な局面から脱した。インド経済は2、3四半期後に回復に向かう (ビジネス・ライン)


こう意見が一致すると、ひょっとすると、まだ最悪な事態は過ぎ去っていないのでは、と心配になってしまう。

株の話、経済の話、何の話だろう?: 意見が一致し過ぎる?

やっぱ、そう思うんですよね。

2009-03-29

ここんところ

先週一週間、ブログを書いてませんでした。とはいえ、何があったかというと特別何も無く・・・実際は3月に取りたかった案件を逃してしまって、ちょっと頭がボーっとしてました。脱力しちゃいましたねぇ・・・。内容はそんなに濃くなかったけど、相手の状況がガガガガ!っと、変わってしまい、4月にスライドしました。少しでも回収しようと思ったけど、ナカナカそこまで上手くは行かず。寂しい年度末です。そんな2008年度も明日明後日で終わり。なんか、確かにこの下期の不況は強烈な感じ(特に製造業相手は。落とした案件もお客様は製造業でしたね・・・)で、社内の雰囲気も不思議と、「まぁ、しょうがないよ」みたいな。なんか、逆に緊張感がなくて、気が抜けちゃうね。いけないんだろうけど。

花見

花、咲いてないのですが、家族でお世話になっている自宅裏の飲み屋のママ+常連で昨日、お花見に行ってまいりました。花が咲いてないんです。ただの遠足でした。寒いし。子供はうちの子1名のみで、オジサン・オバサンに子供を遊んでもらいながら、何故か寒い中酒を飲みまして。その前の木曜はお客様と2時までご一緒しまして、金曜日は社内の飲み会という、酒びたりの週末だったもので、花見の後に誘われたカラオケで力尽きました。

お手伝い

お知り合いが新たにビジネスを始めるということでボランティア的にお手伝い。とはいっても、色々お話に付き合っているという程度ですが。最初はホームページ作りたいんだけど・・・から始まるんだけど、そもそも、作ったことは無い方ですし、やろうとしていることも新しい仕組み。ビジネスのベースはその方の過去経験である程度道筋がみえているものの、やはり活用初心者・仕組みもまったく素人なWebを使った流れをつくるのは骨ですよね。

なもんで、色々アイデアを形にするべくお手伝いできるところはお手伝いしようかな、と。

なんか、バタバタしてたら3月終わりましたよ。トホホ・・・

2009-03-18

SPDR GOLD SHAREの金塊

今日のSPDRゴールド・シェア(1326)は若干の下げでした。18日夜の時点で、以下のような感じ。

SPOT MARKET IS OPEN

closes in 11 hrs. 25 mins.

Mar 18, 2009 05:50 NY Time

Bid/Ask 912.00 - 913.00

Low/High 908.00 - 914.50

Change -2.90 -0.32%

30daychg -29.00 -3.08%

1yearchg -69.30 -7.06%

というわけで、$900がギリギリ割れないところで右往左往しています。

そんななか、こんな記事も。

一方、「SPDR GOLD SHARES」の投資残高は、前日と変らず過去最高の1069.05トンを維持している。長期投機資金は金市場に対する物色意欲を低下させておらず、金市場へのマネフローは株高局面でも継続していることが確認できる。価格上昇局面では資金流入ペースが鈍化し易くなっているものの、900ドル近辺では買い妙味を感じている向きが多いことは、前回の調整局面で確認されている。需給面からは、下値が900ドル水準まで切り上がっていると評価されよう。

NY 2009/03/17 金概況|小菅努の商品アナリスト日記

なんとなく説得力があります・・・

SPDRゴールド・シェアについては、本日の夜の状況を少し見たいと思います。

2009-02-19

バフェット氏の資産目減り

4分の1がなくなっちゃったバフェット氏。それでも、長期的に見てバークシャー・ハザウェイ社(BRKa)の株価への影響は限定的・・・に見える。

[ニューヨーク 17日 ロイター] 著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる米投資会社バークシャー・ハザウェイ(BRKa.N: 株価, 企業情報, レポート)(BRKb.N: 株価, 企業情報, レポート)の米国株式ポートフォリオが、2008年第4・四半期に大きく目減りしていたことがわかった。米大手金融機関数社へのエクスポージャーが大きかったことが主な要因。

</pp> <pp> バフェット氏の投資会社の米株ポートフォリオ、第4四半期に大きく目減り</pp> <pp>| Reuters</pp> <pp>

よくみると、リーマン・ショックのとき過去最高をつけていたんですね、この銘柄。ここまで行くと落とし穴があるのでは・・・と思ってしまう。実際、W.バフェット氏がなくなるのもそんなに遠い未来ではないでしょうから、その後どうなるのでしょうね。