Hatena::ブログ(Diary)

むかで屋日常

2013-11-22

最新情報ははてなブログにて

18:39

こちらのブログは更新停止しております。

最新のお知らせなどは、下記のはてなブログにてご確認ください。

http://edokatabori.hatenablog.com/

2012-12-22

寒い日が続きますが

16:38

 

f:id:south-NewWell:20121222151402j:image

 

お久しぶりの更新です。

なにかと気ぜわしい季節ですが、みなさまお元気でしょうか?

 

今日は、むかで屋絵はがき一番の売れ筋、白黒動物シリーズのご紹介です。


もともとむかで屋の絵はがきは、モノトーンが多いのですが、

f:id:south-NewWell:20120717223821j:image

ゲジゲジとかダンゴムシとか思い切った生き物が多くて、

いまいちお客さんからの反応が薄い。

それで、「パンダとか、もうちょっと可愛い系の生き物を作って売ろう」という事で作ったのが、この白黒動物シリーズです。


 

f:id:south-NewWell:20121222151407j:image


f:id:south-NewWell:20121222151406j:image

 

f:id:south-NewWell:20121222151403j:image

というわけで、バク、アリクイ、ペンギンです。

 

 

 寄りの画で見るとこんな感じ。


f:id:south-NewWell:20121222151408j:image

 バクって生で見たことないけど、馬の仲間なんですね。

大きくなると2メートル位になるのだとか。


f:id:south-NewWell:20121222151405j:image

 アリクイです。

 このアリクイ親子には、実在のモデルがいます。

池袋サンシャイン水族館に住むミナミコアリクイのタエさん。

彼女についてご存じない方は、〈アリクイ 脱走〉で検索してみて下さい。

 余談ですが、最近大蟻食こと佐藤亜紀さんの本にはまっています。

背景にある教養がハンパない。

今のところ、「ミノタウルス」とエッセイの「外人術」を読んだのですが、

オススメがある方は教えて下さい。

(あまり多作な方ではないので、「全部読めよ」って言われたらそうなんですけど)

 

f:id:south-NewWell:20121222151404j:image

 そしてペンギン

いかにもペンギンなかわいらしさから少し外れた、素っ気なさが個人的にツボ。

 ぶっちゃけペンギンって、本物はそんなにかわいいもんでもないですよね。

泳いでるところは魚雷っぽいし、近くで見ると目が怖いし。

 

  以上3種類、いつも大変お世話になっている(本当に、音大通りに足を向けて寝られない)江古田の雑貨屋さんOiLife - 東京都練馬区の江古田にある雑貨屋さんで取り扱って頂いてます。

 

 あ、お気づきでしょうが、パンダがいません。

パンダはねー、目の部分を表現するのに型紙がもう一枚いるのですよ。

いずれ作成したら、もちろんこのブログで紹介します。

 

 それでは、恐らくこの投稿が今年最後になると思いますので、

みなさまよいお年を。

 

2012-11-05

やっかいな型紙に取組中

14:47

 f:id:south-NewWell:20121105143334j:image

同居人氏が取組中の課題。

 

 一見、シンプルな柄ですが、

f:id:south-NewWell:20121105143335j:image

実は葉っぱの一枚一枚に細かな切れ込みが入っていて、

彫るのにすごく手間がかかる上、なかなか気が抜けない難物です。

 

f:id:south-NewWell:20121105143333j:image

刃物をずっと小さく動かし続けないといけないので、

見ているこっちもなんとなくむずむずします。

同居人氏曰く、「いままでで一番大変な課題」とのこと。

 

f:id:south-NewWell:20121105143332j:image

型紙の片隅に書いてあった覚え書き。

鋭い線を表現するには、小刀も鋭く動かさなくてはならないようで。

 

 ところで、この絵柄ってなんの植物を表現しているのでしょうか?

紅葉にしては、葉っぱに細かい切れ込みが多すぎるようですし。

もし、これを見て分かった方がいたら、

コメント欄なりでお知らせ下さると幸いです。

2012-10-19

旅猫雑貨店でも年賀葉書がお求めになれます

20:38

 先日紹介させていただいた

(http://d.hatena.ne.jp/south-NewWell/20121015/1350303084)

年賀葉書2点ですが、

f:id:south-NewWell:20121015194544j:image

「旅猫雑貨店」さまでもお求めいただけるようになりました。

 和雑貨と古本 旅猫雑貨店さんは、

雑司ヶ谷鬼子母神の近くにある雑貨&古本のお店です。

f:id:south-NewWell:20121019202047j:image

本当に小さな店内に和雑貨が所狭しと並べられていて、

見ていると時間があっという間に過ぎてゆきます。

 

 最近、旅猫雑貨店さんで手に入れたのが、

f:id:south-NewWell:20121003233303j:image

会津木綿柄の折り紙です。

 

f:id:south-NewWell:20121003233304j:image

15種類ある絵柄を眺めては、

「こんな着物を仕立てたいなあ」と妄想に浸っております。

使うのが勿体なくってまだ手つかずなんですが、

ポチ袋でも作ろうかなあ。

 

2012-10-16

和ガーリーな(?)栞たち

14:16

 

f:id:south-NewWell:20121015212107j:image

 

 むかで屋栞の新作が出来ました。

けっこう複雑な柄ですが、もちろんお値段据え置き。

 

シンプルな彫りもモダンでステキですが、

 

f:id:south-NewWell:20121015211531j:image

 

f:id:south-NewWell:20121015211530j:image

 こういう切り抜く場所が多い作品の方が伝統工芸っぽく見える気がします。

 

 ところでこの栞たちの柄、どこかで見たような気がしませんか?

 

 実は、先日紹介した手鞠の型紙、完成 - むかで屋日常の柄から、

花や笹の葉の部分を写して栞にしているのです。

 

f:id:south-NewWell:20121014202005j:image

栞と同じ梅の花のモチーフがあります。


 手鞠の型紙が出来あがった時、

この手の柄はみんな好きなんじゃないかなと思って

同居人氏に提案したところ、すぐに作ってくれました。

 

 個人的にはすごくよく売れると思うのですが、どうなることやら。

 

 

 こちらの栞は、

10月26,27,28の葛飾区産業フェア(no title)に出品されます。

 その後、お店に置かせてもらったりもするかもしれませんが、今のところ未定です。

 もし他の場所でも売ると決まったら、そのつどこのブログで紹介させていただきますね。