0 + 1 = new world

2013-08-25

[][] 広瀬すずさん「B.L.T.U-17 vol.27」発売記念握手会@福家書店

URL:

イベント開始時間にまだ家にいたとか、今日も平常運転。そういえば、お姉ちゃんと握手したことないっすね。フォスターは荒井萌さん以来か。整理券は300弱ハケてたみたいだけど、ループばっかだったから、実数はアレだな。ってか、久しぶりにルパン見たわ。

流れは平均ペース。広瀬さんとじゃんけんで勝った人は名前入れてもらえてサイン。その割にさくさく進むのは、やっぱそんな話すことないからなんかな。

1周目。前の2人が勝ってたから、広瀬さんじゃんけん弱いんかなと思ったら、あっさり負けたw

2周目。前の2人が負けてたけど、2度のあいこの末、見事勝利!サインいただきました!ってか俺、1周目からgooしかだしてねぇw 初志貫徹。単価安かったんで、整理券2枚買ってたけど、もし負けてたら、買い足すつもりだったわ。

ヲタの洗礼を受けたからなのか、緊張からなのか、広瀬さんの表情はやや堅かったけど、時折見せる笑顔はめちゃめちゃかわいかったなぁ。やっぱクロカミショート最強。広瀬さん、じゃんけんに勝っちゃうと申し訳なさそうな顔してたけど、まあお遊びなんで、喜んでもよかったのにね。

2013-06-15

[][][] 「俺はまだ本気だしてないだけ」初日舞台挨拶@新宿ピカデリー

URL:

相変わらずチケぴに干されまくって、先行落選。一般で取ったから、登壇者が遠いよみんな遠いよ。


  • 映画の感想

出演してる役者さんはみんな好きなのに、全く笑いのツボが合わなくて、しんどいちゃんだったわ。個人の嗜好だから、しゃあない。原作知ってたら、違うんかなぁ。もし橋本さんみたいな子がバイトしてたら、足しげく通うわ。

2013-01-26

[][][] さよならドビュッシー初日舞台挨拶@新宿ピカデリー

URL:

干されてるぴあで久しぶりにチケ取れたと思ったら、糞席かよw

15:00〜15:20

登壇者:橋本愛さん、清塚信也さん、ミッキー・カーチスさん、泉沙世子さん、利重剛監督。

橋本さん「私はボロボロの人間性で、もし私がスタッフさんだったら、こんな女優と仕事したくないと思います。そんな私に監督はいつも笑顔でいてくれて、怒った顔を見てみたいと思いました。試写で見させていただいたときに泣いちゃったんですね。監督はこんな米粒みたいな私を高いところから見てくれていたんだなぁって。その場で感謝の気持ちを伝えました」。

清塚さん「橋本さんの目力に圧倒されて、怒ってるのかなと思ってました。役柄とピアノの指導で、コミュニケーションを取るんですけど、10回話して1〜2回はいい反応があればいい方なんですよ。ニコっと笑ってくれるとこっちも嬉しくなって、いろいろ話しかけたりすると、何この人テンション上がってるんだろ?って感じで、私のエム体質を発掘してくれました」。

自己紹介のとき、「愛ちゅあーん」とヲタけびをあげるキモヲタ増えた?ってか、相楽樹さんも登壇して欲しかったなぁ。ピアニストが何気に弁が立つ件。橋本さんイメージ通りすぎてw 重い役なんでね。フォトセッションのときですら、なかなか笑わないんで、橋本さんの笑顔を見られると嬉しくなる。

  • 感想

素晴らしい!終始橋本さんキレイだなぁと見とれてたです。ヲタ目線度外視しても、人を引き付けるいい演技してるなぁと。特に、表情がね。ラストシーンめっちゃよかったっす。

大オチは予想通りだったから、ミステリーとして見たらうーん。人間ドラマ、ほのかなラブストーリーとして見た方がいいかも。ピアノの旋律にのせたすごく繊細なお話でした。あーめっちゃキスしてぇ←

[][][] さよならドビュッシー初日舞台挨拶@シネ・リーブル池袋

URL:

良席。利重監督が終始うるうるしてたのが印象的だったな。何気に黒江を映画館で見てたりする。あれから10年もー。

16:46〜17:06

登壇者:橋本愛さん、清塚信也さん、利重剛監督。

橋本さん「ドビュッシーは学校の給食の時間に流れていたのを覚えてます。この作品も本屋さんに置いてあるのを見たことがあったんですけど、読んではいなかったです」。

橋本さん「ピアノは一からのテスト勉強みたいで、憂鬱でした。頭が面倒臭いというのを押さえつけてました」。

清塚さん「フォローになってないからw 愛ちゃんのピアノは監督と絶賛してたんですよ。ここまでできるのは凄いって。どんどんハードルを上げていって。いまの発言で、マイナス20点ですねw ピアノでこうしたらいいよと指導をすると、ふーんみたいな感じで、この子ホントに分かってるのかな?と思ったんですけど、いざ本番になると、ちゃんとできてるんですよね」。

橋本さん「ふーんって言ってたかは覚えてないんですけど、飲み込むまでに時間がかかるんですよ」。

橋本さん「私はまだこの作品を客観的に見れなくて、試写会のときも、いまだったらこう演じるのかなと思いながら見てました」。

清塚さん「僕は小さいときからピアノの英才教育を受けてきました。コンクールがあると、自分より親や周りが盛り上がっていて、正直うざったかったです。でも、この作品で初めて自分が弟子を持ってみて、そのときの親の気持ちが分かりました。これからも弟子のはるかをよろしくお願いします」。

橋本さん「ドビュッシーの作品は100年経っても残っています。この作品も100年200年経っても残る作品になってくれれば嬉しいなぁと思います」。

ぽちゃメガ氏コネー!橋本さんはたまに?と思う言い回しをするけど、元々こういう挨拶が得意じゃないんで、そこらへんは大目にみませう。

[] さよならドビュッシーナビ

URL:

2013-01-23

[] 鶴瓶のスジナシ

URL:

橋本愛さん出演。

2012-12-15

[][][][] グッモーエビアン初日舞台挨拶@ヒューマントラストシネマ有楽町

URL:

登壇者が長く見られるからっていう理由で、普段メディアの取材が入る舞台挨拶を選ぶんだけど、敢えて大泉さんが登壇しない回のチケット取ったです。そんな私を嘲笑うかのように、撮影が早く終わって駆け付けてしまった大泉さんw まあいっか。

  • 映画の感想

面白かった。大泉洋ショーなのはイナメナイけど、シメるところはちゃんとシメてるからね。笑えて、泣けて、ほっこりするいい映画だよ。

麻生さんと大泉さんとの共演で相当プレッシャーがあったはずだけど、そのなかでも女優三吉彩花の色をだせてたんじゃないかな。

ってか、能年玲奈さんがめちゃめちゃかわいかったな。みずみずしい演技で、危うく好きになるとこだったわ。

14:00〜14:23

登壇者:麻生久美子さん、大泉洋さん、三吉彩花さん、山本透監督。

三吉さん「私がアイドルだったころのファンの方がいます」って、いまでも十分アイドルでしょ。

大泉さん「お前メアド変えたろ」三吉さん「携帯変えました」大泉さん「メアド教えろよ」三吉さん「後でマネージャーさんに」。なにこの楽屋トークw

大泉さん「お前やっぱかわいいな」三吉さん「かわいくないです」大泉さん「かわいい言われるのが嫌なんだよな。かわいいよな?」父兄「かわいい」三吉さん「もう帰りたい」。