Hatena::ブログ(Diary)

Cube on Rails

2013-12-14 Speedcubing Advent Calendar 13日目

Speedcubing Advent Calendar 13日目の記事です。

海外に行くこと

以前書いたように、Speedcubingは人との出会いも一つの醍醐味だと思っています。

やはりいろんな人が同じ趣味を共有している感覚は大事なので、

日本国内だけでなく外国の大会にも出てみてはいかがでしょうか。

出場権利は国籍で縛られたりは基本的にはしないので、ぜひ海外旅行のついでに出てみてはいかがでしょうか。

もちろんタイトル大会(World, Asia, Euro, US Nationals)に出場するのがベストだと思います。

何人かの日本人は参加される人もいます。

特に世界大会は勝てないからでないという考えはやめましょう。

たしかに旅費の面はありますが、それ以上に自分のやっている趣味の世界トップレベルが見れるわけですし、

参加条件等に厳しい縛りがないのですから。

そして、キューブのスキルは当然なのですが、

なぜか英語を学ぶモチベーションだけが上がります。

いいことしかないですね!ぜひ世界へ!

※あと、世界大会参加という箔がつきます!

f:id:speedsolve:20131215130430j:image

2013-12-09

Speedcubing Advent Calendar 9日目

Speedcubing Advent Calendar 9日目です。(3記事目)

今週は僕ばかり書いてそうですね。。

情報の集約化について書いていきたいと思います。

最近、キュービストの書き込みが一箇所に集中せず、

JRCAも活発ではないとよく聞きます。

それについて考えていけたらいいなと思います。

なぜJRCAに書き込みが少ないか

実はこれはっきりしてます。

公私を無意識に分けてるんです。

例を取ると例えば、

WCA

https://www.worldcubeassociation.org/

ここにはフォーラムがあるが、今のJRCA同様あくまで公的質問にとどまっています。

ここで解法聞く人はいない。

アメリカ

cubingUSA

http://www.cubingusa.com/

カナダ(かっこよすぎで濡れる)

http://www.canadiancubing.com/

(追記 : 一応コミュニティサイトはあるようですね)

http://community.canadiancubing.com/

など…etc

たしかにフォーラムがある国はあるにはありますが、やはり数としては少ない。

それはおそらく公式という場で話あうのはおかしいからでしょう。

書き込みに壁を感じるのは至極当然で、壁がないほうがおかしいと思います。

カナダを見てわかるようにたくさん情報があるよりテキストと動画しかないサイトのほうが

よほどデザインもシンプルに見えてoffcialという感じがでますよね。

要は公式サイトに個々のやり取りするフォーラムは不要なのです。

(あくまで公的質問のみに留めるべきなのです)

なぜフォーラム形式が日本では流行らないのか

日本人しか書き込みがなく、書きこむほどアクティブな人間がどれだけいるかを考えた点で

ユニークユーザーは相当減ると想定できます。

また前回、話したとおり、大抵のキュービストは楽しめればそれでいいので

書きこむ労力をかけません。(初心者の書き込みはやはり心的な壁があります。)

また、そのためTwitterのほうに拡散するのは目に見えてます。

(Twitterは本当に良いサービスです。日本人の資質にあっています)

ただ、2chを見るとスレが割と進んでいるので、一般に書き込む層はいないとは言えないと思います。

話す話題も尽きるようにも感じます。手順の話は有限です。

改善するには

  • とりあえずTwitterまとめる。
  • ネタづくりのためにも大会でのTweetを拾う。各大会でまずはハッシュタグを用意し、それを利用してもらう。(ハッシュタグがあるとかなり追いやすいですしまとめやすいです)
  • 写真もそれに付随してあげると分かりやすいですよね。

なのでTwitterのまとめのまとめ、ならびに新規に書きこみできる掲示板が一緒になったサイトならいいんじゃないでしょうか。

すでにありそうだ!

2013-12-04

Speedcubing Advent Calendar 5日目

Speedcubing Advent Calendar5日目の投稿です。

まぁだいたいわかってましたが、2回目の投稿です。

みなさん書いていただいてありがとうございます。

Pyraminxの練習から入賞への道のりについて

練習すれば相当伸びる実例を出したいと思います。

Pyraminxです。

僕は2013/8/25ごろに練習を開始し、空き時間に練習して記録に残っているだけで6000回ほど回しました。

(約3ヶ月)

公式記録はaverage6.69で日本で12位です。はい。

たった4ヶ月ですよ?キューブの経験が生かされたというわけではなく

Pyraminxは他のパズルとは違うのでキューブの経験は関係ないわけです。

Cube Camp KanazawaではPyraminxが10秒切れなくて悩んでたレベルでした。

それで練習した内容をまとめたいと思います。

使用Pyraminx

Shengshou Pyraminx black

キーホールメソッド、岡メソッドを覚える。

暗記しないといけなかったのは最期のエッジ交換だけなので3手順かそこらです。

毎日50回程度回す。

練習内容はとりあえず2x2x2があるので空いてる時間に回す事が多いですが、毎日約50回回しています。

触れない時でも絶対に軽くは回す。

これが習慣づいてくると相当強いです。

だいたいこんな感じになります。

基本的にこんだけやれば6秒くらいで安定してくるので、入賞できます。

UT OpenではPyraminxは3位でした。

メジャー競技だと4ヶ月だと少し厳しいかもしれませんが、マイナー競技だとこれくらいで入賞ラインにもっていけます。

モチベーションの参考にしてください。

練習がんばりましょう!

なにか質問があればコメントまでどうぞ!

2013-11-30

Speedcubing Advent Calendar 1日目

Speedcubing Advent Calendar

1日目の投稿です。

こんにちはSuraimuです。

SpeedcubingでもAdvent Calendarしたいとは去年の同時期にも考えていて、思い立ったので今年は作ってみました。

賛同者はまだいまいちですが、ブログを更新するきっかけになるので是非おすすめします!

いきなりなので技術的な話題を控えて、Speedcubingへの競技の姿勢とかを書こうかなと思います。

Speedcubing初心者、やったことない人もこの記事を読んでいただけたら幸いです。

1、練習しましょう!

実はこれ日本の上級者でも(おそらくほとんど)できてません。

なぜそれで上級者になっているかというと過去の遺産です。

つまり過去頑張って練習したけど、今は実力はある程度残ってるので勝てているというだけです。

2005〜2009年くらいまでは、タイトル記録も更新できる環境にあったので

一部のSpeedcuberが練習すればどんどん世界記録、アジア記録を取っていける時代でした。

現時点では欧米(一人が強すぎるというのもありますが)のSpeedcuberが覇権を取り、日本のSpeedcuberの勢いが衰えているのは否めません。

それでいて国内の上級者が勝ててしまっているので、ニッチな業界なので余計にコミュニティが大きくならない要因の一つじゃないかと思います。

(日本の全体のレベルも向上しませんよね)

なので初心者の方、初めての方も伸びないからといってやめるのではなく、練習をしたほうがいいです。

練習続けたら勝てるレベルまで行けるのは間違いないです。才能以上に努力でまだまだ報われる業界です。

長い間、練習するのも才能の一つですが、その程度のことができないとまた勝てないのです。

あと、大会に参加するとモチベーションあがりますよ!

やはり結果としてなにか残さないと普段の練習もつらいものです。

2、本気になりましょう!

Speedcubingを正直お遊び程度に考えている人いるんじゃないかと思います。

価値観を否定するつもりはないですが、人生生きる上において、何か本気になったほうがいいです。

例えばですが、勉強もせずにネトゲに数千時間使った人をよくばかだなとか言う方おられるかと思いますが、

僕はこういう人をとても恐れています。

なぜかというと、向き先を変わったら恐ろしいことになると。

ネトゲが仕事に変わったらどうですか、やる気や継続するという能力は才能のうちなので、

突然他のことで開花することは多いのです。

(Speedcuberの上位層は体育会あがりが多いです。)

なのでとりあえず本気になってください。本気にならないと楽しくないですし、Speedcubingであればうれしいです。

本気になれば練習にもつながります!

本気になる人が増えればコミュニティも広がります。大会も増えます。

3,コミュニティに参加しましょう!

1、2が達成できてると3も難しいことではないです。

大会にだけ出ていても上達しませんし、一人でやっていても上達しますが、情報は入ってきません。

各地で開かれているオフ会に参加する。

それができなければ、ソーシャルメディアで質問してみるのもいいかもしれません。

それと自分でオフ会開いてもいいかもしれません。

これだけインターネットが普及してる社会なので、募集してみたら結構人がくるかもしれないです。

いろんな人に出会えるのって楽しいですし、Speedcubingの一つの醍醐味かと思ってます。

4,最期に

長くなりましたが、最近思ってたことを書きました。

またこんなこと書いたら批判されたり、煽られたりするんだろうなぁって思いますが、

こんな感じでAdvent Calendarの1日目を書きました。

2013-11-04

2x2x2 Average of 12 2.64 seconds.

毎日練習しててそろそろSub3でるかなーと思って撮影してみたらすんなりでましたね。。

むしろこのレベルのアベレージ動画を撮れるとは思いませんでした。

たなぼたでした。スクランブルがかなりよかったですね。

毎日練習したら才能なくてもこんだけ速くなれるということで。

毎日練習するのが才能かもしれませんが…

Best average of 5: 2.46

4-8 - 2.31 2.55 2.51 (2.17) (3.25)

Best average of 12: 2.64

1-12 - 2.56 2.74 2.69 2.31 2.55 2.51 2.17 3.25 2.85 (1.81) 2.78 (4.85)

Connection: close