Hatena::ブログ(Diary)

Spiders’ Nest :: フリーター全般労働組合 このページをアンテナに追加 RSSフィード

フリーター全般労働組合⇒@fzrk

キャバクラユニオン⇒@cabauni

2014-09-23 国賠訴訟の打ち切りを許さない

928集会にご参加ください

なくせ公安条例!「麻生邸リアリティツアー国賠」打ち切りを許さない!
9.28大集会

9月28日(日)13時開場、13時半開始
場所:フリーター全般労働組合事務所
(京王新線「初台」駅。渋谷区代々木4−29−4−2F)

発言者:吉永満夫弁護士(『崩壊している司法』日本評論社・著者)
「国賠ネットワーク」http://kokubai.net/
弁護団:大口昭彦弁護士、川村理弁護士、小竹広子弁護士
原告、フリーター労組、ほか
主催:麻生邸リアリティツアー国家賠償請求訴訟団
http://state-compensation.freeter-union.org/

麻生邸リアリティツアー国賠訴訟は、7月1日の裁判で、9月30日の裁判を持って終了・判決にするとを宣告されました。不当逮捕の責任者である公安警察の栢木や、不当な家宅捜索を受けたフリーター労組の鈴木さんの証人採用もなし、私たち原告側の最終弁論すら無し。国賠訴訟の制度を根底から壊すような暴挙でした。これでは判決にも期待はできません。

私達は弁論の再開申し立てを行います。そして打ち切りと不当判決を許さず、勝訴判決と公安条例廃止を勝ち取るための直前集会を9月28日に開催します。原告と弁護団が、この国賠訴訟の意義と、勝利に向けた意気込みを語ります。今も不当弾圧が繰り返され、麻生太郎ら自民党政権は続いています。この国賠で状況を変えたいと思っています。

そして基調講演として、先日『崩壊している司法』を出版された吉永満弁護士をお呼びします。裁判所が国賠をあっさり打ち切った背景にある司法制度の崩壊をお話頂きます。さらにそもそも国賠訴訟の意義は何か、過去にどのような闘いで権利が勝ち取られてきたかを、様々な国賠訴訟をつなげる「国賠ネット」の方にお話頂きます。

この集会に多くの参加と注目が集まることで、裁判打ち切りを防ぐために、街頭行動の自由を守るために、ぜひ結集をお願いします。

そして、次回公判:9月30日(月)11時〜東京地裁429号法廷にもぜひ多くのご参加をお願いします。この日を判決にはさせないぞ!

参考:麻生邸リアリティツアー弾圧の映像http://state-compensation.freeter-union.org/?page_id=43
弾圧と救援の経緯:http://state-compensation.freeter-union.org/?page_id=38

ボロ王ボロ王 2014/10/02 18:54 谷口園恵裁判官、経歴を調べたら、東京地検に出向していた。
警察と検察の癒着は、公然の秘密だから、警察に有利な訴訟指揮は、当然です。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/spiders_nest/20140923/1411443049
なかのひと