Hatena::ブログ(Diary)

Spiders’ Nest :: フリーター全般労働組合 このページをアンテナに追加 RSSフィード

フリーター全般労働組合⇒@fzrk

キャバクラユニオン⇒@cabauni

2015-09-27 愛宕・高輪救援会から

高輪5号からみなさんへの手紙


愛宕・高輪救援会です。
9月25日の昼に弁護士を通じて受け取った「高輪5号」さんのお手紙を公開します。
この手紙は、勾留が延長になるかもしれないという緊張感の中、9月24日に高輪さんが留置場で書いたものです。幸いにも翌日の夕方に高輪さんは他の被弾圧者とともに解放されましたが、このたび高輪さんの許可を得て手紙を公開することにしました。
-----
こんにちは、高輪5号です。
9月16日国会前でお不当逮捕以来、激励や支援をくださっている友人、知人、仲間たち、また、まだ見知らぬ同士の皆さん、本当にどうも有難うございます。
それから、9月16日の逮捕者総計13名に亙る「断圧」に遭った方々をはじめ、一連の国会前抗議行動で不当に逮捕・拘束された名も知らぬ仲間たちには、最大級のリスペクトとともに連帯のあいさつを送ります。

こちらは今日も不本意ながら勾留生活を強いられてはいますが、特に心身の不調を来たすこともなく、元気でやっています。
むしろ生まれて初めての逮捕勾留体験を奇貨とばかりに、この際いっそ玩味せんという心積もりでいる位ですので、どうぞご心配なさりませんように。

繰り返しになりますが、今回の私の逮捕(公務執行妨害容疑)は、「まず逮捕ありき」で何とかつじつまを合わせようと苦心したと思しき、噴飯物というより他ない、極めてずさんかつ不当なものです。とりわけ、時系列を無視して個々の「事実」を断片的にコラージュして書き上げられたらしき警察側の調書は、是非とも皆さんに原文をそのまま示して、その「被疑事実」通りに行動することがどのようにして可能なのか謎解きにチャレンジしてみて頂きたい、と思わずにいられないほどのSF的想像力に満ちた(?)出来映えと評せましょう。
勿論、出来の悪い冗談であればそれで済むのかもしれませんが、事実に基づき逮捕事由になにがしか正当性を与えんとする調書にしては、残念ながら素人目にもあまりに拙劣な作文と言うより他なく、せめて、まず事実を事実の通りに記述する、という基本を踏まえた上で報告して頂きたいと切に願う次第です。
(しかしこのようなでっちあげを用いてまで「執行」すべき警察官の「公務」とは一体、何なのでしょうね?)

閑話休題。
しかしながら今回の私の逮捕、勾留については他に語るべき事柄はさほどありません。
何にせよ、逮捕そのものが最低限の適法性すら考慮しない不当なものである以上、その後の留置、勾留も何ら正当性を持ち得るものではなく、後はただ警察、検察に対して即時その非を認め、ただちに身柄を解放しろ、と「命令」(「要求」や「請願」ではなく、あくまで「命令」です)する以外にないからです。
また、おそらくは一連の国会前抗議で逮捕された方々も、おおよその事情は私の場合とさほどかわらないのではないかと察します。
従って、それらの人々もまた同様に、もしまだ身柄の拘束されたままの方がいれば即時の解放と、既に解放されている方々には、きちんとした補償を速やかに行われなければならないことも強調しておきましょう。
残念ながらかの戦争法案は過日の参議院本会議で可決、成立してしまったとのことですが、私自身は当然、この違憲法制の暴挙を認めることはできません。
この手紙を読んでくださっている皆さんの中には、同じ思いを抱いている方々もおそらく多いと思います。
こうした思いをあきらめない限り、私たちの市民的不服従のたたかいは、まだまだ続きます。当面はこれら悪法の廃止を実現するという課題もありますし、それ以外でも私たちの生を守り、豊かにしてゆくための闘争の場であればどこでも、連帯と交歓もまた続いていくでしょう。
そのような場で、皆さんとお会いできることを楽しみにしています。
これからも、ゆるゆると、しぶとく繋がっていきましょう。
2015年9月24日15:30 高輪5号 こと ××××

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/spiders_nest/20150927/1443359455
なかのひと