Hatena::ブログ(Diary)

Spiders’ Nest :: フリーター全般労働組合 このページをアンテナに追加 RSSフィード

フリーター全般労働組合⇒@fzrk

キャバクラユニオン⇒@cabauni

2012-03-03 生存部会 「3・11生存前夜祭」のご案内

[]         

             「3・11生存前夜祭」
  
〜自分たちの生きてることを祭りにしないと、やってけねぇな〜



【日時】 2011年3月10日(土) 1300〜


【場所】 フリーター労組事務所
        (東京都渋谷区代々木4―29―4 西新宿ミノシマビル2F)
        (初台5分、参宮橋駅10分、新宿15分)
【連絡先】(電話)03−3373−0180
 (メール) union@freeter-union.org


【内容】 
 ・3・11以降どう生きてきたか?
 ・3・11以前からの問題はどうなっているのか?
 ・これからの生き方
 ・などなど
について、一人一人が、集まった、みんなの前で、表現してもらう。
(語り、詩、朗読、画、音楽『CDをかけてもOK』、パフォーマンス、など)

その後、フリートーク。

1700ころ〜買い出し

・みんなで料理を作って食事会
(食事会は1930〜2000ころスタート目標)

2200までに終了。

※組合員でない方の参加もOKです。


「3・11」。

あれからまもなく一年を迎える。

震災による、津波の被害も大きかったが、直後からの原発事故は今なお収束どころか、放射能汚染は現在進行型だ。

西へ、南へ移住していった仲間もいる。

毎日、食品の産地表示を気にしている。

まだ2歳の、友人の子供から、プルトニウムが検出された。

そして、福島の人たち、事故収束にあたる労働者たち…。

これらのことは、個人の考える力や心のキャパシティをはるかに超えたことのように思う。

2011年は反原発運動があちこちで盛り上がった。

でも、それ以外の問題、それ以前から続いている、プレカリアートの抱える問題はどうなっているの?

一人では抱えきれない問題は、みんなで共有しよう。

そして、反新自由主義、反原発の向こう側にある、自分たちの喜びを取り戻すために、再び集まろう!

自分たちの喜びが何であるのか、自分たちの喜びを手放さないために、今生きていることを祭りにしよう。

そう、実は、生存に資格証明はいらない。311前からあったそんな錯覚を払拭しよう。ただ表現することで。

2010-01-09 12・23集会報告

[]保護申請を撮影して逮捕はあり得ない

12月23日、緊急の呼びかけにもかかわらず、80名もの人々が集会場となった新宿の大久保地域センターを訪れた。
集会では、関西非正規等労働組合の橋口委員長から事件の経緯が報告されるとともに、いまなお拘置されているA君からのアピールが読み上げられたあと、「自立生活センターもやい」、「山谷労働者福祉会館活動委員会」など生活保護申請と密接な活動を続ける仲間と、「MOVieUnion」、「MediaChampon」などメディアアクティビストの仲間からの問題提起を受け、以下の声明を修正のうえ採択した。

声明

生活保護を申請した人がその申請をきっかけに、福祉事務所の職員から刑事告訴され、逮捕・拘留のうえ、ついには起訴されるという事件が発生しました。生活保護は、すべての人の権利として、どんなに困窮しても最低限度の生活を守るための一つの制度ですから、逮捕や刑事告訴を背景にその受給を妨げたり、申請を困難にするようなことは決して許されることではありません。わたしたちはこのようなひどい事件を起した、関係行政各位に強く抗議し、また、この問題をひろく社会に訴えるために、ここに声明を発表します。

大阪府在住のA君は、今年8月に生活保護を申請して受理され、その後審査も通り、生活保護を受給していました。ところが、申請の際にA君がビデオカメラを携行し自身の申請の様子を撮影しながら申請を行ったことが「職務強要罪」にあたるとして、福祉事務所担当職員から刑事告訴され、大阪府警により逮捕されてしまいました。職務強要罪とは、公務員に対して、「ある処分をさせる目的」、「ある処分をさせない目的」や「公務員の職を辞させる目的」のいずれかをもって、暴行または脅迫を加えるというものです。生活保護申請にビデオカメラを回して記録したというA君の行為に、暴行や脅迫の犯罪性があるとはどのようにしても思えません。生活保護申請を受理するのは、福祉事務所の職務であり、受理するのが適法なことですから、脅迫して受理させることなどありえないからです。
「福祉事務所の水際作戦」という言葉があります。生活保護受給者を少しでも減らすことが行政にとっての美徳だと考えているのか、生活保護申請者に申請用紙をわたさない、違法な理由をつけて追い返すなど、福祉事務所が全く正当な理由も法的根拠も無く生活保護申請の拒否を繰り返している現状をさした言葉です。
日弁連によると、本来なら生活保護制度を利用できる経済状態にある人々に対しての実際の捕捉率はわずか9〜19・7%であるといいます。他方で、「生活保護の同行申請」という言葉があります。これは、違法な「水際作戦」を繰り返す窓口に対して、申請者が一人で行って誰も見ていないのをよいことに、不当に追い返されたり、違法な拒否行為をされてきた経緯から、そのような事件の発生を未然に防ぐために、申請者に友人・ボランティアなどが付き添って生活保護申請を行うことをいいます。逆に言えば、このように「同行申請」が習慣化するまでに、「水際作戦」が横行し、生活保護申請者の生活は軽んじられ、脅かされてきたということです。
A君が生活保護の申請にビデオカメラを携行したのは、このような状況の中においてでした。自身の申請に違法な措置が加えられることがないよう犯罪防止のため記録を行ったにすぎず、記録した映像が公開されたこともありません。カメラを手にしたからといって申請者を逮捕し身体を何十日も拘束し起訴までするというのは、明らかに非常識であり、被害者本人の生活を破壊するのはもちろんのこと、生活の危機に瀕した人が生活保護を申請することを今後とも恐怖により抑圧し、「水際作戦」を助長する横暴でしかありません。
また、福祉事務所はプライベートな空間ではなく公共のための場所ですから、撮影されるのをやましがるなどもってのほかであり、やましいことがないのであればそこでの手続きはもっとオープンにされるべきです。生活保護申請を撮影したA君は、咎められるどころか、申請手続きに不安をいだく多くの人にとって助けとなる有意義な活動をしたのであり、むしろこのような活動はその社会性を認めさらに広範に行っていくべきです。
しかるに、現在A君は、このような社会的活動をなぜか敵視する行政関係者らによって拘禁され、無実の罪に陥れられようとしています。
わたしたちは、このような不正を絶対に許すことはできません。関係行政各位に強く抗議し、A君への告訴取り下げと即時無罪釈放を求めるとともに、この事件を問題化する広範な社会的運動および議論を呼びかけます。


12月23日「生活保護申請を記録して逮捕って何だよ?!」
   -生存権を求めたA君は無罪だ- 集会参加者一同

2009-12-16 【12月23日大久保】生活保護申請を記録して逮捕ってなんだよ?!

[]生存と民主主義

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

生活保護申請を記録して逮捕って何だよ?!」
   -生存権を求めたA君は無罪だ-

 ・日時:12月23日(水) 18時開場(18時半開始)
 ・場所:大久保地域センター(新宿区大久保2-12-7)
    JR新大久保駅または都営大江戸線東新宿駅より、いずれも徒歩10分
    http://www.city.shinjuku.tokyo.jp/map/ookubo_toyama.htm
 ・資料代:500円(カンパ)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

◆信じられないことが起きてしまいました。この8月、大阪府柏原市の福祉事務所に自身の生活保護申請に赴いた「ユニオンぼちぼち」の組合員A君が、二ヶ月半を経過した10月末に逮捕されたのです。彼は保護申請の様子をビデオカメラに収め、福祉事務所の職員に「生活保護申請をさせてください」と訴えました。そのためにそれから2ヵ月半もたって彼は逮捕され、11月16日には「職務強要」容疑で起訴されたのです。(以下参照)
http://unionbotiboti.blog26.fc2.com/blog-entry-101.html

◆生活保護の現場では、ぎりぎりのところで保護を求める人々の希望を挫く「水際作戦」が展開されてきました。申請者にわたすべき用紙をわたさない、理由をつけては「また来てください」と追い返すなど、手続きのハードルを上げることで申請自体を断念させようとする行為です。その結果、生活保護を受けるべき状況にある人々の実に80%が保護から排除されています。

◆福祉に保護を求めることは権利であり、保護を求める人々の申請受け付けは、福祉事務所の当然の職務です。また、行政機関への適切な監視は市民としての義務ですらあります。A君は生きようとし、A君は福祉事務所が当然行なうべき職務を記録しようとしたのであり、それはなんら犯罪ではありません。彼の行為が犯罪なら、保護を求める行為は萎縮し、行政機関の活動はますます不可視化するでしょう。生きる権利から多くの人が排除されている状況を直視し、A君の無罪を勝ち取る必要があります。そのために何をすべきなのか、ともに考え行動しましょう。

集会内容 --------------------------------------------------
○報告
橋口昌治(関西非正規等労働組合「ユニオンぼちぼち」委員長)

○問題提起
稲葉剛(自立生活サポートセンター・もやい代表理事)/山谷労働者福祉会館活動委員会/根来祐(フリーター全般労働組合ムービーユニオン)山川宗則(Media Champon)

○会場討議

----------------------------------------------------------------------

主催:「生活保護申請を記録して逮捕って何だよ?!」集会実行委
連絡先:フリーター全般労働組合(新宿区西新宿4-16-13 MKビル2階)
電話/FAX: 03-3373-0180
Web: http://freeter-union.org/union/
Log: http://d.hatena.ne.jp/spiders_nest/
Mail: union(at)freeter-union.org ←(at)を@に置き換えてください

なかのひと