ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん このページをアンテナに追加 RSSフィード


AMAZON『英国メイドの世界』へ  ■講談社より刊行しました! 屋敷の暮らしと使用人の仕事が分かる『英国メイドの世界』
 -屋敷で働くメイド・執事の仕事が分かる資料本『英国メイドの世界』:第一章の試し読み開始
 -出版化時にこだわった「読みやすさ」と「分かりやすさ」

 ■英国ヴィクトリア朝・屋敷や貴族関連の資料/映像をお探しの方にオススメ
 『ダウントン・アビー』を見る前に読んでおきたいカントリーハウスと職場の解説

 -SPQR[英国メイドとヴィクトリア朝研究]更新中




2005-07-15 同人誌5巻イラストは完成しました

[]村上リコさん・ブログで資料の公開

ブログ名:村上リコの本


すごいありがたいブログです。『MANOR HOUSE』や、『THE RISE AND FALL OF THE VICTORIAN SERVANT』もしっかり押さえてあります。今時点でコメントをされていくかはわからないのですが、資料や視点で学ぶところが多ければ、と思います。


→訂正:「ひとこと」を押すと、村上リコさんのコメントが読めました。


[]外堀は埋まり、山が出来そうな勢いです(00:55)

例によって、午前様です。


GENSHIさんによる表紙・裏表紙


左は表紙で、『M.O.E』に寄稿して今回再掲する小説の登場人物・ハウスメイドのエル、裏表紙は4巻で登場したものの、うまく描写できなかったセシリーです。セシリーは本当は今回の新刊で載せる中編の為のキャラクターでした。先んじて4巻に出してしまい、てんぱっていたせいでちょっと描写・方向性をミスってしまいました。今回の新刊5巻の主人公キャラなので、裏表紙に登場です。


もうひとつ、前回からお願いしています河原さんからもイラストが届きました。可愛らしい村娘と、彼女がメイドになったときの服装……というのを、例の奇天烈資料『Avoid Being a Victorian Servant! 』のイラストを参考に、描いてもらいました。制服の解説も、そこから翻訳して足しこむつもりです。イラストは当然、原書とはまったく違った、素晴らしく可愛いものです。


明日も午前様っぽいですよ。


もう今日か……