ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん このページをアンテナに追加 RSSフィード


AMAZON『英国メイドの世界』へ  ■講談社より刊行しました! 屋敷の暮らしと使用人の仕事が分かる『英国メイドの世界』
 -屋敷で働くメイド・執事の仕事が分かる資料本『英国メイドの世界』:第一章の試し読み開始
 -出版化時にこだわった「読みやすさ」と「分かりやすさ」

 ■英国ヴィクトリア朝・屋敷や貴族関連の資料/映像をお探しの方にオススメ
 『ダウントン・アビー』を見る前に読んでおきたいカントリーハウスと職場の解説

 -SPQR[英国メイドとヴィクトリア朝研究]更新中




2006-06-29 本物の執事とフットマンを語りませう

[]といいながら、フットマンには語りつくせない味がある

フットマンの仕事の解説がひとまず終わりましたが、彼らが担当した仕事の量が、半端ではありません。


過去にメイドを「ランドリーメイド」「パーラーメイド」「ハウスメイド」「ナースメイド」「スカラリーメイド」「レディーズメイド」「キッチンメイド」「チェインバーメイド」など、幾つもの仕事から照らし出しました。


仕事、いっぱいありました。


それでも、これらメイドに「重ならない仕事」をフットマンはこなしました。大変です。あまりの多さに、泣きそうです。これも、資料として使っている本のマニアック具合のせいです……面白いエピソードが多いのが原因です。


日本において、最高の「フットマン紹介」は作れそうですが、燃え尽きそうです。


今日、今ある原稿で台割を作ってみました。


105ページありました。小説抜きです。


これより、「コーチマン」「ガーデナー」「グルーム」「ゲームキーパー」、そして小説を書きます。残りはきっと、しょんぼりな雰囲気です。手記書こうよ、残そうよ、と言いたくなるほど、資料が乏しいです。


頑張ります。

追記

本は完成しています。


■第7巻

フットマンのすべてがわかる。男性使用人、メイドの恋愛と結婚解説本

『ヴィクトリア朝の暮らし7巻 忠実な使用人』



とらのあなで買えます/『ヴィクトリア朝の暮らし7巻 忠実な使用人』