ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん このページをアンテナに追加 RSSフィード


AMAZON『英国メイドの世界』へ  ■講談社より刊行しました! 屋敷の暮らしと使用人の仕事が分かる『英国メイドの世界』
 -屋敷で働くメイド・執事の仕事が分かる資料本『英国メイドの世界』:第一章の試し読み開始
 -出版化時にこだわった「読みやすさ」と「分かりやすさ」

 ■英国ヴィクトリア朝・屋敷や貴族関連の資料/映像をお探しの方にオススメ
 『ダウントン・アビー』を見る前に読んでおきたいカントリーハウスと職場の解説

 -SPQR[英国メイドとヴィクトリア朝研究]更新中




2007-03-23 『英國戀物語エマ』第二幕プロモーション映像公開

[]メルダース家の屋敷のモデルはshugborough(正解でした)

英國戀物語エマ 第二幕公式サイトプロモーション


カントリーハウスが舞台となり、「ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん」を掲げる当サイトとしては、随喜の涙が出そうな勢いです。


プロモーション映像を見た感じ、メルダース家の屋敷外観のモデルは、村上リコさんが『MANOR HOUSE』のコラムの末尾で「好きなマナーハウス」としてあげている、shugboroughと思われます。


GoogleImage:shugborough


shugborough公式


正面と、両翼の円筒の屋根が似ているかなと。勝手な印象ですが。


で、久我にはこの屋敷に思い入れがあります。というのも、久我が大好きなヴィクトリア朝研究家・Pamela Sambrook女史は元々、ここでキュレーターをしていました。実はこのカントリーハウス、Servants’Quarters/使用人の職場が充実しており、「使用人の体験」も出来ます。


なぜそんなことを知っているかと言うと、『MANOR HOUSE』の姉妹編『THE 1900 HOUSE』にて、家族が1900年の生活を始める前に、洗濯や当時の家事の訓練を受けた場所こそが、このshugboroughだったのです。


『THE 1900 HOUSE』内にて、『Shugborough』の紹介


と言う経緯もあり、異常にPamela Sambrook女史がランドリーメイドに詳しく、また研究していたバックボーンが伝わったかと思います。


久我にとってメイド研究の師匠とも言える方のいた屋敷とあり、またデザイン的にも好みで、かつ使用人区画も充実しているとあって、最も訪問したい屋敷のひとつです。


あぁ、使用人のパーティが早く見たい。


階段の下の世界を感じたい。


エプロンをつけたエマさんの後姿最高!


The Country House Servant

The Country House Servant



エマ 8巻(DVD付き特装版) (BEAM COMIX)

エマ 8巻(DVD付き特装版) (BEAM COMIX)




■カントリーハウスで働く使用人特集 第6巻『使用人として、生きて』


補足:村上リコさんブログにて

上はアニメ版メルダース家のための取材写真と出ていましたが、それがまさしくshugboroughでした。


正解でした。