ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん このページをアンテナに追加 RSSフィード


AMAZON『英国メイドの世界』へ  ■講談社より刊行しました! 屋敷の暮らしと使用人の仕事が分かる『英国メイドの世界』
 -屋敷で働くメイド・執事の仕事が分かる資料本『英国メイドの世界』:第一章の試し読み開始
 -出版化時にこだわった「読みやすさ」と「分かりやすさ」

 ■英国ヴィクトリア朝・屋敷や貴族関連の資料/映像をお探しの方にオススメ
 『ダウントン・アビー』を見る前に読んでおきたいカントリーハウスと職場の解説

 -SPQR[英国メイドとヴィクトリア朝研究]更新中




2007-04-07 同人での『Web進化論』

[]イラスト・同人界でも「高速道路論」

森薫先生が「『MANOR HOUSE』と『ヴィクトリアン・サーヴァント』があればメイド漫画作れる」と言ったことで、久我はメイド創作における「高速道路論」が始まると以前書きました。


『MANOR HOUSE』は、ヴィクトリア朝/クラシカルメイドの「高速道路」


金曜日はGENSHIさんと秋葉原でお会いして、夏に制作予定の総集編についてご相談しましたが、そこでこの話が広がりました。GENSHIさんのお話では、イラストの世界でも「高速道路論」が起こっているそうです。


以下は久我の理解したこと・想起した範囲も含めており、GENSHIさんの見解そのままではないこと、付記しておきます。


1:先輩・助言者・仲間の存在

ネットには様々な素材やお手本が公開されていて仲間や先輩を見つけやすいことが大きいです。意識の上での参入障壁が低く(絵を描いているのは自分だけではない)、また絵に関して具体的な助言を得られやすいのです。


GENSHIさんはmixiで「お絵かき会」と言うのを主催されていますが、2005年の開催から月一度絵を描く人が集まるというこの会合、技術交流や批評や絵を見せ合う、合作するなど、刺激的なことをしています。


2:成長の機会(公開の場所)

ネット公開して反応があることで、悔しさや嬉しさを感じ、次回に繋げて新しい絵を描くという周期の短さもあります。これが紙の時代ならば雑誌に投稿するなり、同人誌で刷るなりしても反響があるまで時間がかかりましたが、良ければ見つけてくれます。


公開して、反応がある。


これが循環していくと、自身から意欲的に成長していこうと絵を描く時間を増やし、経験を重ねていくことになるのです。もちろん、同人イベントもそのひとつの大きなフィールドです。こちらは実際に「読者」と会える(そして、自分の本を「買ってもらえる」)のも大きいです。


3:ツール類の充実+先輩の存在

様々な基礎が必要なのは大前提ですが、各種ツール類も揃っていますし、そのツールを身につけやすい状況(経験者や相談する人が見つけられる)があるので、イラストを描こうとする人にとって、一定のレベルまで上がりやすい環境とも言えます。


確かに、ネットを見ると、イラストがうまい人を大勢見ます。全員がプロと言うわけではありませんが、プロと遜色ない人が多いのも事実です。


そして、それでも「プロ」(商業的な意味合いよりも、より人に影響を与える意味合いで)とそうでない人には、壁があります。それが、「高速道路論」(一定のレベルまでの成長速度が速くても、そこまで行く人が大勢いるので、渋滞を起こす)、うまいだけでは埋没して抜け出せない事に通じています。


そこから抜け出すには、何かが必要なのです。


GENSHIさんは、そこを、「総合力的なもの」とおっしゃっていました。個性であったり、表現の幅広さであったり、他の人とは何か違うもの、単純に「絵を描く」という技術ではなく、その絵を見た人にとって「何かが伝わる」全体としての表現力、というのでしょうか。


言葉を変えれば、「ブランド」でしょうか?


何かを始めて、一定レベルまで到達しやすくなった分だけ、業界全体のレベルが上がり、そこからさらに上に行くのは難しくなっている時代、なのでしょう。


同人誌にも、この「高速道路論」が当てはまります。以前は参加するサークル数も限られていましたが、今は簡単に本を作って参加できます。


その転換点は、「ネットによる情報の普及」(意識面での参加しやすさと先輩の存在)と、「オフセット印刷が安くなって作りやすくなった」(コストの障壁)こと、そして何よりも「多くの読者に出会える市場が存在」することにあると思います。


同人市場は、今、最高潮を迎えています。コミケによる「場の創出」は以前からでしたが、各種オンリーイベントの数の増加、同人ショップの存在(通販+リアルショップ)、そしてネットが読者と制作者との接点を増やし、制作に対する低コスト化を進めています。


これは久我の体験談ですが、1年間の「とらのあな」での頒布数は、1回分のコミケに相当するぐらいに伸びました。1年間委託するだけで、コミケに参加したぐらいの読者に接することが出来るのです(もちろんネット上でブログを書き、情報を出し、喚起すると言うのが前提ですが)


同人と言う言葉は、何も本だけではありません。


昨日、秋葉原の「とらのあな」に行きましたが、「同人ソフト」だけで、ワンフロアありました。以前は考えられないぐらいに、「ソフト」を作りやすい時代が来ているのだなぁと。


ひぐらしのなく頃に』も、筆者の方の素晴らしい文章力だけではなく、制作ツール面でのインフラ、ネットで音楽を公開している人々の存在があって、成立したものです。インタビューを見ると、ネットでの「体験版ダウンロード」の存在が普及に大きかったとも。


情報がそれだけ生み出されていけばいくほどに玉石混交の状況が生じ、まさしくネット的な「情報の見つけにくさ」が生まれてくるわけです。表現に携わるものはそうした状況下で、「いい作品を作る」だけではなく、「いい作品だというのを、どのように伝えていくか・わかってもらうか」にも、視点が必要なのかもしれません。


GENSHIさんと話をしていて、そんなことを感じました。


関連

『MANOR HOUSE』は、ヴィクトリア朝/クラシカルメイドの「高速道路」

[]GENSHIさんと総集編打ち合わせ

本編はこっちだったのですが、切り分けました。金曜日はGENSHIさんと秋葉原でお会いしました。よく考えれば、これでGENSHIさんにイラストをお願いするのも5回目になります。


初めてお会いしたのは2005年にきっしーさんが主催されたメイド作家の合同誌『M.O.E』の打ち上げでした。あの時、GENSHIさんが自作のイラストを持ってこなかったら、絵をお願いするきっかけもなかった、と思うと、不思議なものです。


で、今回の総集編は360〜400ページ相当になることが予想されます。2センチメートルぐらいなので、背表紙も立派なのが必要なのかなぁとか、どうせだったらカバーをつけたいよねとか、とりあえず同人誌としての完成度を馬鹿みたいに高めたいと思うのです。


いろいろと調べていくとカバーをつけた場合には作業料が発生するとか、搬入料金幾らになるんだとか、そもそもスペースに何冊置けるの、そんな分厚い本を、という問題もあるわけですが、二度と刷り直さないつもりなので、3〜4年で完売すればいいやという気持ちではいます。1巻は退役するまで、5年を頑張りました。ジャンルと言うか、資料本と言う性質上、色あせる内容でもないので。


そんな話をしている途中から、お互い会社員らしく、会社で気持ちよく働くにはとか、個に依存しすぎない組織としての強さとか、マネジメントの話とか、人を育成することとかを話していて、「使用人も同じだよね」と、話が広がっていました。


それから話はまた広がって『MANOR HOUSE』へといたりました。イラストをお願いするときの雰囲気を感得してもらうためにをどうしてもGENSHIさんに見て欲しかったのですが、以前はそれが出来ず、もどかしくもありました。今回、GENSHIさんも予約されたとのことで、より細部でのコミュニケーションが出来るのかなと期待もしています。


その後は、友人も合流し、いい評判を聞くメイド喫茶『シャッツキステ』に行ってきました。これで、メイド喫茶訪問は3回目です。


お店はそれほど広くなかったのですが、それが店員であるメイドさんとの距離を近づける工夫なのかな、と思いました。メイドさんの存在がここまで大きく見えたのは、初めてです。


制服のデザインは、今まで見た中で最も秀逸と言うか、感覚的にしっくりくるものでした。


……メイド喫茶とか、コスプレとかも高速道路論があてはまりそうな。