ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん このページをアンテナに追加 RSSフィード


AMAZON『英国メイドの世界』へ  ■講談社より刊行しました! 屋敷の暮らしと使用人の仕事が分かる『英国メイドの世界』
 -屋敷で働くメイド・執事の仕事が分かる資料本『英国メイドの世界』:第一章の試し読み開始
 -出版化時にこだわった「読みやすさ」と「分かりやすさ」

 ■英国ヴィクトリア朝・屋敷や貴族関連の資料/映像をお探しの方にオススメ
 『ダウントン・アビー』を見る前に読んでおきたいカントリーハウスと職場の解説

 -SPQR[英国メイドとヴィクトリア朝研究]更新中




2007-09-25 完成度が高すぎる『エマ』9巻

[]『エマ』9巻感想

エマ 9巻 (BEAM COMIX)

ストーリーのレベルと絵の密度、描写の自然さがますます際立っていますね。以前は、「このシーンを描きたい(知識として得た風景を使ってみたい)」ようなところもありましたが、今はもう、視点が完全に「ヴィクトリア朝」に入り込んでいて、自然体です。


8巻からだいぶ肩の力が抜けて、「完結させる」ではなく、如何に短い話数で「綺麗なシーン、魅力的なキャラクター」を描くかに注力している感じがしていて、静かに流れる川のような雰囲気です。完成度が、非常に高くなっています。


映像化(アニメ化ではなく、実写化)してくれないですかね、イギリスのテレビ局で。最近、ジェーン・オースティンの三作品のドラマを見ましたが、一作品一時間半という制約だったので、脚本がひどいものでした。今の『エマ』ならば、本場でも通じるいい映像に仕上がると思います。


いちばん気に入ったシーンは、メイド・アメリアの台詞です。


「いつ来てもすごい花だ」

「空気が乾燥しなくてようございますわ」

『エマ』9巻「第十二話 三人の歌手(前編)」P.186より引用

声を出し、歌を仕事にする主人が喉を痛めないかどうか、乾燥しがちな環境に常に配慮しているからこそ、自然に出てくる主人想いの台詞は、いい意味での「使用人らしい」台詞ですね。ちょっと図々しいぐらいに思える使用人にこそ味がありますし、主人をしっかりコントロールする距離感も大切ですね。(この「花が多い」→「湿度があって、喉を痛めにくい」と主人を思いやる言葉につなげた森薫先生の台詞回しも、非凡だと思います)


今回の主役は久我的にはアメリアです。


あとがきにも登場するぐらいですから……


ストーリーとしては単体の完成度では「三人の歌手」がよかったです。あぁいう話は大好きですし、あの時代のアーティストを描いてみたいとは思っています。


エマ 9巻 (BEAM COMIX)

エマ 9巻 (BEAM COMIX)


関連するサイト

エマ関連

『エマ』8巻感想

『エマ』関連のコラム・感想


最近見たオースティンの三部作

The Jane Austen Collection - Mansfield Park / Northanger Abbey / Emma (3 Disc Box Set) [2007]


http://www.amazon.co.uk/dp/B000NDETME/