ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん このページをアンテナに追加 RSSフィード


AMAZON『英国メイドの世界』へ  ■講談社より刊行しました! 屋敷の暮らしと使用人の仕事が分かる『英国メイドの世界』
 -屋敷で働くメイド・執事の仕事が分かる資料本『英国メイドの世界』:第一章の試し読み開始
 -出版化時にこだわった「読みやすさ」と「分かりやすさ」

 ■英国ヴィクトリア朝・屋敷や貴族関連の資料/映像をお探しの方にオススメ
 『ダウントン・アビー』を見る前に読んでおきたいカントリーハウスと職場の解説

 -SPQR[英国メイドとヴィクトリア朝研究]更新中




2007-11-24 息抜きにウェブ

[]『荊の城』関連の検索ワードが増加中

最近、検索ワードに「fingersmith」が多いです。BBCでドラマ化されたものが、もうすぐ日本でDVDになるからでしょう。しかし、でも多いよなぁと思ってfingersmithでぐぐってみたところ、久我のこのエントリDVD『Fingersmith』(『荊の城』)が一位になってました。


日本語のページだけではなく、すべてのウェブページの中で。


ちょっと嬉しかったので、書きました。


ちなみにYahooでは圏外でした。


この辺のワードが今、熱いです。


fingersmith

dvd 荊の城

ドラマ 荊の城

荊の城

the tipping velvet


おまけ

当ブログ内での『荊の城』検索結果


[]ずっと翻訳中(10:26)

とりあえず翻訳に飽きたので、息抜きにブログ書いています。


今のところ36エピソード?を翻訳完了です。予定では50〜100人ぐらいの、実在の英国メイドのエピソードを書けるのではないかと思っていますが、ここは時間との勝負なので、あんまり無理をしません。


今回は表紙で馬鹿っぽいアイデアを思いついてしまったので、内容はストイックにいこうかと思います。


で、アーサー・マンビーです。


彼のエピソードを今回また掘り起こしましたが、相当きています。ディナーを食べに行った訪問先のお嬢様の描写をしつつ、そのほとんどの描写が、傍に仕えていたパーラーメイド、Lauraについてなのです。


歩くメイドスキーです。『ひぐらしのなく頃に』の入江京介(イリー)がその血を引いているのではないかと思える、メイドマニアです。(なぜか主要キャラクターのうち、イリーだけ、はてなキーワードが無いです)


そんなアーサー・マンビーのエピソードはこちらで。


使用人・メイドさんの手記特集1


[]ずっと翻訳中(22:26)

ちょうど12時間後。ちょっと外出したり息抜きしていましたが、64エピソードまで到達しました。が、これでもまだ一冊の本の半分ぐらいなのデス。あんまり一冊に依拠したくないので、並行して他の本も読み進めていますが、どうなることか?


あんまり困った場合は、過去の同人誌から何人か引っ張ってきます。元々、「実在したイギリスのメイドさん個人のリスト」を作ることが目的なので、こだわりはないのですが、出来ればフレッシュな情報を出したい、というところです。


2007/11/25、12/01,12/02,12/08,12/09以外に、残業減らす・有給などで作業時間を確保しないといけませんね。明日の進捗具合で、この先のペース配分を決めます。50人でも十分なんですが、100人を目指したいです。