ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん このページをアンテナに追加 RSSフィード


AMAZON『英国メイドの世界』へ  ■講談社より刊行しました! 屋敷の暮らしと使用人の仕事が分かる『英国メイドの世界』
 -屋敷で働くメイド・執事の仕事が分かる資料本『英国メイドの世界』:第一章の試し読み開始
 -出版化時にこだわった「読みやすさ」と「分かりやすさ」

 ■英国ヴィクトリア朝・屋敷や貴族関連の資料/映像をお探しの方にオススメ
 『ダウントン・アビー』を見る前に読んでおきたいカントリーハウスと職場の解説

 -SPQR[英国メイドとヴィクトリア朝研究]更新中




2007-11-29 『NOT IN FRONT OF THE SERVANTS』制覇

[]「13歳のメイドは、『シャーリー』だけではない」

ようやく、『NOT IN FRONT OF THE SERVANTS』の使用人が語るエピソードの抽出が終わりました。あまり実用に耐えない短いもの・関係ないものも含めて、全部で146エピソードが、「使用人だった人々」「かつて主人だった人々」の生の声で、語られています。


このうち、実際に使えそうなのは50〜80ぐらいと思っているので、精査に入ります。そのまま掲載しても面白くないので、カテゴライズして、わかりやすい解説を追記する予定です。


今回はメイド島を離れることもあって、今までと違ったテイストの表紙と、そうした「今までの読者ではない人」がすぐ興味を持てるような、「今まで聴いたことが無い、でも心温まるメイドさんの実像に迫った話」という構成で考えています。


その実現に向けて、最終調整です。まだ週末まで時間があるので、他の本からもエピソードを抽出しようと思っています。


過去に同人誌で出した・使ったエピソードも、今回は再利用しますが、面白かったこともありました。友人に協力を依頼し、今、そうしたエピソードを募集していますが、「これのっけて」と貰ったリクエストのひとつに、あるエピソードがありました。当時は利用した資料に名前は出ていませんが、今は、「それがどの使用人のエピソードかわかる」のです。


正解の人物が有名人Frederic Gorstだからなのですが、自分の中でばらばらになっていたものを再統合していく感じで、総集編に向けた最高の肩慣らし・準備になりそうです。


そして一言言えるのは。


「13歳のメイドは、『シャーリー』だけではない」ということです。13〜14歳の頃からメイドになった子がなんと多いことか、と驚愕しています。


[][][]『HONEY ROSE』が配信されるよう

きっしーさんのブログに、「HONEY ROSE」12/21に配信(修正したよ)というエントリが。久我はあんまり詳しくないというか、ファンサイトや詳しい方から聞いたレベルですが、この『HONEY ROSE』は『Under the Rose』の完結後の時間軸で、『Under the Rose』よりも前に連載されていたもので、単行本が出ていない作品です。


mixiのコミュニティなどを見ていると、12月に『Under the Rose』5巻が出るようでしたが、きっしーさんが紹介していた船戸明里さんのブログ(存在をはじめて知りました)に、延期と、配信の話が出ています。


めもちょう


ブログがあったことも、はてなダイアリーを使っていたことも知らず、二度びっくりです。


何はともあれ、作品を心待ちしています。


そして、あの不幸なメイドの子に名前をあげて下さい。久我はあぁいう子が大好きなのです。『若草物語』ではジョーよりもベスが好きでした。『スパイダーマン』シリーズも、ヒロインのDJよりも大家の娘が大好きなのです。


この辺りの心理を大学時代に掘り下げて悲しいことになったので、理由はあげませんが、幸薄い子には幸せになって欲しいものです。


共通点は三つ編み、ではないはず……