ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん このページをアンテナに追加 RSSフィード


AMAZON『英国メイドの世界』へ  ■講談社より刊行しました! 屋敷の暮らしと使用人の仕事が分かる『英国メイドの世界』
 -屋敷で働くメイド・執事の仕事が分かる資料本『英国メイドの世界』:第一章の試し読み開始
 -出版化時にこだわった「読みやすさ」と「分かりやすさ」

 ■英国ヴィクトリア朝・屋敷や貴族関連の資料/映像をお探しの方にオススメ
 『ダウントン・アビー』を見る前に読んでおきたいカントリーハウスと職場の解説

 -SPQR[英国メイドとヴィクトリア朝研究]更新中




2008-04-20 『ティアズマガジン』に載りました

[]『ティアズマガジン』84/P&Rに『MAID HACKS』が掲載

コミティアのイベントカタログ『ティアズマガジン』は、サークルリストだけではなく、半分が「同人誌紹介」という構成をしています。イベント主催と読者によるもので、「プッシュ&レビュー(P&R)」、と呼ばれています。


これはジャンルごとのオススメ同人誌を紹介するという企画で、一種のメディアであり、一種のオーソリティと言えます。自分では見つけられない同人誌に気づくことが多く、久我も何度かそこに掲載された情報を元に、いい作品に出会ったことがあります。(よしづきくみち氏の同人作品を知ったのも『ティアズマガジン』)


ここに掲載されるのが、久我の同人活動における幾つかある目標のひとつでしたが、今回、初めて叶いました。『MAID HACKS』の効果でしょうか? 投票して下さった方、誠にありがとうございます。


3月のある日、家に帰るとコミティアから大きい封筒が着ていました。イベントのアフターレポートは受け取っていましたし、既に5月のティアも申し込んでいたので、見当がつきませんでした。封筒を開けてみると、こんな文字が。


『見本誌で提出された貴サークル「MAID HACKS」を大変面白く読ませていただきました。そこで、次回コミティア84サークルガイド「ティアズマガジン」(4月20日発売予定)のP&Rコーナーで紹介させていただこうと考えています』


コミティア公式ブログ「ティアズマガジン編集会議」を見る限り、「コミティアスタッフが目を通して、その上で選んでいる」とのことです。読者からの投票も必須でしょうが、集めた見本誌を一冊一冊読んでいたんですね。


選んで下さったコミティアのスタッフの皆様、こちらも読んでいただいてありがとうございます。今回は極めて「普通の人」でも読める内容に仕上げてあるので、興味を持たれた方は是非お越し下さい。


5月は一番人が多いこともありますが、折角の機会なので、在庫は持ち帰り覚悟でかなり持って行きます。ジャンルとしては「評論」ジャンルにカテゴライズされていましたので、次回以降、そこら辺に移籍するかもしれません……


それにしても、アーサー・マンビー大人気です。久我の同人誌の読者は男女半々ぐらいですが、みなさん見るところが明確に分かれていて、面白いなぁと思ったりします。


そういえば随分遅れてしまいましたが、冬コミにてご挨拶いただいた『萌えラジ製作委員会ラジオ配信局』様にて、久我の同人誌へコメントいただけていたようです。ラジオを聴いたところ、こちらの感想もまた違う角度・予想していないものなので、筆者としては嬉しい限りです。


余談

ちなみに、コミティア内「カフェ・サイファイティーク」企画(理系・メガネ・白衣)の話を該当する友人(理系・メガネ・大学院卒=マスター)に「行けば?」と聞いたところ、「白衣を着てカフェなんてありえない」と言っていました。


なんでも、白衣には薬品やら汚れやらが付着して「汚い」というのが常識であり、学食に白衣を着ていくと、追い出されることもあるそうです。これもまた見解の相違で面白かったので、こちらにてご紹介しました。