ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん このページをアンテナに追加 RSSフィード


AMAZON『英国メイドの世界』へ  ■講談社より刊行しました! 屋敷の暮らしと使用人の仕事が分かる『英国メイドの世界』
 -屋敷で働くメイド・執事の仕事が分かる資料本『英国メイドの世界』:第一章の試し読み開始
 -出版化時にこだわった「読みやすさ」と「分かりやすさ」

 ■英国ヴィクトリア朝・屋敷や貴族関連の資料/映像をお探しの方にオススメ
 『ダウントン・アビー』を見る前に読んでおきたいカントリーハウスと職場の解説

 -SPQR[英国メイドとヴィクトリア朝研究]更新中




2008-04-27 GWイベントの始まり

[]2008/04/27(日)『COMIC1☆2』「か12a」で参加してきました

本日手に取っていただけた皆様、ありがとうございました。


よりよき出会い、或いはその契機となれれば幸いです。


コミケと参加者層が被っているかなぁと思っていましたが、事実、コミケでお会いする既刊の読者の方々にお会いできました。その一方、普段と異なる方にもお会いできたかと思います。本の内容を記した手法も、おおむね、効果を発揮したようです。


COMIC1』自体は創作オールジャンル、正直なところ、初参加で評判しか知りませんでした。コミケの大手壁サークルが参加するのは知っていました。そのせいか、ダミーが多かったようで、周辺サークルに欠席が目立ちましたのが、残念でした。


また、開場と同時に買い物に行く人が多いのですが、10時会場直後に歩き回っている人の多くが胸に「サークル入場を示すワッペン」をつけていました……


イベントの性質と自分の同人誌の親和性を考慮し、次回以降の参加は見合わせようと思います。


次の参加は05/03の『帝國メイド倶楽部』です。3年ぶりぐらいの参加ですが、どのようになっているのかイベントの雰囲気がわかりませんが、楽しいイベントであるといいなと思います。


3回連続参加と言う無茶な日程に売り子で付き合ってくれる友人に感謝して、今日を終わります。こんな無茶な日程、今年が最後だと思いますから、しっかりやりきろうと思います。その意味で、最も可能性を秘めているコミティアが最後なのは、なかなかいいことかもしれません。


どの会場でもお会いする読者の方がいるかもしれませんが(笑)