ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん このページをアンテナに追加 RSSフィード


AMAZON『英国メイドの世界』へ  ■講談社より刊行しました! 屋敷の暮らしと使用人の仕事が分かる『英国メイドの世界』
 -屋敷で働くメイド・執事の仕事が分かる資料本『英国メイドの世界』:第一章の試し読み開始
 -出版化時にこだわった「読みやすさ」と「分かりやすさ」

 ■英国ヴィクトリア朝・屋敷や貴族関連の資料/映像をお探しの方にオススメ
 『ダウントン・アビー』を見る前に読んでおきたいカントリーハウスと職場の解説

 -SPQR[英国メイドとヴィクトリア朝研究]更新中




2008-06-06 12回目の祭りへ

[]コミックマーケット74・3日目東"レ"47aにて当選

今日はコミケの当落通知発送の日です。会社でも気になってしまって、ついつい携帯でメールをチェックしてしまっていました。結論から言えば、無事に合格しておりました。幸せなことです。


同時に、胃が痛いです、新刊を思うと。


でも、すべての総決算を行えるのは、生涯ない機会でしょう。


驚きついでが、先日、『英国メイドさん協会』の方とお会いして話をしてきたのですが、偶然にも、今回のコミケではお隣になりました。久々の"レ"ジャンル、メイド島です。最高のイベントに囲まれた五月、最高の配置に恵まれた夏コミ


これで新刊が出ないわけが無い、です。


どれだけフラグが立っているのか、あまりにも完璧なフラグの立てっぷりにもはや言葉がありません。メイドの神様がもしもいるならば、それを望んでおられる、とでも言うべき条件が整いました。


この配置は予想していませんでした。


まさしく、偶然の出会いに囲まれて生きているようです。


一旦寝てから、関係する方々に報告し、締め切りや自分の原稿の見直しを始めなければなりません。いつもよりも尻にファイヤーな感じが無いです。もはや痛覚を感じないまでに焦げてしまったのか?


よく考えたら、コミケ参加では一度も新刊を落としたことがありません。12回連続となる新刊を有明に持っていく所存です。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/spqr/20080606/p1