ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん このページをアンテナに追加 RSSフィード


AMAZON『英国メイドの世界』へ  ■講談社より刊行しました! 屋敷の暮らしと使用人の仕事が分かる『英国メイドの世界』
 -屋敷で働くメイド・執事の仕事が分かる資料本『英国メイドの世界』:第一章の試し読み開始
 -出版化時にこだわった「読みやすさ」と「分かりやすさ」

 ■英国ヴィクトリア朝・屋敷や貴族関連の資料/映像をお探しの方にオススメ
 『ダウントン・アビー』を見る前に読んでおきたいカントリーハウスと職場の解説

 -SPQR[英国メイドとヴィクトリア朝研究]更新中




2008-06-24 徐々に終わりの絵が見えてくる

[]新刊タイトル決定&ゲストに神奈江淳様

『英国メイドの世界 ヴィクトリア朝の暮らし総集編』


ということで、FIXしました。


さて、ゲストにお迎えした神奈江淳様についてです。


既にお絵かきSNSの「PIXIV」をご利用の方はご存知かもしれませんが、総集編のゲストに、コミティアコミケでメイド同人誌を作られていた神奈江淳様を迎えております。『M.O.E.』では裏表紙を描かれており、この日記を見ている皆様には、ご存知の方も多いかと思います。


久我がコミティアに参加した折、最初にメイドジャンルで買った同人誌は三サークルしかありませんでした。悠々アソブ様、のわきねい様、そして神奈江淳様です。これまでの同人活動において、「自分で魅力的だと思って読者として先に本を買ってから、知り合った」方と、一緒に何かできないかと言うのが今回の総集編のテーマでしたが、その点では今回、ご参加いただけたことで、運良く目標を果たしています。


【ピクブー】夜の風景- III/今回の総集編でお願いしたカラー原稿のひとつ


あと3日ぐらい公開されているようです。


もう少ししたら他のゲストの方の情報も含めて、公開します。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/spqr/20080624/p2