ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん このページをアンテナに追加 RSSフィード


AMAZON『英国メイドの世界』へ  ■講談社より刊行しました! 屋敷の暮らしと使用人の仕事が分かる『英国メイドの世界』
 -屋敷で働くメイド・執事の仕事が分かる資料本『英国メイドの世界』:第一章の試し読み開始
 -出版化時にこだわった「読みやすさ」と「分かりやすさ」

 ■英国ヴィクトリア朝・屋敷や貴族関連の資料/映像をお探しの方にオススメ
 『ダウントン・アビー』を見る前に読んでおきたいカントリーハウスと職場の解説

 -SPQR[英国メイドとヴィクトリア朝研究]更新中




2008-08-09 コミケ参加前に・準備会から緊急連絡

[]新刊『英国メイドの世界』印刷完了! コミケカタログより分厚い

本日ようやく新刊が届きました。「データ上の572ページ」が、「手に持てる572ページ」になりました。新刊、ずっしりと重たく、予想よりも分厚いです。


コミケカタログを超える分厚さ(数ミリですが)、ハードカバーで紙質をあげていれば『ローマ人の物語』にも匹敵できそうな質量です。




自分にとっては、手塩にかけて育てた子供のようなものです。歳月を費やし、魂を削り、ようやく作り出せた一冊です。自分のこの本で、心を動かす人、そして何か得たものを人生に織り込んでくれる人がいることを願います。


表紙・裏表紙は実際に手に取っていただく際に、ご確認下さい。うまく撮影できなかったので。


あとは一週間後、会場に行くだけです。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/spqr/20080809/p2