ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん このページをアンテナに追加 RSSフィード


AMAZON『英国メイドの世界』へ  ■講談社より刊行しました! 屋敷の暮らしと使用人の仕事が分かる『英国メイドの世界』
 -屋敷で働くメイド・執事の仕事が分かる資料本『英国メイドの世界』:第一章の試し読み開始
 -出版化時にこだわった「読みやすさ」と「分かりやすさ」

 ■英国ヴィクトリア朝・屋敷や貴族関連の資料/映像をお探しの方にオススメ
 『ダウントン・アビー』を見る前に読んでおきたいカントリーハウスと職場の解説

 -SPQR[英国メイドとヴィクトリア朝研究]更新中




2008-09-01 嬉しい

[]アキバBlog様にて『英国メイドの世界』が紹介される!

コミケカタログよりも分厚い 「英国メイド」同人誌


この界隈では最も大きく影響力もあるアキバBlog様にて、夏コミの新刊『英国メイドの世界』をご紹介いただけました。オリジナルな情報を追及し、同人誌でしか出来ないことを求めて作り続けてきましたが、あの場にて取り上げていただけたことは嬉しいです。


同時に、ひとつの記事で紹介されることによって自分の知らなかった方たちの言葉を反響として読むことも出来ました。これは、得がたい体験です。先日ネット通販で補充したばかりの新刊は即座に完売しており、アキバBlog様の影響力を示すようです。


今までにメイン記事ではなく関連記事で何度かご紹介いただきましたが、メインで紹介していただくと本当に反響が違いますね。


この機会により多くの読者の方に出会えれば幸いです。


『エマ ヴィクトリアンガイド』(『図解メイド』)との違いは?

ブックマークで拝見したコメントですが、『エマ ヴィクトリアンガイド』は基本的に『エマ』を入り口に、「ヴィクトリア朝全体」を紹介する本です。メイドのひとつひとつの職業に割かれている解説は非常に短いです。


『図解メイド』も同様で、必ずしも「メイドの解説だけ」ではありません。


一方、『英国メイドの世界』はヴィクトリア朝の社会や歴史、文化を省き、メイドが登場した歴史背景に絞り、その上で「ランドリーメイドがどんな仕事をしたか?」「ハウスキーパーがどんな仕事をしたか?」など、個々のメイドの職種に何十ページも費やし、解説しています。こうした個々の職種の解説は、前述の本では1〜2ページの扱いです。


その点で、本の方向性が違っています。


また、実在した英国メイド・使用人の手記を主要参考文献として構成しており、より具体的に彼女たち・彼らが見た世界を、伝えるように作っています。


まったく興味の無い人にとっても読みやすいように設計していますので、今回の新刊に関しては事前の知識がない方も、お楽しみいただけるのではないかと思います。


FAQ:重版はしないのですか? 通販はしていないのですか?

こちら「在庫はございます」が、『とらのあな』にて完売している状況です。現在、委託数の調整中です。もう少々、お待ち下さい。尚、個人による通販は手続きが大変なので行っておりません。


同人イベントでは次回11月のコミティアに参加予定で、そこには既刊をすべて(種類と言う意味で)持って行きます。


web拍手ありがとうございます(2008/09/01)

>09/01 13時

>09/01 20時


ありがとうございます!


>09/01 6時 ローマ人の物語と併置ワラタwwwところでカルタゴは滅ぼされるべきだ


分厚さを示すのにはあれぐらいしかないかと(笑)



>09/01 10時 とら通販の方では新刊がまた完売になっていました。さらに補充の予定はありますか?


お問い合わせありがとうございます。在庫はございます。現在『とらのあな』への補充手配中ですので、今しばらくお待ち下さい。今回は多めに預けられないか、相談中です。


尚、『MAID HACKS』に関しては再度断られてしまいましたので、ご了承下さい。



web拍手ありがとうござます(2008/09/02)

普段はほとんど更新することが無いのですが、今回は反響が大きく、驚いております。


>01時 昨日「楽画喜堂」さんにより、初めてサークルSPQRさんの存在を知った訳ですが、新刊の購入は決定!



ありがとうございます! 「楽画喜堂」様は定期的に見ています。こちらのお知らせもありがとうございます。


>01時 通販品切れです・・・ 重版してほしい・・・。

>11時 とら通販について問い合わせたものです。早速のお答え、ありがとうございました

>19時 うりきれてましたー(泣 再販はするのでしょうか?



お問い合わせ、誠にありがとうございます。こちら上記、FAQに更新いたしましたが、委託先での完売であり、在庫補充の準備中です。今しばらくお待ち下さい。


完売が出ないように部数を多めにお願いしておりますが、こうした系統の本は部数が読めず、先方も最適な予測が難しいと思います。今しばらくお待ちいただければ、幸いです。



>10時 同人誌の評論の信憑性ってどの程度なんでしょうかね。監修の入ってない評論はウィキペディアと大差ない気が


過去のブログにおける制作過程や、創作スタンスが多少は判断基準になるかもしれませんが、直接同人誌をお読みいただく以外に説得力を持ちませんので、機会がありましたらご自身の目でお確かめいただければと思います。



>22時 とらのあなに直接買いに行ったら売り切れていました改めてサークルの人気に気が付く結果に


これまでの読者の方でしょうか? ありがとうございます。いつもは局地的で、地味に活動していますので、光が当たるのは初めてです。今回の総集編は同人活動の集大成、多分二度とは作れない本なので、こうして反響をいただけることはありがたいことです。


委託につきましては、情報が更新され次第、お伝えいたします。


関連するリンク

総集編や同人誌全般、今後に関するFAQ

この日記について

表紙を描いてくださったGENSHIさんのサイト