ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん このページをアンテナに追加 RSSフィード


AMAZON『英国メイドの世界』へ  ■講談社より刊行しました! 屋敷の暮らしと使用人の仕事が分かる『英国メイドの世界』
 -屋敷で働くメイド・執事の仕事が分かる資料本『英国メイドの世界』:第一章の試し読み開始
 -出版化時にこだわった「読みやすさ」と「分かりやすさ」

 ■英国ヴィクトリア朝・屋敷や貴族関連の資料/映像をお探しの方にオススメ
 『ダウントン・アビー』を見る前に読んでおきたいカントリーハウスと職場の解説

 -SPQR[英国メイドとヴィクトリア朝研究]更新中




2008-11-20 『英国メイドの世界』委託再開

[]『英国メイドの世界』再販分の委託再開

『とらのあな』での委託、再開しました。秋葉原店と名古屋店でも扱っているようです。印刷手配も委託再開も、最短で完了しました。


冬コミの当選が確定した段階で印刷準備していましたが、コミティアでの完売は想定外でした。改訂の準備はしきれず、バージョンとしては初版とまったく同じ仕様になっています。


事務連絡のみですが。


そういえば、はてなスターありがとうございます。数年前から久我の同人誌をご存知の方々からいただきましたので、嬉しいです。まだ見ていただけているのだと。


総集編は、その点でも大きな意味を持ちました。


今回のコミティアでは、総集編に期待した「昔、買ってくださった方」との出会いもありました。友人に頼まれた来たという方が、「友人から預かってきた既刊の画像」を見せてくださいました。そこに写っていたのは、2001〜2002年頃にB5で刷った1〜2巻の画像でした。


さらに、2巻を刷った当時(初版は印刷所が違う)をご存知の方もいました。新しく出会う方も大勢いましたが、古くから久我の同人誌を手にして下さった方々と出会えたのは、本当に幸せなことです。


ありがとうございます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/spqr/20081120/p1