ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん このページをアンテナに追加 RSSフィード


AMAZON『英国メイドの世界』へ  ■講談社より刊行しました! 屋敷の暮らしと使用人の仕事が分かる『英国メイドの世界』
 -屋敷で働くメイド・執事の仕事が分かる資料本『英国メイドの世界』:第一章の試し読み開始
 -出版化時にこだわった「読みやすさ」と「分かりやすさ」

 ■英国ヴィクトリア朝・屋敷や貴族関連の資料/映像をお探しの方にオススメ
 『ダウントン・アビー』を見る前に読んでおきたいカントリーハウスと職場の解説

 -SPQR[英国メイドとヴィクトリア朝研究]更新中




2008-12-10 やっと出来た

[]入稿完了

先ほど、無事に支払いも完了し、当日を待つだけとなりました。


委託予定の『とらのあな』に新刊の見積を取ったところ、前回の夏の委託実績が大きすぎたようで、初回では過去最大部数来ました。そんなに頒布できるのか謎ですが、イベント+『とらのあな』で風が吹いたら、在庫ゼロになります。


そんな風に吹かれてみたいです。


というのはさておき、来年に向けての仕込みもまた今週から始めていきます。同人誌のタイトルでつけた「終わりの始まり」は、実は「始まりの終わり」かもしれませんが、やりたいことはまだまだ出来ていません。


今日も新しい資料が届いたので、今週で読んでみようかなと。初版1937年、「貴族に36年間仕えた男性」の手記です。以前、どこかの資料本で見た名前の人ですが、正確には覚えていません。お馴染みのフットマン、Frederic Gorstとほぼ同時代人だと思いますので、とても楽しみです。