ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん このページをアンテナに追加 RSSフィード


AMAZON『英国メイドの世界』へ  ■講談社より刊行しました! 屋敷の暮らしと使用人の仕事が分かる『英国メイドの世界』
 -屋敷で働くメイド・執事の仕事が分かる資料本『英国メイドの世界』:第一章の試し読み開始
 -出版化時にこだわった「読みやすさ」と「分かりやすさ」

 ■英国ヴィクトリア朝・屋敷や貴族関連の資料/映像をお探しの方にオススメ
 『ダウントン・アビー』を見る前に読んでおきたいカントリーハウスと職場の解説

 -SPQR[英国メイドとヴィクトリア朝研究]更新中




2008-12-27 コミケは明日開幕

[]短編「春、ひとり窓際で」公開

去年刊行した『ヴィクトリア朝の暮らしガイドブック』が絶版になり、その中に掲載して処遇が未定だった短編を公開しました。さすがに、もう一度同人誌に掲載するのも難しいので。


久我的なメイド観で描かれており、個人的には気に入っている短編です。未読の方に読んでいただければ幸いです。


「春、ひとり窓際で」


微妙に今回の新刊の短編小説と舞台を重ねていますので、その辺りはコミケの後にでも。


[]気分転換

今日は引き継ぎ資料作成で会社に休日出勤しつつ、その前に、新しく作った眼鏡を取りにいきました。前回作った眼鏡がスーツに合いにくいので、今回は三年前に作ったのと同じメーカーの眼鏡に新調しました。眼鏡が変わると視界が変わるというか、気分が変わりますね。


ローマ亡き後の地中海世界(上)

ローマ亡き後の地中海世界(上)



こちらを読み終わりましたが、すべてがこれまでの塩野さんの著作へ繋がっていて、驚きました。塩野七生さんはヨーロッパを、キリスト教とイスラム教を描きつくそうとしています。


下巻を早く読みたいです。


ということもありつつ、コミケの準備も始めました。