ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん このページをアンテナに追加 RSSフィード


AMAZON『英国メイドの世界』へ  ■講談社より刊行しました! 屋敷の暮らしと使用人の仕事が分かる『英国メイドの世界』
 -屋敷で働くメイド・執事の仕事が分かる資料本『英国メイドの世界』:第一章の試し読み開始
 -出版化時にこだわった「読みやすさ」と「分かりやすさ」

 ■英国ヴィクトリア朝・屋敷や貴族関連の資料/映像をお探しの方にオススメ
 『ダウントン・アビー』を見る前に読んでおきたいカントリーハウスと職場の解説

 -SPQR[英国メイドとヴィクトリア朝研究]更新中




2009-02-02 時代が追いかけてくる

[]BBC『Victorian Farm』

この前、AMAZONでドラマを探していた時、レコメンドの中に『Victorian Farm』というのがありました。BBCの番組のようでしたが、まだDVDは発売していないので、先に番組の副読本を買いました。これがやばい。久しぶりにやばいです。


どれぐらいやばいかと言えば、『マナーハウス』『英国ヴィクトリア朝のキッチン』レベルのやばさです。BBCはかつて『Victorian Kitchen Garden』『Victorian Kitchen』『Victorian Flower Garden』の三部作を作っていましたが、これは十年以上の歳月を経て続くシリーズでしょうか?


Victorian Farm: Rediscovering Forgotten Skills

Victorian Farm: Rediscovering Forgotten Skills



1885年の英国での田園生活(カントリーハウスでは無いですが、GAMEKEPPER的な仕事やDAIRYMAID的な仕事も非常に多い)を知る上では、稀な資料です。


ついでに、『Duchess』という映画もDVDで出るようですが(キーラ・ナイトレイ主演)、最近読んでいる使用人の資料本に彼女が出てきてびっくりしました。デヴォンシャー公爵夫人である彼女が、育児に関して、母とやり取りしていた手紙の一節を読みました。




最近、『Cranford』や『Lark Rise』などで英国内でもヴィクトリア朝が熱くなっているんでしょうかね? 辺境を歩いていると思ったら、時代が追いかけてきています。何かこう、同人誌を英語で出せばそこそこ売れる気もしました。


おまけですが、2月の間にブリティッシュ・エアウェイズで予約をすると、東京〜ロンドン間のエコノミークラス往復チケットが35,000円からというキャンペーンが始まっています。詳細見ていませんが、出発期間は9月まであるので、今年はこれを使って安く行きたいなぁと思います。


ついでに以前書いた、『Little Dorrit』と『THE TUDORS』のDVDも来ました。さらに雑談ですが、ヴィクトリア朝で英国AMAZONでDVDを探していたら、『エマ』のアニメ版DVDが出てきました。評価まで見ていませんが、INTERNATIONALですね。


当日記内で紹介しているイギリスの映画・ドラマ関連


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/spqr/20090202/p1