ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん このページをアンテナに追加 RSSフィード


AMAZON『英国メイドの世界』へ  ■講談社より刊行しました! 屋敷の暮らしと使用人の仕事が分かる『英国メイドの世界』
 -屋敷で働くメイド・執事の仕事が分かる資料本『英国メイドの世界』:第一章の試し読み開始
 -出版化時にこだわった「読みやすさ」と「分かりやすさ」

 ■英国ヴィクトリア朝・屋敷や貴族関連の資料/映像をお探しの方にオススメ
 『ダウントン・アビー』を見る前に読んでおきたいカントリーハウスと職場の解説

 -SPQR[英国メイドとヴィクトリア朝研究]更新中




2009-02-13 コミティア87参加予定

[]コミティアでの活動振り返り

2月は例年、他の月に比べると参加者が多くなかったと思いますが、2004年02月が確かコミティア初参加なので、5年が経過しましたね。コミティアの雰囲気を何も知らず、400冊ほど持ち込んで大変な目に遭ったのはいい思い出です。


文章、評論は本当に人通りが少ない=読まれる機会さえ少ない、です。読まれた上で駄目だしされるのは仕方がありませんが、手にさえ取られないのは辛いです。その点で、如何に自分の本を見つけてもらうか、というのは同人誌における最も重要な要素のひとつです。


わかる人にだけわかればいいと思うこともありましたが、やはり自分が好きなものを多くの人にわかって欲しいです。それに、他の人の中にも「それを好きになる要素・共通点がある」と、会場を訪れてくれた方に教わった時から、「接点を作る」ことの楽しさを覚えています。


相手のゼロを1にするのではなく、相手の中にある気づかない1を、1として認めてもらう、というのでしょうか? これも『Under the Rose』5巻の共通点を作るゲーム、のようなものかもしれませんが、相手に伝わるように伝えることの難しさと楽しさを、学んでいます。


コミティアでは直接参加していてもまったく手ごたえの無い時期も続きましたし、むしろ委託の方が読者に読まれることもありましたが、自分で手ごたえを感じる本を作れた時にはしっかりピックアップしてもらえました。陳腐な言い方かもしれませんが、自分の地力を鍛えてくれる・ベンチマーク的なイベントです。


そんなこんなで、今回は若干退路の確保に問題があるかも知れず、搬入部数は当初予定よりも少なめにしました。ティアズマガジンの効果が消えていると思うので、そろそろ落ち着くような気もしています。


6巻がそろそろ在庫切れ、7巻も僅少な状況になってきました。さすがにあの厚さに匹敵する総集編を二度は作れないので(マインドと内容的に)、この後どうするかは無くなってから考えます。


なにかこう、最近守ってしまっているので、攻めに出るような馬鹿げた本を作れないか模索中です。「こいつ、やばい」と驚かせるような情熱を注いだ本を作りたいわけですが、ちょっとまだきっかけが掴めません。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/spqr/20090213/p2