ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん このページをアンテナに追加 RSSフィード


AMAZON『英国メイドの世界』へ  ■講談社より刊行しました! 屋敷の暮らしと使用人の仕事が分かる『英国メイドの世界』
 -屋敷で働くメイド・執事の仕事が分かる資料本『英国メイドの世界』:第一章の試し読み開始
 -出版化時にこだわった「読みやすさ」と「分かりやすさ」

 ■英国ヴィクトリア朝・屋敷や貴族関連の資料/映像をお探しの方にオススメ
 『ダウントン・アビー』を見る前に読んでおきたいカントリーハウスと職場の解説

 -SPQR[英国メイドとヴィクトリア朝研究]更新中




2009-10-30 秋だと思ったらもう冬がすぐそこに

[]コミックマーケット77(冬コミ)3日目当選

本日、当落通知のメール送信があり、無事に当選が判明しました。


開催日:2009/12/31(木) 東地区“ミ”ブロック−14a


2年前の冬に1度だけ"ミ"ブロックを経験しましたが、その時の経緯からすると創作ジャンル・メイド島ではないものの、過去最大級に広い(壁に次ぐ)場所のようです。そうだ、あの配置で総集編を作れていたらと悔やんだのを思い出しました。記憶が正しければ、通常の1.5倍搬入できそうなぐらい広いです。


今回はそれほどスペースを使う在庫も既刊も無く、メイド島を離れてしまったと思えること(未確認)は残念ですが、出版前の最後のコミケなので出せる情報や既刊との相違などを示せたら良いなぁと思います。


そして、気合が入れば、使用人編の最終巻となる『使用人の時代の終わり』を新刊として出します。今現在、出版用の原稿を作っており、その過程で相当な鍛錬を積みました。今ならば、日本で最も使用人の歴史に詳しいといえるだけの自負を得ました。状況は変化するので、すぐ引っ込めるかもしれませんが。


いずれにせよ、材料は揃っているので後は時間との兼ね合いです。本気で出版原稿をやらないといけないので、最低限保障可能なのは、最終巻の準備号ぐらいですね。とにかく、コミケに当選したら新刊を出すことは自分との約束でもあるので、連続刊行記録を守るためにも、頑張りたいものです。


さすがにメイドジャンルを離れていると地形効果的な劣勢は否めず、普段来ていただいている方に忘れられてしまう可能性もありますので、事前に出せる限りの情報は出すようにします。


細々とtwitterも始めていますので、興味のある方はどうぞ。


https://twitter.com/kuga_spqr


またいろいろと考えねばねば。(by ファー様)


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/spqr/20091030/p1