ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん このページをアンテナに追加 RSSフィード


AMAZON『英国メイドの世界』へ  ■講談社より刊行しました! 屋敷の暮らしと使用人の仕事が分かる『英国メイドの世界』
 -屋敷で働くメイド・執事の仕事が分かる資料本『英国メイドの世界』:第一章の試し読み開始
 -出版化時にこだわった「読みやすさ」と「分かりやすさ」

 ■英国ヴィクトリア朝・屋敷や貴族関連の資料/映像をお探しの方にオススメ
 『ダウントン・アビー』を見る前に読んでおきたいカントリーハウスと職場の解説

 -SPQR[英国メイドとヴィクトリア朝研究]更新中




2009-11-11 高校時代の友人の誕生日だった

[]コミティア90・つ20bで参加予定

開催日時:2009/11/15(日) 11:00〜15:30

開催場所:東京ビッグサイト

スペース:つ20b

開催情報:コミティア公式/http://www.comitia.co.jp/


前回参加は5月なので、半年振りの参加です。夏コミと変わらぬ構成ですが、『英国執事の流儀』のコミティアデビュー戦です。それ以外の新刊はありません。


頒布予定物

8巻 『この倫敦の、空の下で』(短編50本?)
1,000円
9巻 『終わりの始まり』(スチュワード解説・使用人の死の記録など)
 500円
番外編『MAIDHACKS』(実在の使用人のエピソード集・100本以上)
 500円
新刊 『英国執事の流儀』(実在の執事の仕事の仕方)
 700円


初めての方には『英国執事の流儀』+『MAID HACKS』をオススメしています。既存資料で物足りない上級者の方は『終わりの始まり』がニーズにあうと思います。メイド創作を読みたい方には、『この倫敦の、空の下で』がよいかと。


尚、9巻は今回の配布(3冊)で、残りは同人ショップへの委託のみとなります。冬コミ前に一度委託先から引き取るかもしれませんが、コミティア当日に完売の際はご容赦下さい。


新刊『英国執事の流儀』詳細


同日開催

同日にpixivのイベントもあります。


http://market.pixiv.net/index.php


ちょっと立ち寄ってみたいものの、スペースを離れられず……サークルリストも公開されていて、絵を見るだけでも楽しいですね。有名な方(あまり詳しくない久我でも知っている)も見かけます。


あと、上記サイトで面白いのは「同人制作相談窓口」ですね。あ、終わっていた……


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/spqr/20091111/p1