ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん このページをアンテナに追加 RSSフィード


AMAZON『英国メイドの世界』へ  ■講談社より刊行しました! 屋敷の暮らしと使用人の仕事が分かる『英国メイドの世界』
 -屋敷で働くメイド・執事の仕事が分かる資料本『英国メイドの世界』:第一章の試し読み開始
 -出版化時にこだわった「読みやすさ」と「分かりやすさ」

 ■英国ヴィクトリア朝・屋敷や貴族関連の資料/映像をお探しの方にオススメ
 『ダウントン・アビー』を見る前に読んでおきたいカントリーハウスと職場の解説

 -SPQR[英国メイドとヴィクトリア朝研究]更新中




2010-03-14 コミケットスペシャル5用ペーパー

[][]「使用人の賃金事情」

コミケットスペシャル5向けに、ペーパーを作りました。印刷所に入稿しましたが、同人イベントに完璧に間に合うかちょっと分かりません。



仕様

タイトル:ヴィクトリア朝の暮らし補遺vol.4 使用人の賃金事情

値段  :無料配布

サイズ :A5判

ページ数:8ページ

頒布開始:2010/03/22(木)

イベント:コミケットスペシャル5 4階 E11a


制作

筆者     :久我 真樹(サークルSPQR


内容

1:使用人の賃金決定要因

2:具体的な使用人の職種ごとの賃金実例

3:当時の労働者の生活水準との比較

4:雇用主の年収による雇用数モデル


基本的にはメイド関係の本を読んでいる方には馴染みがあるもので、今回は資料の考察レベルにはいきませんでしたが。


過去に同人イベントで資料色が強すぎるものはペーパーとして作り、『ヴィクトリア朝の暮らし補遺』という名前で作ってきました。最後に作ったのは2005年帝國メイド倶楽部のvol.3で、久しぶりのペーパーとなります。5年ぶりですね、ちょっとこの間隔に自分でも驚いていますが。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/spqr/20100314/p1