ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん このページをアンテナに追加 RSSフィード


AMAZON『英国メイドの世界』へ  ■講談社より刊行しました! 屋敷の暮らしと使用人の仕事が分かる『英国メイドの世界』
 -屋敷で働くメイド・執事の仕事が分かる資料本『英国メイドの世界』:第一章の試し読み開始
 -出版化時にこだわった「読みやすさ」と「分かりやすさ」

 ■英国ヴィクトリア朝・屋敷や貴族関連の資料/映像をお探しの方にオススメ
 『ダウントン・アビー』を見る前に読んでおきたいカントリーハウスと職場の解説

 -SPQR[英国メイドとヴィクトリア朝研究]更新中




2010-05-03 意外と更新していた資料サイト

[]連休中にオススメの上流階級・屋敷・メイドの映像作品3作

喜劇であれば、オスカー・ワイルド原作で華やかな雰囲気のアーネスト式プロポーズ(『真面目が肝要』)が最適です。コリン・ファースが非常にいい味を出していますし、個人的にはイギリスで最も好みなデザインの屋敷が様々に登場します。


ミステリ的・クリスティー的雰囲気であれば、1930年代を舞台にしたゴスフォード・パークがオススメです。こちらは使用人も主人公とした極めて珍しく、本格的な作品です。


もっと現実的な世界が見たい方には、エドワード朝の屋敷を舞台に、現代人が使用人の生活を体験するドキュメンタリーMANOR HOUSE(マナーハウス) 英國発 貴族とメイドの90日があります。相当濃いので、残り少ないGWを余計に少なくするかもしれませんが、屋敷の裏事情が分かる作品です。


アーネスト式プロポーズ [DVD]

アーネスト式プロポーズ [DVD]

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/spqr/20100503/p2