ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん このページをアンテナに追加 RSSフィード


AMAZON『英国メイドの世界』へ  ■講談社より刊行しました! 屋敷の暮らしと使用人の仕事が分かる『英国メイドの世界』
 -屋敷で働くメイド・執事の仕事が分かる資料本『英国メイドの世界』:第一章の試し読み開始
 -出版化時にこだわった「読みやすさ」と「分かりやすさ」

 ■英国ヴィクトリア朝・屋敷や貴族関連の資料/映像をお探しの方にオススメ
 『ダウントン・アビー』を見る前に読んでおきたいカントリーハウスと職場の解説

 -SPQR[英国メイドとヴィクトリア朝研究]更新中




2010-08-13 コミックマーケット78開幕

[]コミックマーケット78/3日目・15日(参加予定告知)

開催日時:2010/08/15(日) 10:00〜16:00

開催場所:東京ビッグサイト

スペース:西2ホールさ19a

コミックマーケット公式


17回目の参加となります。今回、新刊は『英国メイドにまつわる7つの話と展望』です。コピー本だと自分で誤解していましたが、印刷所に依頼しているので「白黒・オフセット印刷」12ページの冊子になります。


頒布予定物

『この倫敦の、空の下で』(短編50本?)
1,000円
『MAIDHACKS』(実在の使用人のエピソード集・100本以上)
 500円
『英国執事の流儀』(実在の執事の仕事の仕方)
 700円
『英国メイドの世界』ができるまで(『英国メイドの世界』出版化ご報告)
 300円
『英国メイドにまつわる7つの話と展望』(英国メイドの解説とメイドの時代の終わりに向けて)
 100円


テンプレ化している紹介文ですが、初めての方には『英国執事の流儀』+『MAID HACKS』をオススメしています。メイド創作を読みたい方には、『この倫敦の、空の下で』がよいかと。「『英国メイドの世界』ができるまで」は、今まで同人イベントで出会ってきた読者の方や、『英国メイドの世界』をお買い求めいただいた方向けの内容です。


関連情報

既刊の紹介/2007〜2009年の新刊/9年間の同人活動を振り返る


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/spqr/20100813/p1