ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん このページをアンテナに追加 RSSフィード


AMAZON『英国メイドの世界』へ  ■講談社より刊行しました! 屋敷の暮らしと使用人の仕事が分かる『英国メイドの世界』
 -屋敷で働くメイド・執事の仕事が分かる資料本『英国メイドの世界』:第一章の試し読み開始
 -出版化時にこだわった「読みやすさ」と「分かりやすさ」

 ■英国ヴィクトリア朝・屋敷や貴族関連の資料/映像をお探しの方にオススメ
 『ダウントン・アビー』を見る前に読んでおきたいカントリーハウスと職場の解説

 -SPQR[英国メイドとヴィクトリア朝研究]更新中




2017-08-14 NHKのラジオ番組出演予定

[]NHKラジオ第1『DJ壇蜜のSM( Selected Music)』vol.2 8/17放送 21:05-21:55にメイド解説で出演予定

放送予定

先に放送時間をお伝えしておくと、8/17放送 21:05-21:55の間で、10-15分ほどの時間になるはずです。放送時間では最後の曲紹介を私の収録後に行っていたので、21:30以降なのではないかと思いますが、壇蜜さんのトークや言葉の選び方が卓越していて面白かったので、是非最初から聞いてみてください。


http://www.nhk.or.jp/radiosp/djdmsm/


ラジオ出演の件を伝えた複数名から「家にラジオがないので聞けない」と言われましたので、NHKのラジオが聴ける公式アプリを紹介しておきます。FMでアニソン三昧などを行う時にインストールしていました。


https://www.nhk.or.jp/radio/info/app.html


経緯と諸々

先月半ばに、NHKのラジオ番組ディレクターの方からメールがあり、「壇蜜さんの番組でメイドブームを解説して欲しい」

との依頼を受けました。番組はNHKラジオ第1『DJ壇蜜のSM( Selected Music)』で、「M」にまつわるものとして、壇蜜さんが「メイド」を取り上げて欲しいとリクエストされたとのことです。


面白そうなのですぐに引き受けさせていただきました。まず、NHKというメディアでメイドブームの話ができることの意義と、壇蜜さんにメイドの話をすることで学ぶことも多かろうと。さらに、壇蜜さんにお会いできる機会がこの先にあるとは思えなかったことも要因となります。


とはいえ、電話収録かスタジオ収録かわかりませんでした。電話では相手の顔が見えないので話しにくいと思いつつも、壇蜜さんを前に緊張せずに話せるのか、という葛藤がありつつ、お会いしてみたいを優先して「スタジオ収録の都合に合わせます」とお願いしたところ、8月4日に渋谷のNHKでの収録に参加することができました。


なおかつ、NHKのアナウンサーの方も番組を一緒に行っているとのことで、興味がさらにあったのも事実です。10年ぐらい前から4年ほどボイトレに通っていたこともあり、人の声が気になり、特にNHKのアナウンサーは人を安心させる声の響きをしていて、興味がありました。その声を生で聴けるのも、自分にとっては大きな機会です。


逆に、自分の声がボイトレをしていた時代からは遥かに悪化しているのも自覚していました。ここ数年はトレーニングを怠っており、かすれたり、響かなかったりとあまり良い状態ではなく、事前に少しだけ準備をしていきましたが、撃沈しました。声質についてはスルーしてください……


あと、当日は10分の収録と考えて準備していたのですが、「放送が10分」で、「収録は良い物を使う」ために、実際には45分ぐらい話していたと思います。スタジオは私の隣に壇蜜さんがいて、私の向かいに番組ディレクター、その隣に高市アナウンサーが座る形で、非常にリラックスして話しやすい雰囲気でした。


当日の模様は放送後に、また放送された範囲内の補足の範囲で行います(公開されていない物は書きません)。


余談ですが、ラジオ出演は2011年に水樹奈々さんのラジオにお呼びいただいてから、2度目になります。あの時に回答できなかった様々なメイドの研究も積み重ねてきたので、その点では新刊をお届けしたいと思っています。


ラジオ放送前にお伝えしておくこと

今回、事前の準備が不足(情報があっても、短い時間で説明する為の準備)がありました。そのため、萌え萌え的なメイド喫茶が台頭した理由を十分に説明できませんでした。論理が飛躍してしまったので、放送されていないかもです。この辺は、出版の方でしっかりと解説しています。


また、「メイド喫茶がユニークな場所」であるその魅力を、十分に伝えるだけの説明をできませんでした。そのことに不足を感じる方もいると思いますが、ご容赦ください。


細かいところも放送してから出ると思いますので、放送後に補足します。


どのような形にせよ、メディア慣れしていない人間がメディアで語ることの難しさを感じた次第です。あと、ラジオの収録は後での編集を想定して、余裕を持って進めていました。そこに、あまり慣れていない人間が入ってしまったので、やや間が難しく、壇蜜さんと高市アナウンサーに大きく引っ張っていただけました。


収録では、私が驚くような壇蜜さんのエピソードやコメントも出てきましたので、それが放送されたならば、私があの場に行ったことに意味があったと思いますし、公共の電波で『Piaキャロットへようこそ!!2』や『アンナミラーズ』などの言葉が出ていれば、初めて音声化されたかもしれないので面白いと思います。


2017-08-09 少しずつ進捗

[]『日本のメイドカルチャー史(仮)』絶賛校正中 & 予約開始?

『日本のメイドカルチャー史(仮)』進捗報告と、ついでにコスプレのメイドブーム考察(2017/07/22)で近況を記載した通り、1-4章の校正を進めています。今のところ順調に進み、この金曜日・土曜日で終了する予定です。


来週に打ち合わせをしつつ、残りの5-7章分の校正を続けて行う見込みです。こういうスケジュールが予見されていたので、今年の夏コミは申し込んでいません。冬コミは何か出したいとは思うのですが。


そんな最中、『日本のメイドカルチャー史(仮)』の上下巻が、Amazonに出現して予約できるようになりました。上巻600ページ、下巻700ページ見込み、1冊4000円(税抜き)という、『英国メイドの世界』2冊分ぐらいの勢いです。


https://www.amazon.co.jp/dp/4065103991


表紙画像なども出るタイミングが整いましたら、ご紹介します。