ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん このページをアンテナに追加 RSSフィード


AMAZON『英国メイドの世界』へ  ■講談社より刊行しました! 屋敷の暮らしと使用人の仕事が分かる『英国メイドの世界』
 -屋敷で働くメイド・執事の仕事が分かる資料本『英国メイドの世界』:第一章の試し読み開始
 -出版化時にこだわった「読みやすさ」と「分かりやすさ」

 ■英国ヴィクトリア朝・屋敷や貴族関連の資料/映像をお探しの方にオススメ
 『ダウントン・アビー』を見る前に読んでおきたいカントリーハウスと職場の解説

 -SPQR[英国メイドとヴィクトリア朝研究]更新中




2017-11-03 久しぶりに同人イベントの参加告知

[]コミックマーケット93(冬コミ)当選

ということで、2017年12月31日開催のコミックマーケット3日目に、サークル「SPQR」として東ト16bのスペースで参加することが決まりました。前回参加が2016年夏コミ(コミケ90)なので、だいたい1年4ヶ月ぶりです。


Webコミケカタログ上の配置情報
 https://webcatalog.circle.ms/Map#13604518/day=Day3/hall=e456/scale=1


お誕生日席です。さらにお隣のサークル「辺土研究所」は「東京大学メイド研究会」が前身となる筋金入りのメイドサークルです。サークル配置担当の方たちは、分かりすぎている布陣にしてくれました。


最近、「日本のメイドブーム関連の同人誌が多いから、評論」として申し込みました。考えていたのは『日本のメイドカルチャー史』の製作裏話的なものです(情報を補完するものは、基本的にはウェブ公開していくスタンス)。ところがスイッチが入ったため、準備し続けていた『名探偵ポワロ』のドラマ版全使用人リスト本を作ろうと思っています。


「どこが日本のメイドブームか?」と問われれば、「私の原点」と答えます。


加えて、最高峰の執事小説『日の名残り』の著者カズオ・イシグロノーベル文学賞を受賞したのを記念して、カズオ・イシグロの同人誌を作ろうかと画策中です(多分ペーパー)。


なお、コミケは商業出版本の頒布がNGのため、『日本のメイドカルチャー史』を持っていくことができません。

というところで、出版が一段落したので、コミケに時間を使っていきます。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/spqr/20171103/p2