ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん このページをアンテナに追加 RSSフィード


AMAZON『英国メイドの世界』へ  ■講談社より刊行しました! 屋敷の暮らしと使用人の仕事が分かる『英国メイドの世界』
 -屋敷で働くメイド・執事の仕事が分かる資料本『英国メイドの世界』:第一章の試し読み開始
 -出版化時にこだわった「読みやすさ」と「分かりやすさ」

 ■英国ヴィクトリア朝・屋敷や貴族関連の資料/映像をお探しの方にオススメ
 『ダウントン・アビー』を見る前に読んでおきたいカントリーハウスと職場の解説

 -SPQR[英国メイドとヴィクトリア朝研究]更新中




2014-09-13 メイドには人生を変える力がある?

[]『シャーリー』2巻・11年ぶりの新刊発売と、そこから思う自分のメイド研究活動



『シャーリー』2巻が発売となりました。私は『シャーリー』2巻発売記念原画展 in シャッツキステに資料提供を行い、発売前から『シャーリー』2巻発売に関われるきっかけをいただいていたり、『シャーリー』という作品に派生して、英国メイドを巡る同人活動を思い出したりと、私にとっては「11年前の過去」と、「その11年後の未来である現在」を繋ぐものでもあり、なかなか作品だけでのコメントにはなりにくいと、いざ感想を書こうとして思う次第です。


11年前の思い出

ということで、先に11年前の思い出を書いたのが以下のテキストです。



『シャーリー』という作品の希有さ

だいたい書きたいことはTwitterかブログのライフワークという作品に接することが出来る幸せに書いてしまっているのですが、『シャーリー』は森薫さんの作品の中では異なる位置づけに思います。それは『エマ』乙嫁語り』というメインストリームとなる、「自身を高めて究極を描こうとする道」あるいは「読者と作家の対峙」を感じる作品に対して、「ただ好きなことを、自然体に好きに描く」ことが徹底して、それが世界観と作家性を素晴らしく反映しているように私には見えます。


そう言う意味では、この時代に、「英国メイド」を好きなだけ描ける立場にあること、そしてそれが商業として出せていることに、森薫さんがこれまで切り開いてきた在り方を思わずにいられません。


こうした雰囲気を同じく感じたのは、『エマ』本編完結後の外伝で、ディテールの彫り具合や視点の多様性、キャラクターの魅力をひたすら追求するスタンスは変わっていないように思いますし、11年を経て、過去の作品と比べて作家としての変わっているところ、変わらないところもあるのだと。


何よりも森薫さんの「今」を知ることが出来るのは、ここまで長い時間を経ても「単行本」として刊行した『シャーリー』なればこそでしょう。


2巻の感想

「読めば分かる!」の一言で。


私個人としては、『「あとがきちゃんちゃらマンガ」メイド漫画で今日も元気!!』での自家発電のあまりの高エネルギーっぷりに憧れ、「メイドを描かせておけばおおむね健康な森薫です!!」と言い切れる点に、「自分のここ数年の元気不足=メイドについてしっかり描いていない」からではと自覚させられる次第です。


というだけでは短いので、追記します。




英国メイド資料の現在 11年前からの飛躍的な進化

というところもありつつ、英国メイド資料について最後にふれておくと、もはや日本人が新しく「メイド」について書く必要がないところまで来ているというのが、私の偽らざる心情です。第一にほぼ網羅的な資料が出そろっていること、第二に、こちらの方が重要ですが、「英書の翻訳」が進んでいます。『ヴィクトリアン・サーヴァント』日本版が30年を経て翻訳された2005年と異なり、今や2010年代以降の研究書が翻訳されたりしています。


2010年代以降、『図説英国メイドの日常』『英国メイド マーガレットの回想』『図説英国執事』『図説メイドと執事の文化誌』『エドワーディアンズ』,そして9月に『図説英国貴族の令嬢』と精力的に刊行される村上リコさんの活躍を抜きに語れないとともに、『ダウントン・アビー』での盛り上がりを受けて、最近では『おだまり、ローズ』『使用人が見た英国の二〇世紀』なども翻訳されていることも大きな出来事です。


『おだまり、ローズ』は私が『英国メイドの世界』を書く上で最も参考にした本の一冊で、それが翻訳されて発売されることの大きさは、なかなか理解されがたいかもしれませんが、侍女という生き方について、そして大きな屋敷で働く家事使用人について、これほど素晴らしい資料はありません。


最近『おだまり、ローズ』を刊行した白水社様では書店フェアもしているようで、新井潤美先生による関連書籍紹介に『英国メイドの世界』も加えて頂けていたので、以下に。



最後に

『シャーリー』2巻発売は自分にとって得難い経験をくれています。それは、「森薫さんと、同じ場にいること」の実現です。2007年に『マナーハウス』日本語版が出たときは、副読本上で名前が同じ場に載りましたが、今回のシャッツキステとのイベントで、場を同じくすることが出来ました。








『シャーリー』2巻の感想になりませんでしたが、『シャーリー』1巻からの11年間という時間の長さと、11年後の2025年にも、このように振り返っていそうな気もしています。


何はともあれ、あの頃、メイドが好きだった人々がもう一度集まるきっかけになることを願いつつ、最高作品である『シャーリー』が、新しくメイドを好きになる人々にとって入り口となることを願って。


2014-09-01 『シャーリー』2巻発売記念原画展 in シャッツキステ

[]シャッツキステの『シャーリー』2巻発売記念・森薫先生原画展に資料展示協力

ということで、お声がけ頂き、『シャーリー』2巻発売記念・森薫先生原画展イベントに協力することと相成りました。










2014-05-17 ライフワークという作品に接することが出来る幸せ

[]森薫さんの『シャーリー』新作が『ハルタ』2014-MAYに掲載 メイドの神様が再降臨

asin: 4047296562:detail

ということで、早速購入してきました。感想はTwitterでのつぶやきからです。














2014-05-12 本放送は寝過ごして1時間経過から

[]『ダウントン・アビー』第一話放送の感想諸々とおすすめのコスチュームドラマ等

放送当日、寝過ごして、1時間経過後の視聴でした……

放送中



ベイツとトーマスの関係性(ヴァレットとフットマン)








放送前日



昔を懐かしむ

2014-05-10 時は来た

[]『ダウントン・アビー』、NHK総合で5/11より午後11時から放送

2010年に紹介した『Downton Abbey』(ダウントン・アビー)は「屋敷と使用人」の史上最高レベルの映像作品(2010/12/02)
が、いよいよNHK地上波で放送です。


NHK公式サイト ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館


だいたいの方向性や紹介は以前のブログに書いた通りですが、「階上」(主人たちの世界)と「階下」(使用人の世界)の登場人物がとにかく多いので、事前に予習、もしくは何度も繰り返し見ることをオススメします。


今、英国での放送が続くこの作品は第4シーズン(外伝2本でしたか)ぐらいまで進んでいます。日本では既にスター・チャネルなどで放送していますので、そちらの公式サイトで、キャラクター相関図を見られるのも良いと思います。


こうした本格的な海外ドラマがNHK地上波で放送されるのは久しぶりに思えるので、とても楽しみにしています。


今でも『名探偵ポワロ』の話をすると会社でも話が通じる人がそこそこ多いのは、NHK地上波の力で、そうしたドラマというバックグラウンドがあっての19世紀的な英米趣味(『高慢と偏見』や『シャーロック・ホームズの冒険』『大草原の小さな家』、世界名作も)は影響を受けたと思うのです。『エマ』森薫さんや『Under the Rose』船戸明里さんなどの作家の方々が登場していったのも、あの時代ならではと、私は思います。


なので、『ダウントン・アビー』を見ることがクラシック的な世界の始まりとなり、自分が研究をするきっかけになった『名探偵ポワロ』ドラマのような影響を受ける人が出て欲しいなと思うとともに、この20年でだいたい「メイド知識」は書き尽くされているので、その先に通じる景色を見たいですね。


だいたいもう、私たちは日本でのメイド研究について、30年以上のときを経ています。なので、いまさら新しい知識というものはほとんど出てきません。しかし、繰り返し、基礎的な話が繰り返されます。興味がある方は、是非、「本」に接して下さい。


日本の英国メイド関連本の刊行30年史


また、『ダウントン・アビー』を見る前に読んでおきたいカントリーハウスと職場の解説(2011/08/16)にて、無償で読める情報も記してありますので、こちらもどうぞ。


何はともあれ、NHK総合という最も大きなメディアで、「英国メイド」「英国執事」「英国貴族」的な世界を一緒に楽しめる時間が、ようやく訪れたことを、感謝いたします。


The World of Downton Abbey

The World of Downton Abbey




私の著書の紹介

講談社より出版

英国メイドの世界

英国メイドの世界




同人誌(電子書籍かあり)

『英国メイドの世界』の続編的位置づけ・「最盛期から衰退の時代へ」

英国メイドがいた時代


英国執事の「執事としての働き方」(流儀)に光を当てた一冊

英国執事の流儀