ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん このページをアンテナに追加 RSSフィード


AMAZON『英国メイドの世界』へ  ■講談社より刊行しました! 屋敷の暮らしと使用人の仕事が分かる『英国メイドの世界』
 -屋敷で働くメイド・執事の仕事が分かる資料本『英国メイドの世界』:第一章の試し読み開始
 -出版化時にこだわった「読みやすさ」と「分かりやすさ」

 ■英国ヴィクトリア朝・屋敷や貴族関連の資料/映像をお探しの方にオススメ
 『ダウントン・アビー』を見る前に読んでおきたいカントリーハウスと職場の解説

 -SPQR[英国メイドとヴィクトリア朝研究]更新中




2011-12-18 階下の世界・屋敷で働く人々の姿を細部まで照らした描いた最新刊

[][]『Under the Rose』7巻 春の賛歌 感想

待望の『Under the Rose』の新刊が発売されてから、しばらく時間が経過しました。本来はすぐ感想を書きたかったのですが、私にとって『Under the Rose』という物語は特別で、自分自身を問われるように内奥へ入り込んでくるもので、なるべく丁寧に味わい、咀嚼し、堪能してから感想を書きたい想いがありました。


ざっくりと『Under the Rose』7巻・最新刊発売(2011/10/01)に記してから間隔が開きましたが、ようやく体勢が整ったので感想を書きます。


Under the Rose 7 春の賛歌 (バーズコミックス デラックス)

Under the Rose 7 春の賛歌 (バーズコミックス デラックス)



ネタバレを回避しての感想で、抽象的な話に終始せざるを得ませんが、「出口が見えるようで、見えない迷路」のようなこの物語は様々に読者を翻弄する筋立てをしていますが、段々と終息に向かっており、伯爵と伯爵夫人、そして二男のウィリアムを軸としたストーリーは激しさを増していきます。


家事使用人描写の頂点に達する7巻の「階下の人間模様」

今回の新刊で、『Under the Rose』はまた新しい側面を見せてくれました。それは、「家事使用人の多面性」です。主人に忠義を尽くす姿があり、同僚との信頼関係がある一方で、上級使用人・下級使用人の立場の間には壁があることです。


私は屋敷で暮らす貴族の日常生活を知りたくて、家事使用人の研究を始めました。そして家事使用人を研究することを通じて、彼らが照らし出す「貴族」の姿を数多く見ました。仕えた人々を学ぶことは、仕えられた人々を知ることにも繋がるのです。この点で、『Under the Rose』という物語が進行・深化していく中で、貴族たちが描かれれば描かれるほどに、家事使用人の存在感が極めて強い光を放っていきます。


屋敷の運命共同体としての家事使用人。


家事使用人の圧倒的な存在感。


家事使用人たちが日常生活で「家事」をする姿が描かれるだけではなく、屋敷に訪れた「危機的状況下」で執事やハウスキーパー、侍女、ハウスメイド、そしてガヴァネスがどのように振る舞うのか、その姿が、今回の物語の中核を成しています。


伯爵の物語は劇的な展開を迎えていきますが、物語の根幹にかかわるネタバレになるので、私の立場としては以下の2点に触れておきたいと思います。正直なところ、日本でこのレベルで「階上と階下の緊張感」を描ける方がいる殊に驚きますし、今、イギリスでこの作品を「ドラマ」にしても何の不思議もないでしょう。このレベルの作品を私は映像として視聴したいです。本当に、海外展開しないでしょうか? 極めて上質の作品です。


1.屋敷内のヒエラルキー

以前から『Under the Rose』は階下の人間関係の綺麗な信頼関係だけではなく、そこに存在する「使用人同士のヒエラルキー」を描いてきました。たとえば主人に近い立場にある上級使用人(執事、ハウスキーパー、侍女、ナースなど)は主人に直接接して忠義を尽くす立場にあり、下級使用人とは経歴も立場も待遇も違います。


下級使用人にとっては、上級使用人が「屋敷の主人」として君臨することも珍しくありません。しかし、すべての局面において「上級使用人」が支配的とは限りませんし、常に「下級使用人」が虐げられるものでもありません。私が『Under the Rose』を非凡だと思うのは、この「立場の逆転」を描いているからです。


たとえば、下級使用人の教育の不徹底は上級使用人の責任となります。また、では教育されていない下級使用人をあっさり解雇していけば屋敷の労働力は不足し、まともな運営をできなくなります。下級使用人がいてこそ、上級使用人は上級使用人としての責任を果たせる、その意味では運命共同体です。


下級使用人も「従順な天使」ではありません。自分の責務を全うせず、他と比較し、待遇や給与、仕事の厳しさに不満を持ち、愚痴をこぼし、陰口をたたき、上司に無理な要求を行おうともします。気に入らなければ、辞めていきます。その権利があるからです。ただ、そこには上級使用人が部下を思いやる気持ちが伝わっていないこともあります。


私の中では、今までの『Under the Rose』の中で最も好きな展開となっていき、この空気感は船戸さんでなければ描けない「使用人の明暗」の部分だと思います。


2.屋敷の運営を行う家事使用人の姿

今回の7巻では、屋敷に勤めるメイドの仕事が「論理的に」厳しくなる、大変になる事情が描かれていますし、その帰結として屋敷全体の家政が崩壊しかねない危機的状況となっています。そこで「主体的」に動くのは、上級使用人です。


下級使用人に君臨する上級使用人とて、人間です。仕事に生きて報いを得られやすい、長期のキャリアを形成している彼らは、主人の傍に仕える運命共同体としての立場もあり、上級使用人達だけで過ごす時間は多く、仲間意識も強く、そこで垣間見せる表情は下級使用人に向ける物とは違っています。


7巻では様々な苦難を、上級使用人同士が支えあって解決へ向けて、歩み出していきます。特に今回、「侍女」と「ガヴァネス」の関係性が素晴らしいエピソードをもって語られていますし、献身的な侍女の姿は心を打ちます。


「階段の上」を巻き込んで一つの目的を果たすために彼ら(レイチェルの提案)が選んだ方法は、私には素晴らしい描写に思えました。むしろ、この領域のレベルの話をいまだ深く踏み込めていなかった自分が悔しくなるぐらいです。物語の成り行き上、「そうならざるを得ない」その説得力と自然な流れが、私には響きます。


この「響き」を多くの方に、味わって欲しいです。


終わりに

Under the Rose』は私にとって、ひとつの憧れです。人間関係を丁寧に描き、他者の評価によって、自身の視点によって、実際の姿を知ることによって、人を見る目も変わっていきます。今回の7巻を踏まえて既刊を読み直せば、また作品をより深く理解する機会にもなるでしょう。


最新刊が出るたびに、すべての物語が形を変えていく。


Under the Rose』の魅力はそこにあると思いつつも、その世界を成立させる「家事使用人の姿」も、この作品を彩る要素として欠かせないものです。このレベルまで家事使用人を描ききる作家が日本にいること、同時代に作品を読み込めること、そして私が家事使用人を研究する立場にあることで、『Under the Rose』は私にとって、特別の作品であり続けています。


ちなみに、久我オススメの三つ編みのメイドが今回出ていて、嬉しかったです。


関連リンク

既刊未読の方への紹介文

Under the Rose(アンダー・ザ・ローズ)


既刊感想など

『Under the Rose』6巻感想〜「変化」していく作品の価値と、登場人物と、読者(2009/05/24)

『Under the Rose』5巻発売・感想は後ほど(2008/03/24)

『Under the Rose』5巻感想「疑うこと、信じること」〜貴族とメイドの織り成す最高の世界(2008/03/24)


当ブログ内での『Under the Rose』検索結果

2011-10-01 貴族と屋敷とメイドと執事の秋

[][][]『Under the Rose』7巻・最新刊発売

Under the Rose』待望の最新刊!

Under the Rose 7 春の賛歌 (バーズコミックス デラックス)

Under the Rose 7 春の賛歌 (バーズコミックス デラックス)



毎年秋頃に買っていた『Under the Rose』新刊が出ました。当ブログではUnde the Roseタグで各巻への感想をネタバレしないように書き続けていますが、全体での感想・初めての方へのオススメはUnder the Rose(アンダー・ザ・ローズ)に記しています。


今回、やや特殊というか、新刊にまつわる選択肢がいくつかあります。詳細は著者の船戸明里さんのブログに記されていますので、ご確認ください。


Under the Rose 7巻 9月26日発売


余談ですが、電子書籍ストアで、Under the Roseの(1)〜 (6)巻が合計2800円で購入可能です。


Twitterでの感想抜粋:ネタバレなし

2011-06-29

[]『Under the Rose』(あんだろ)7巻・9月下旬発売情報



ということで、著者の船戸明里さんによる告知が出ました。とても楽しみにしています。あんだろの7巻が出たらWebスピカの連載を買って追いつこうと思っていたので、ようやくです。


あと、船戸明里さんが今年の夏コミに出ます。11年ぶりの参加ということで、現在連載中のあんだろや、WEBで描いた絵を中心ということで。情報は以下のブログにて公開されるとのことです。


めもり


3日目なので買い物に行けるといいなぁ……


2010-07-03 電子書籍を読んでみる

[][]『Honey Rose』、iPad対応版発売

『Honye Rose』(はにろ)のiPad対応版が理想書店で発売されました。過去に電子書籍版で販売されたときに購入しましたので2度目となります。


『Honey Rose』iPad対応版


買った当時の日記の日付を見ると、2007年12月22日です。


『Under the Rose』『Honey Rose』は最高に美しい


生まれて初めて購入した電子書籍はこの作品でしたし、雑誌連載でかつ単行本化していない作品であり、触れる機会がなかったものに出会えたので、とても嬉しかったのを記憶しています。とはいえ、その当時の仕組みはクレジットカードで購入し、専用リーダーで閲覧したものの、パスワード設定やらなにやらいろいろとあって煩雑だったと記憶しています。独自規格だったのでしょうか。


今回、iPadでマンガを読む経験をしましたが、非常に読みやすいです。大きさ的には単行本化されている『Under the Rose』と遜色ありません。カラーの原稿もディスプレイで見たときよりはなじむ感じがして、気に入っています。


とにかく嬉しいですし、現在スペースの理由で積極的に買い控えている、マンガや文庫の小説(自分にとっては一定期間後に処分する雑誌と同じ扱い)を買うきっかけになりそうです。まだ、自分が欲しいものに限っていえば、なかなか電子化に進んでいないのですが。


2009-05-24 この作品に出会えてよかった

[][]『Under the Rose』6巻感想〜「変化」していく作品の価値と、登場人物と、読者

Under the Rose 6―春の賛歌 (バーズコミックスデラックス)

Under the Rose 6―春の賛歌 (バーズコミックスデラックス)



三度ばかり読み直したところで、何度も考えながら、感想を書きます。


そもそも『あんだろ』の難しいところは「謎」が根幹であり、ネタバレをせずに感想を書く難易度が高いのかもしれません。また、作品の位置づけが既存の作品と比較しにくい、というところも大きい気がします。


今まで、『Under the Rose』の感想を書いてきましたが、その軸は「人間と言うものの不可思議」「人を信じること・疑うこと」、人間が相互につむぎ合う環境自体が作品の根幹で、読者を振り回すものだと思っています。


作品の中心にある「謎」とは「伯爵家に外部から入ってきた視点」から見てのもので、そこで感じる違和感や、そこにいる人物の行動理由を突き止めたい、という欲求によるものでしょうか? 1巻ではライナスが主人公であり、2巻以降は女家庭教師(ガヴァネス)のレイチェルが、主人公となりました。


それぞれにとって、解決したい課題が自分の中にもあり、自分から見た伯爵家にもあり、そこに動かされながら、さまよっていくと突き当たる壁が、伯爵その人であり、妻のアンナ、長男アルバート(2009/06/08:アーサーと間違った表記をしていました。ご指摘ありがとうございます)そして次男のウィリアム、さらには愛人とされるマーガレットです。


この彼らの言葉やコミックスで描写される行動は、時に理解できないものもあり、その理由や行動原理が何なのかを、どうしても知りたくなります。


人は理解できないのは不安になる、共通点を見つけようとする、本当の姿と一致しなくても、断片的であっても。5巻作中にて、登場人物によってその部分にも、光を当てていましたが、「なぜ、そうするのか?」が解消していくことが、迷路を抜けていくような気持ちを生み出していきます。


6巻で「読者にとっての謎」である疑問、「この人はなぜ、そうするのかがわからない」、行動原理的なものが、だいぶ照らされてきました。その根底にあるのは、「真実」を優しく包み隠そうとする「嘘」と、「真実」を求めた末に見えてしまった厳しいまでの「現実」。ウィリアム、本当にいいキャラクターです。


本人の意図を超えて、化学反応するように相互に関わりあいながら、ひとつの結末へ向かっていく姿は、人間の優しさも弱さも美しさも、綺麗に照らし出してくれます。探偵小説と同じで、探偵がいるから殺人事件が起こり、探偵が真実を求めて動き出すから、探偵自身が事件の当事者になっていく。


その点ではミステリの王道とも言える要素も満たしていますが、この作品の本質は「人間そのもの」であることであることに、再度、気づかせてくれます。人と関わることで、変わり、変えて、変えさせられてしまう、ウィリアムとレイチェルの関係性の描写も、あまりにも見事です。


アンナとマーガレットも舞台に上がり、役者が揃い始めた、というのでしょうか?


すべてが見えてきたことによって、追い詰められて、破滅へ向かっていく人間もいます。結末を求めたことでそれぞれにとっての終わりと、始まりとが、動き始めました。


幕間の人物描写、登場人物の可愛らしさ、ヴィクトリア朝・貴族・イギリスでなければ成立しない相続と後継者問題、大家族、主人と使用人という関係性、すべての設定に必然性があり、関係性を生み出し、物語を紡ぎだしていくのです。


6巻の感想と言うよりも、作品全体の感想になりましたが、もう暗い森を歩くような感覚は消えました。ここは沈鬱な森の木々に囲まれた樹海ではなく、目に見えるものすべてが巧妙に配された、視点さえも計算した屋敷の庭園にある「迷路」です。


その先には、必ず、出口があります。


この道がどこへ向かっていくのかはまだわかりませんが、巻数が増えるごとに光を当てる角度が増えて、恐ろしいはずだった「暗い森」が迷路に思えるほど、作品は姿を変えてきます。


だから、もう一度作品を読み直せば、描かれている情報はまったく同じにもかかわらず、読者の側の視点が「後の巻によって変えられた」ことによって、違う楽しみ方が出来るようになるのです。


その点では、読者によって作品の質が変化していくし、過去の巻の評価も作品すべてが完結するまで流動的になり、感想を書きにくい、とも言えます。今のこの感想は6巻時点のもので、実はまだ何度も予想外の展開が待っているかもしれないですし、まだ幾つもわからないことが増えていくかもしれませんから。


「作者を信じていいの? この物語は、このまま進むの?」と読者は考えながら進まなければならず、その点では筆者と読者との対話も作品を織り成す一部ではないでしょうか?


既刊を、読み返しましょう。読み返さなければ、作品を楽しんだとはいえません。もう一度読むことで、まったく違う楽しみが得られます。


それこそが、『Under the Rose』の作品の素晴らしさを味わう楽しみ方です。


人間をミステリの根幹に据えた骨太の作品であり、そこで描かれる人間心理の描写は卓越しつつ、それでいて読者と筆者との対話も求める、今時分の感じる中では最も「完成度が高い」作品です。


続きが読みたい。


既刊を、読み直したい。


というのも表層的かもしれない〜人が変わり、変わっていく

Under the Rose』において本当に大切なもうひとつのテーマは、「キャラクターが変化する」ことかもしれません。本質的な変化だけではなく、見える面が増えて、元々持っていた面が引き出されて、変わっていく、というのもあります。


作品中、わがままでいたずら好きな双子はわかりやすい例です。ウィリアムの働きかけによって彼女たちは変わります。彼女たちがいればこそ、その兄も、影響を受けます。


レイチェルの存在によって、彼女の働きかけによって、少なくとも教え子たちは強い影響を受け、その想いを受け止めて変わった結果が、相互に関連しあい、接した人を動かしていきます。


しかし、変わったのはそんな子供だけでしょうか? 変えたはずのレイチェルも教えることで学び、レイチェルを友人と信じてくれるようになったアグネスさん、その場にいることで認識も変わっていったパーティに招かれた人々それぞれ。


不変に見えるウィリアムも徐々に影響を受け、影響を与え、変わっていきます。このウィリアムさえも変わっていくところが、作品の面白さなのではないでしょうか? アーサーもライナスもその点では、変化が今は止まってしまえばこそ、渦中から外れたようにも思います。(ライナスは寮で出会った友人によって変えられていく描写がありましたが)


謎を知ることでも引き起こされることもありますが、もっとシンプルに、人と触れ合うことによって、人が変わっていく、知り合いになり、友人になり、生徒になり、教師になり、夫婦になり、別れもあり、憎しみも抱き、絶望もする、そんなふうに何かが動くことによって相互に影響しあっていく人間の面白さこそが、作品を通じて貫かれるものではないでしょうか?


筆者自身も作品からの情報が増えることで「変われる」ことに参加できているのですし、この感想自体も、作者によって引き起こされた「変化」であり、この感想を読んで作品への認知が変われば、それもまた「変化」です。


そうですね、アイザックとロレンスの仲の良さも、今は自然になりましたが、人が変化する面白さの一端ですね。6巻、どれだけ仲がいいんだと、過去の巻を思い起こすと、微笑まずにいられません。小さな描写ですが、本当の兄弟になっています。


人は、変われる、変わっていく、変えられてしまう。そのきっかけを作る最初にあるものは人を想う気持ち、です。


あとがきマンガも、この「変化」を伝える作品の一環だと思います。


目に見えているものがすべてではないが、目に見えたものがすべてでもないのです。


また長い感想となりましたし、繰り返しもありましたが、このテキストを読んだのも何かの縁だと思い、未読の方は、是非、お読み下さい。


最後に、ローズ・ロザリンドは最高です。あの三つ編みの喋れない女の子もほんのワンシーン回想で出てきました。嬉しいです。これら変化の渦から「家族ではない使用人」の変化にタイムラグがあったり、変化がなかったりするのは、集団としての使用人の怖さとして、また面白くもありますね。


1巻読み直すと、まだわからないこともありますね。


Under the Rose (1) 冬の物語    バースコミックスデラックス

Under the Rose (1) 冬の物語 バースコミックスデラックス



この日記での感想

『アンダーザローズ』感想と船戸明里先生の活動への言及一覧


幻冬舎公式・『Under the Rose』情報サイト/1巻の1話が立ち読みできます+複製原画展告知