Hatena::ブログ(Diary)

flower in my head このページをアンテナに追加 RSSフィード

 since 2008.10.7

2011-07-12 9連戦の初戦を取ったのは大きい

[]2011夏調査(2011/4-6月期、終了アニメ、30+1作品)

アニメ調査室(仮)さまで開催中の標記調査に参加。

評価基準 S : とても良い、A : 良い、B : まあ良い、C : 普通、D : やや悪い、E : 悪い、F : 見切り、視聴はしたが中止(または見逃しが多い)、x : 視聴なし(または視聴中のため評価保留)、z : 視聴不可(わかる範囲で良いです)

01,X-MEN,B

02,変ゼミ,F

03,GOSICK,F

04,もしドラ,D

05,フジログ,z

06,昭和物語,z

07,DOG DAYS,D

08,そふてにっ,F

09,世界一初恋,x

10,Aチャンネル,F

11,緋弾のアリア,F

12,電波女と青春男,B

13,星空へ架かる橋,F

14,30歳の保健体育,x

15,イナズマイレブン,x

16,俺たちに翼はない,C

17,アスタロッテのおもちゃ!,C

18,殿といっしょ 眼帯の野望,z

19,聖痕のクェイサーII (2期),C

20,戦国乙女 桃色パラドックス,B

21,デッドマン・ワンダーランド,D

22,神のみぞ知るセカイII (2期),C

23,よんでますよ、アザゼルさん。,B

24,Dororonえん魔くん メ〜ラめら,F

25,まりあほりっく あらいぶ (2期),C

26,ファイアボール チャーミング (2期),x

27,あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。,B

28,[ C ] The Money of Soul and Possibility Control,B

29,Starry☆Sky (ネット配信),x

30,俺の妹がこんなに可愛いわけがない TRUE ROUTE (ネット配信12-15話),C

31,俺の妹がこんなに可愛いわけがない (全16話),D

(以下、自由記入)

{追加評価} (自由記入、第18〜20回調査に参加している方)

20-02,放浪息子,B

20-04,フラクタル,D

20-21,君に届け 2ND SEASON (2期),B

{総評、寸評など} (自由記入、引用する場合あり)


01,X-MEN,B:大人たちを脇役にして久子の成長を軸に据えたストーリーは日本制作版として正解。ステディな伏線の仕掛けと回収は次話への興味を持続させるものだったし、佐々木結衣研究施設でのミステリー的展開もなかなか緊張感があった。魅力が乏しかった敵キャラとチームバトルらしい工夫があまり感じられなかったアクションは惜しい。

02,変ゼミ,F:気持ち悪すぎて1話で脱落。よくアニメ化の企画が通ったなあと思う。

03,GOSICK,F:もともと推理物が苦手な上にトリックが凡庸で退屈だった。ヴィクトリカの可愛さ頼みにも限度がある。

04,もしドラ,D:総体としてマネジメントを野球に活かしているようには思えなかったし、それ以上に公共放送の予算が知れてしまうような作画のショボさは2011年の作品として如何なものか。

07,DOG DAYS,D:アスレチック好きの主人公が戦興行で大立ち回りというコンセプトを貫いてほしかった。魔物からの姫様奪還話は蛇足だったかと。可愛いキャラクターと豪華なキャスト(居心地悪そうに感じられた若本御大には苦笑)で観られたようなもんかな。

08,そふてにっ,F:主人公の脈絡のないエロ妄想などギャグのセンスが合わなかった。

10,Aチャンネル,F:丁寧な作りで悪くはなかったんだけど、キャラクターに思い入れる前に他作品に埋没してしまった。。

11,緋弾のアリア,F:男子に暴力振るうヒロインは生理的にダメなので。

12,電波女と青春男,B:初回は訳が分からずどうなることかと思ったけれど、可愛らしい中に妖艶さを含ませた西田亜沙子キャラたちが気になってしまって、気が付いたらペットボトルロケット話あたりで押し付けがましさのない青春の点描にハマっていた。こういう遅効性の魅力を発揮するアニメってかなり珍しいと思う。神聖かまってちゃんによる電波丸出しのOP曲と、ラグタイム調がひたすら心地良いED曲は、ともに今期一番のお気に入り。

13,星空へ架かる橋,F:悪くはなかったんだけど突出したところもなく他作品の中に埋没。今期の本数がもっと少なければ完走できたかもしれない。

16,俺たちに翼はない,C:10話まではAをつけてもいいくらい盛り上がったんだけど、11話のヒロインのマウント殴打で一気に冷めてしまった。多重人格をハーレム設定に落とし込んだコンセプトは意欲的だったと思う。

17,アスタロッテのおもちゃ!,C:ハートウォーミングなお話と綺麗な作画と豪華なキャストによって手堅くまとまった小品。

19,聖痕のクェイサーII (2期),C:売りだとは分かっているんだけど、お色気方面に遊びすぎた感じ。最終話のアクションがとても良かったので、三期はシリアスバトルを多めに是非実現して欲しい。

20,戦国乙女 桃色パラドックス,B:巻き込まれ型主人公の頼りなさを逆手に取ったようなヒデヨシの使い方が上手かった。ストーリー展開もしっかりしていたしエフェクトをはじめバトル描写も頑張っていてアベレージが高かった。ただ重要な設定を投げっ放しにしたのはいただけない。

21,デッドマン・ワンダーランド,D:部分的に勢いはあったけど全体的にはギクシャクした稚拙な構成だった。投げっ放しエンドにがっかりさせられた。

22,神のみぞ知るセカイII (2期),C:世界観は確立されているし作画は綺麗だしエルシィは可愛いのだけど、私的にはもう充分といった感じ。あと私的にはヒロインズが凶暴すぎるのも辛い。

23,よんでますよ、アザゼルさん。,B:お下劣な乗りのテンションを殺ぐことなく上手いこと映像化したもんだなと感心。15分枠が濃い作風に合っていたと思うし、無駄にハイクオリティな作画も小野坂さんを始めとするキャスト陣のハマリようもお見事。

24,Dororonえん魔くん メ〜ラめら,F:自分にとってのフックが希薄で退屈だった。いくら何でも昭和ノスタルジーと鈴木慶一ムーンライダーズの音楽だけでは持たない。

25,まりあほりっく あらいぶ (2期),C:キャラクターデザインが好きなので完走できたけれど、暴走かなこだけで1クール押し切った構成は単調だった。

27,あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。,B:最終話の過剰な演出がトゥーマッチだったが不満点はそれくらい。全体的には明快なコンセプトにヴィヴィッドなキャラクターとハイレベルな作品だった。特にスタッフ愛も感じられたあなるの豊かな表情が戸松遥さんの持ち味もぴったりで印象に残った。

28,[ C ] The Money of Soul and Possibility Control,B:経済には疎いけどシンプルにボーイ・ミーツ・ガールものとして面白かったし、絢爛な金融街やエキゾチックなアセットなどのヴィジュアルは眼に楽しかった。ストーリーは公麿と征一郎が対立するに至るまでの掘り下げ不足に象徴される尺の短さが恨めしかった。戸松さんはこちらでも良い仕事。

30,俺の妹がこんなに可愛いわけがない TRUE ROUTE (ネット配信12-15話),C:黒猫の熱血部活物として正攻法なエピソードで面白かった。

31,俺の妹がこんなに可愛いわけがない (全16話),D:作画良し、脚本良し、音楽良し、演出良し、にもかかわらずこの評価は、理不尽なまでに凶暴な桐乃が全ての元凶。

20-02,放浪息子,B:ストーリーの都合でキャラクターが動くのではなく、人間関係のちょっとした波紋からストーリーが動くという繊細な作劇が見どころだった。水彩画のような淡い色彩設計ながらメリハリ良く人物を見せるオリジナリティのある画面作りもすばらしかった。

20-04,フラクタル,D:こちらはストーリーの都合でキャラクターが右往左往する典型的な例。話題作だったので完走したけれど全編にわたって退屈だった。アイリッシュ・トラッド好きなのでED曲は気に入った。

20-21,君に届け 2ND SEASON (2期),B:主人公二人の告白から恋愛成就まできちんと決着をつけてくれたので文句なし。一期からの積み重ねが花開くクライマックスを観ながら、スタッフに愛された作品だったのだなぁとしみじみ。

アニメ調査室(仮)アニメ調査室(仮) 2011/07/16 13:48 ご参加ありがとうございます。
アンケートは回収させていただきました。
結果発表は、8/6の予定です。

spring-ephemeralspring-ephemeral 2011/07/16 22:20 こちらこそありがとうございました。
結果発表楽しみにしております。

アニメ調査室(仮)アニメ調査室(仮) 2011/10/02 14:45 再び、失礼します
第22回2011年7-9月期終了アニメアンケートを始めてみました
結果発表は、2011/11/5予定です
ご都合がつきましたら、ご参加下さい

spring-ephemeralspring-ephemeral 2011/10/06 23:44 アニメ調査室(仮)さま

連絡ありがとうございます。
10月末になろうかと思いますが、今回も参加させていただきます。
よろしくお願いいたします。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/spring-ephemeral/20110712/1310479764