Hatena::ブログ(Diary)

flower in my head このページをアンテナに追加 RSSフィード

 since 2008.10.7

2016-01-11

[](新)灰と幻想のグリムガル épisode.1「ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ」

原作ライトノベル未読。

スタッフ

原作:十文字青オーバーラップ文庫刊) 原作イラスト:白井鋭利 監督:中村亮介 キャラクターデザイン:細居美恵子 キーアニメーター:浅賀和行、馬場健、高田晃 美術監督・美術デザイン:金子英俊 色彩設計:茂木孝浩 助監督:柴山智隆 撮影監督:五十嵐慎一 3D監督:菅友彦 グラフィックデザイン:渡部岳 編集;肥田文 音響監督中村亮介 録音調整:今泉武 音響効果:和田俊也 音響制作:今西栄介 音楽プロデューサー:三上政高 音楽アシスタントプロデューサー:礒部彗利 音楽ディレクター:佐藤優、小林杏 音楽プロデュース:(K)NoW_NAME 音楽:(K)NoW_NAME:R・O・N アニメーションプロデューサー:大松裕 アニメーション制作:A-1 Pictures 

キャスト

ハルヒロ:細谷佳正 ランタ:吉野裕行 マナト:島崎信長 モグゾー:落合福嗣 ユメ:小松未可子 シホル:照井春佳 レンジ:関智一 アダチ:野島健児 ロン:杉田智和 サッサ:古木のぞみ キッカワ:浪川大輔 ブリトニー:安元洋貴 バルバラ能登麻美子 ゴブリン:ゴブリン

脚本:中村亮介 絵コンテ・演出:中村亮介 作画監督:細居美恵子 アクション作画監督:浅賀和行

【概要】

グリムガルという世界で目覚めたハルヒロたちは、訳も分からぬままに辺境軍の見習い義勇兵として生計を立てなければならなくなった。レンジが腕に覚えのありそうな面子だけを引き抜いてしまったことから、ハルヒロはランタ、マナト、モグゾー、ユメ、シホルの6人でパーティーを組むことになった。しかし、落ちこぼれ揃いのため最弱のゴブリンすら倒せない。

【感想】

いわゆるゲーム世界への転生もののパターンながら、導入部に工夫が凝らされていて引き込まれた。現代での生活描写をばっさりオミットして、薄れゆく記憶によって出自を匂わせるところといい、記憶がなくなりつつあるからこそ目の前の食いぶちにすがらなければならぬ心境の提示といい、異世界での彼ら彼女らに自然とアジャストできる。さらには、柔らかいキャラクターデザイン、食事シーンに代表される繊細な芝居、そして水彩画のような背景美術など、尖ったところのない作画演出との親和性も特筆したい。

ナビゲーター役を兼ねるハルヒロの視点を縦軸にして、メインとなる6人の個性を印象づけていく手際もおみごと。共同生活の描写はパーティーにおける役割分担そのものであり、それぞれが身に着けた職業の特性に、バトル描写を始めとするこれからに期待できる。

最弱のモンスターであるはずのゴブリンが知能を持った存在として描かれたことは、実力以前に実績をあげられないハルヒロたちに影を落としている気もするが、先行するレンジたちとの再会も含めて注目したい。異世界ファンタジーの姿を借りたサバイバルものの性格が強そう。

★★★☆

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/spring-ephemeral/20160111/1452523293