Hatena::ブログ(Diary)

flower in my head このページをアンテナに追加 RSSフィード

 since 2008.10.7

2016-01-21

[]おそ松さん 第15話「面接」「じょし松さん」「チビ太の花の命」

脚本:松原秀、横手美智子 絵コンテ・演出:長屋誠士郎 作画監督:谷口宏美、中谷亜沙美、和田佳純、小幡公春

【概要】

「面接」: 採用面接にやってきた十四松の不可解な行動に面接担当のチョロ松はほんろうされる。

「じょし松さん」: 旅行にやってきたおそ子たち6人だったが……。

「チビ太の花の命」: 究極のおでんづくりに行き詰ったチビ太は道端に咲く花を見つける。

【感想】

「面接」: 十四松のフリーダムに突っ込むチョロ松のリアクションという予定調和に、一松のリリーフがスパイスになっていた。

「じょし松さん」」: まとまりのなさにブチ切れるおそ子の図はいつぞやの合コン待機と代わり映えしない。ゆえに何ごともなかったかのように次回の旅行で盛り上がれるオチに苦笑い。

「チビ太の花の命」: チビ太のいい話とカラ松のひどい話が引き立てあう。花に水をやった動機もさることながら、チビ太にはおでんという目標があったからきれいにお別れできたとは言いすぎか。

★★☆

[]ラクエンロジック episode 02「天才か愚者か Genius or Fool」

脚本:高橋悠也(QueenB) 絵コンテ・演出:祝浩司 作画監督鈴木奈都

【概要】

ロジカリストとして復帰した美親は新人として2日間のトライアルを受けることに。しかし、ふらりと現れたオルガ・ブレイクチャイルドというロジカリストから「トライアルの間に、お前の身に災いがふりかかる」と告げられる。オルガのことが気になって仕方がない美親は、彼に探りを入れようとするが……。

【感想】

礼儀正しいと思いきや上司の命令をきかないリーダーの立場を尊重しない美親は、復帰前の実績でもって天狗になっているとは思いたくないが。玉姫に謝ることができる素直さはあるのだから、さほど悪い印象はないけども、キャラクターが定まっていない感はつきまとう。不承不承リーダーの座を譲ることになった玉姫との関係などから見えてくるものがあるかもしれない。いずれにせよ、意味深に登場したオルガの脱力落ちといい、全体的に散漫な印象は否めない。初回同様に戦闘シーンの色づかいなど作画演出では目を引くところがある。

★★