Hatena::ブログ(Diary)

flower in my head このページをアンテナに追加 RSSフィード

 since 2008.10.7

2016-01-27

[](新)虹色デイズ

原作漫画未読。第3話まで視聴。

スタッフ

原作:水野美波集英社別冊マーガレット」連載) 総監督:アミノテツロ 監督:大久保富彦 シリーズ構成・脚本:伊丹あき キャラクターデザイン:西田美弥子 プロップデザイン:金原知美、出口花穂 色彩設計:渡部亜紀 美術監督・美術設計:柴田聡 音響監督:小泉紀介 音楽:神津裕之 音楽制作:徳間ジャパンコミュニケーションズ 撮影監督:大久保潤一 撮影監督補佐:保坂友哉 編集:小峰博美、本田優規 アニメーションプロデューサー:村田淳司 アニメーション制作:プロダクションリード

キャスト

羽柴夏樹:松岡禎丞 松永智也:江口拓也 片倉恵一:島信長 直江剛:内山昂輝 小早川杏奈:津田美波 筒井まり:内山夕実 松永希美:茅野愛衣 浅井幸子:石上静香 片倉先生:海老名将太 真田泰蔵:浜添伸也 千葉:戸田めぐみ

【感想】

高校生男子4人組をメインとした恋物語がライトな筆致で描かれる。個性的な男子4人に対応する女子たち(第3話時点で3名登場)も個性的な面々で、男子キャラクターたちに応じた距離感の違いが見どころ。コンセプトを考えると15分枠の軽さは正解かも。おバカな男の子たちが醸すおかしみに埋め込まれた甘酸っぱさは貴重なので、今期のオアシス枠として楽しみたい。

(各話感想は書かない。総感は視聴完走すれば書く予定。)

[]プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ STEP 04「RUN もしも想いがあふれたら」

脚本:安永豊 絵コンテ佐山聖子 演出:江副仁美 作画監督:山本径子、岡崎洋美、服部益美、桝井一平、黒川飛鳥

【概要】

次なる大会「エンド・オブ・サマー」へ向けたトライアル・ツアーの相手が埼玉代表の三橋高校に決まる。ギミックが苦手な歩は穂積の指導のもと特訓に励む。いよいよ会場である熱海にやってきた方南学園ストライド部一同。温泉でリフレッシュしたのち三橋との試合が始まった。

【感想】

ヒースの前では駆け引きが苦手と言った鴨田有、そのセリフもブラフだったのだろうか。リレーショナーとしての場数が乏しい奈々を揺さぶっているようにも、三年生最後の大会に向けて無理をしているようにも見えた。女子である奈々を目にして反応から、その両方ではなかったか。

今回の主役は何と言っても歩。買い出しついでにコースを下見して回る持ち前の研究心に、競技における一か八かのギミック敢行まで、らしからぬ振幅が熱かった。そして、限界まで頑張った彼の前に得意のギミックで回り込んだ穂積。まるで歩の無念を引き継いだかのようで、そのブリッジにギミックを配する演出が粋だった。

そんなメンバーたちをひたすら信じた奈々が、本来の有を呼び覚ますリレーショナー同士のエールの交換も爽やかな視聴後感。

★★★☆