Hatena::ブログ(Diary)

flower in my head このページをアンテナに追加 RSSフィード

 since 2008.10.7

2016-12-30

[]2016年テレビシリーズアニメ話数単位10選

6年連続でエントリ。ルールは以下のとおり。

  • 2016年1月1日〜12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。
  • 1作品につき上限1話。
  • 思いつき順。順位は付けない。

エピソードの感想は各項目のリンクを参照ください。また、寸評を書き足しました。


この素晴らしい世界に祝福を! 第1話「この自称女神と異世界転生を!」

脚本:上江洲誠 絵コンテ金崎貴臣 演出:吉田俊司 作画監督:北村友幸、鵜池一馬

http://d.hatena.ne.jp/spring-ephemeral/20160116/1452949661

駄女神を道連れにした主人公のしたたかさがシリーズの道筋をつけてくれたといっても過言ではない。抱腹絶倒コメディのアダムとイブは、やはりカズマとアクアだった。


ノルン+ノネット 5「微睡む森」

脚本:渡邊大輔 コンテ:小島正幸 演出:垪和等 作画監督:りお、佐藤友子、池津寿恵、二宮奈那子、大下久馬、澤田譲治

http://d.hatena.ne.jp/spring-ephemeral/20160205/1454682858

夢世界を舞台としてトリプルヒロイン構成の魅力が存分に。クライマックスに向けての掘り下げとしてもみごと。不知火七海と宿吏暁人のカップル好きとしては、オオカミを追いかける赤ずきんの図にニヤニヤが止まらない。


GOD EATER 第10話「散華」

脚本:ufotable平尾隆之恒松圭 絵コンテ平尾隆之 演出:恒松圭 作画監督柴田由香、塩島由佳、青木拓也、菊池隼也

http://d.hatena.ne.jp/spring-ephemeral/20160306/1457270870

神すら信じられない世界で、泥から芽生えたハスの花に託された再生への祈り。『荒廃地』をバックにしての姉との別れは、脚本も演出も極まっていて忘れることができない。


ジョーカー・ゲーム 第11話 「柩」

脚本:岸本卓 絵コンテ板津匡覧 演出:板津匡覧 作画監督:中村深雪

http://d.hatena.ne.jp/spring-ephemeral/20160618/1466176183

過去エピソードでは粛々と無双を見せてきたD機関を外部視点からほのめかすことで、スパイという存在の衝撃が改めて冷たく染み込んでくる。


SERVAMP-サーヴァンプ- 第10話「ロウレス」

脚本:古怒田健志 絵コンテ・演出:小林孝志 作画監督:梶浦紳一郎、櫻井拓郎

http://d.hatena.ne.jp/spring-ephemeral/20160925/1474729233

シアトリカルな作品世界を存分に生かしたロウレスを主人公にしての演劇仕立て。やさぐれるばかりのロウレスにとって破天荒なリヒトがいかに救いであったか。


チア男子!! EPISODE 11「ビタースイート・バレンタイン」

脚本:吉田玲子 絵コンテ・演出:三上喜子 作画監督粟井重紀、青野厚司、田中宏紀、松下純子

http://d.hatena.ne.jp/spring-ephemeral/20160930/1475161289

仲間たちにこだましたチアの精神がくすぶっていた主人公の姉に反響するクライマックス導入部。見切り品のチョコレートというぶっきらぼうなエールに泣けた。


ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第30話「猫は吉良吉影が好き」

脚本:猪爪慎一ふでやすかずゆき 絵コンテ:嶌田惣一 演出:藤原潤、ソエジマヤスフミ、江副仁美、佐々木勅嘉 作画監督:CHA MYOUNG JUN、KIM KANG WON、芦谷耕平、千葉山夏恵、横山謙次、SHIN HYUNG WOO

http://d.hatena.ne.jp/spring-ephemeral/20161110/1478716800

動物スタンド使いに外れなし。杜王町の縮図ともいえる川尻家をスリリングに、スパイス程度のユーモアも忘れない。主人公たち不在のミニマルな構成がシリーズの懐の深さを感じさせる。


Vivid Strike! #08「勝者と敗者」

脚本:都築真紀 絵コンテ:飯野まこと 演出:吉田俊司 作画監督:宮地聡子、大塚あきら、大西秀明、中西和也、服部憲知、坂田理、飯塚葉子、保村成、河本美代子、石井ゆりこ、土屋祐太、飯野まこと

http://d.hatena.ne.jp/spring-ephemeral/20161124/1479914710

自身の境遇に感謝できる健やかさが、そのことに気づけないひずみを粉砕。そんなほろ苦さがクライマックスで生きる。展開の意外さもあいまった「アクセルスマッシュ・インフィニティ」にボルテージ最高潮。


響け!ユーフォニアム2 第九回「ひびけ!ユーフォニアム

脚本:花田十輝 絵コンテ・演出:石立太一 作画監督:高瀬亜貴子

http://d.hatena.ne.jp/spring-ephemeral/20161203/1480692436

田中あすかの仮面を一つずつ外していくかのような脚/足の描写へのこだわりにため息。中世古香織ファンとしてもありがたいシーン多数。


夏目友人帳 伍 第10話「塔子と滋」

脚本:村井さだゆき 絵コンテ篠原俊哉 演出:鈴木孝聡 作画監督:島崎知美、西川絵奈、青野厚司

http://d.hatena.ne.jp/spring-ephemeral/20161227/1482764750

年の瀬の締めくくりにここまで慈愛に満ちたエピソードを拝めたことを感謝したい。



選び終わってから気づいたのだけど、『昭和元禄落語心中』、『ユーリ!!! on ICE』からは出てこなかったのが自分でも意外。シリーズトータルの完成度が高すぎて全体が団子状になっているからで、こういう企画の面白いところだと思う。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/spring-ephemeral/20161230/1483023703