シュプリンゲンスキークラブ

2017-10-20 雨が降ったら、、、、、

最近、雨が続いて、ふぅーって感じですね。

シュプリンゲン。

そりゃあ、雨降ったらジム行きますわね。


今日は、久々にスクワットマスターの尹ウジン先輩が来ました。

他は、ダイ5、ゆーじ、若井です。

僕は少し遅れて行ったので、僕の行ったタイミングから書きますね。

まず、スクワットをしました。

ウジン大先生のご指導の下、若井も初挑戦してました。

あと、僕はMAXで何キロ上がるかみたいなやつで、100キロ行けるかと思ってたら、90キロだったので悲しかったです。

写真はゆーじのスクワットを載せておきます。

f:id:springen_ski:20171021015330j:image

その後、最近僕がはまっているpowerMaxをやりました。

今日はミドルパワートレーニングをやりました。ミドルパワートレーニングとは、30秒漕いで2分レストを3セットです。負荷は4.9kpです。

今日はまだ追い込み足りなかったので、3.0kpでもう2セットやりました。

ちょいと調子が良かったので結果の画像を載せておくことにしましょう笑

f:id:springen_ski:20171021015403j:image

powermaxはいいトレ―ニングになると思うので、頑張って続けていきたいです。

他の人たちは、僕が回復している間にバランス系のトレーニングをやってました。

f:id:springen_ski:20171020202217j:image

今回は5人セットでやっていたので、2人と3人に分かれてすればよかったなということを次回の反省にしておきます。

そういえば、トレ後、たまたま前田さんと合流したので、帰ったダイゴを除いて、5人でごはんを食べに行きました。

そこで、前田先輩と僕でどちらがブスかということについて言い争いをしていました。

なんと昼も夜もごはん奢ってくれたので、今回は僕の方がブスということにしておきましょう笑

でも皆さん!ちょっとオシャレな服装に惑わされず、よくよく顔だけを見てみましょう。

結構ブスですよ、彼は 笑笑


なんだかんだで前田先輩と仲のいい

美崎

2017-10-17

WC

23:45

近くなってきましたね!

“Water Closet”の方じゃないですよ笑

“World Cup"の方です。

あと10日くらいですかね⁉ 女子は10月28日、男子は10月29日にオーストリアゾルデンで開幕します。

今年は女子も男子も一発目からフルキャストというわけにはいかないみたいですが、楽しみですね。

そういえば時田に出雲駅伝の2区について書くように言われたので、、、、

2区は最短の5.8キロ。各校のスピード自慢が集まる区間です。なんといっても注目は青学の4年生田村!

って、なんで俺が駅伝のこと書かないかんねん!!

これ以降は次に時田がブログを書くときに任せましょう。

さて、今日のトレについて書きたいと思います。

f:id:springen_ski:20171017225407j:image

f:id:springen_ski:20171017225412j:image

と思いましたが、雨予報だからか今日の参加者は4人で、メニューも写真を見ればわかりますね。いつもと同じです。

なので、今日は「トレ」ではなく、「トイレ」について書きたいと思います。

冒頭にあるように、なぜかよくわからないのですが、最近Water Closet(トイレ)が異常に近いです。

今日もトレの途中に一回トイレに行きました。

とはいっても、別に限界で我慢できないから行くというわけでもないのです。

特に日常生活では支障はないのですが、スキー場に行くときは困ります。トイレに行ってしまうと一本滑る量が減ってしまうからです。

みなさん、何かいい対処法があれば教えて下さい。

そして、前からよく思うことがありまして、

「寒いとトイレする頻度が高くなる気がするけど、科学的根拠ってあるの?」ってことです。

調べてみると、大きな原因は、ヾ┐気ホルモンの分泌が抑制され腎臓で尿がたくさん作られる。寒いと汗をあまりかかなくなるので、汗の代わりに体の水分を尿として放出する。

らしいです。

なるほど!

今度は、最近たまに思うた素朴な疑問。

「洋式トイレって流すとき、‛大’と‛小’の2種類あるけどみんな使い分けてるのかな?」ということです。

ちなみに、僕は豪快なタイプなので、いつでも‛大’で流しています。

こちらも気になったので調べてみました。大手メーカーのTOTOの最新のトイレは、‛大’だと4.8ℓ。‛小’だと4.0ℓ水が流れるそうです。

そして驚くことに、‛小’はトイレットペーパーを使わない男性用かと思いきや、女性用の‛小’ようだとのこと。

最新式のトイレでは、‛大’‛小’に加えて‛エコ小’というのがあるらしく、こちらが男性の‛小’であるようです。水量は3.8ℓ。

うーん、普段使っているものでも知らないことは多いものですねぇ。



こんなどうでもいいことを書いている僕は平和でいいですね。

というのも今日はゆーじ君が落ちこんでいました(笑)。

あまりないチャンス?かもしれないのでしっかりイジリましょう!



最後に、トイレつながりでひとつ。

トイレかつスキーに関連する、面白いブログがあるので紹介しておきたいと思います。

日本の誇る大エース湯淺直樹選手が書いたブログです。

「スマチンはやめよう!」

もう題名を見ただけで面白そうですね。

実際、僕が読んだことのあるスキーヤーブログの中で、ダントツで面白かったです。

もう彼のトイレに対する描写は、日本一と言っても過言ではありません。


気になった方は「スマチンはやめよう!」で検索してください。


湯淺直樹選手がスキー以外のことにも才能があることに多くの人に知ってもらいたい

美崎

P.S.次回からはちゃんと書きます。

2017-10-11

後期トレ

11:41

こんにちは。久しぶりにブログを書くことになりました「駅伝博士」こと2年の時田です。水曜全休という文系の強みを生かしてのんびりと書いております。

ブログを書くのも久しぶりですが、トレに参加するのも久しぶりでした。

参加者はなんと9人!一橋大学3年のたかしさんにも参加していただきました。

いつも通りラダーやマーカーコーン、ミニハードルを使うアジリティトレーニングを中心に行ったのですが、僕は夏休み中の運動不足が露呈し、開始早々腰がお亡くなりになりました。その後は端の方で老人のような動きをしながら蚊にさされて昨日のトレは終わりでした。

駅伝ばかり見てるからだろ」

筋トレしろよ」

などののしられました。筋トレはこれからします。駅伝は見ます。以上です。

言葉でトレの説明をするのは難しいので画像を挙げておきます。

f:id:springen_ski:20171010201342j:image

f:id:springen_ski:20171010200717j:image

f:id:springen_ski:20171010194924j:image

f:id:springen_ski:20171010192815j:image

トレ後は何人かでKHANAというカレー屋に行きました。たかしさんだけ辛口を頼んで苦しんでました。

お気に入りの楽天のTシャツにカレーをこぼして笑顔のたかしさん

f:id:springen_ski:20171010211555j:image


それでは駅伝博士の本領発揮といきますか!!

今年度駅伝マラソンブログの第3弾!!

【大学駅伝シーズン開幕!! 出雲駅伝〜前半編〜】

今年の大学駅伝黄金世代率いる東海大と分厚い選手層を誇る青山学院大の2強対決と言われています。

下馬評通りの結果となったのかどうかまずは1区から見ていきましょう!敬称略で書かせていただきます。

《出遅れ厳禁の1区 果たして…》

体感温度は30℃を超えるほどの暑さの中、出雲大社前をスタートした選手でしたが、この暑さが多くのアクシデントを引き起こすことになりました。

そんな中、力を発揮したのは優勝候補東海大の阪口(2)でした。6夘婉瓩妊蹈鵐哀好僉璽箸鬚けると神奈川大の山藤(3)以外は引き離されてしまいます。阪口は日本インカレ5000m日本人トップのスピードを発揮し、そのまま区間賞を獲得しました。山藤も2秒差の区間2位とエースの鈴木健吾(4)を欠く神奈川大にとっては良い滑り出しとなりました。

3番目で中継所に飛び込んできたのは中央学院大の大森(4)でした。トップと13秒差でタスキリレー。本当に悪条件に強いランナーだなと思います。さらに遅れて5秒後。第一工業大のジェフリ・ギチア(3)がタスキリレー。爆発力のあるランナーではありませんが、しっかりと役割を果たしてくれたと思います。区間5位に食い込んだのは日本インカレ10000m日本人トップの東洋大の西山(1)でした。他の1年生が失速する中粘り切り、トップとは24秒差でタスキリレー。お見事でした。そこからさらに4秒遅れて日体大の吉田(4)がタスキリレー。今年の箱根駅伝でも3区で区間4位と強かったですが、今回も安定していました。

優勝候補青山学院大の梶谷(2)は中盤までは前の方で調子がよさそうに見えたのですが…中継所付近では止まるほど失速。トップとは38秒差の8位でタスキリレー。優勝候補としてはかなり苦しい展開になりました。今年の箱根駅伝1区区間4位の実力者ですらアクシデントに見舞われるほど本当に過酷なコンディションでした。中継所手前で梶谷を抜いた早稲田大の太田(2)が7位でタスキリレー。強力な4年生が抜けた早稲田は苦しいです。あまりに層が薄すぎて…。続いて法政大の大エース190cm長身の坂東(3)がタスキリレー。かなり早い段階で遅れ始めた割には粘りましたね。アクシデント続出であったことを考えると冷静な判断であったのかもしれません。

駒沢大と順天堂大の1年生は苦しい走りになりました。それぞれ区間13位、15位と力を発揮できませんでした。それでもスーパールーキーであることに変わりはないので全日本大学駅伝でリベンジしてほしいですね。

この1区では岐阜経済大の選手が中継所手前で倒れこみ、途中棄権になってしまいました。熱中症からかけいれんを起こしてしまい、走れる状況ではなかったですね。twitterでも大騒ぎになっていました。

続いては2区ですが、第2の駅伝博士になってくれそうな美崎にタスキリレーをしたいと思います。それではよろしく!!

長い長いブログになってしまい申し訳ありませんでした。

2017-10-03

はじまり

02:12

楽しかった?夏休みも終わり、後期の授業が始まりました。

北海道大雪山では初雪観測!

そして、今週10月6日にはイエティオープン!!

シーズンのはじまりも近づいているようです。

本日から、後期の平日トレがスタートです。

一発目のトレは7人の参加でした。秋学期は毎回これくらいでやっていきたいですね。

さて、練習メニューですが、ダイゴが夏休みに頑張って考えたのかいい感じだったので書いていきたいと思います。


ランニング→体操→ラダー(種類変えて10本くらい)→マーカースラローム(大回りから徐々に小回り×6本)

サーキット1(ハードル、コーン、ミニマーカースラローム、横跳び)×5本→サーキット2本(往復ダッシュ、片足ジャンプ、反復横跳び)×4本→アルティメット→クールダウン

本数はだいたいです。あんまり覚えていません。

f:id:springen_ski:20171003192832j:image

f:id:springen_ski:20171003193757j:image

↑トレの写真

夏休みにしっかり運動していた人とそうでない人の差が出ていました。体力が落ちていた人は早く戻しましょう。

練習後には尹さんも加わって、やよい軒にご飯を食べに行きました。

やよい軒はご飯がおかわりし放題なのですが、井堀さんが「ごはん大盛で」と頼むところを間違えて「熱盛で!」と言いそうになっていたのが面白かったです(笑

そんなカワイイ先輩に熱盛!!!


最後に、夏休みの暇すぎるときに調べた、今のシュプリンゲンの人は誰も知らないであろう(たぶん)岩岳学生スキー大会の情報を一つ書いておきたいと思います。

岩岳学生スキー大会のホームページの学生大会の歴史というところから見つけてきたのですが、

第24回大会では、ヘルマンマイヤーが前走を務めていたということです。

「誰やねん」ってなった人のために彼のすごさを紹介しておくと、ワールドカップ通算54勝をあげたスキーヤーで、長野オリンピックでは金メダルを獲得している選手で、大怪我や事故を乗り越えて活躍した不死身のスキーヤーです。

なんでこんな人が岩岳の前走をしてくれたかは謎ですが、僕がこれを知った時は彼の滑りを観たかったと思いました。

ちなみに昨年も、地元白馬出身の体育会一部校の選手が前走を務めてくれていましたね。

上手な人の滑りを観るのは非常に参考になりますね。

今年はどんな人が岩岳の前走を務めてくれるのかワクワクの

美崎

2017-09-23 フットサル練習会

夏休みを全力で楽しみぬくか、28日に控えた中国語のテストの勉強をすべきか迷っている1年の高橋がブログを書いております。

フットサル練習会が開催されたのは昨日だったので、本当は昨日中にブログを更新すべきだったのですが、今日から新潟県かぐらスキー場で開催されている自分の母校、学習院高等科の合宿を早起きして見に行くために昨日ブログを書くのは諦めてしまいました。

f:id:springen_ski:20170923093711j:image:w360

今日はアシスタントとして選手の動画を撮影したりしたのですが、コーチの視点から選手を見ることができ非常に刺激となった一日でした。高校2,3年の後輩たちは大学というものに夢と希望を抱いているようでしたがその期待は私が打ち砕いておきました(笑)


さて、昨日は上井草スポーツセンターでフットサル練習会を開催しました。

オール早稲田フットサル大会へ向けての練習ということで、休憩も含めてですが9時から13時まで練習場を借りてフットサルを行いました。

参加者は7名と少なかったのですが、人数が少なくなった分一人一人の運動量が増え疲れは増す一方でした。終盤は皆足が止まってきてしまいました。7人を2チームに分けて行いましたが時田さんが覚醒したときのチームが強かったような気がします。

みっちり運動してシャワーを浴びた後参加した全員で記念写真をパシャリ☆

f:id:springen_ski:20170922133025j:image:w360

そして青沼ポーズを1年2人でパシャリ☆

f:id:springen_ski:20170922133125j:image:w360

長いと思っていた夏休みも1週間を切ってしまいました。大学生は人生の夏休みという言葉を聞いたことがありますが数少ない4回の内1回が終わってしまうのは悲しいです。

来年の夏休みこそは女の子と花火大会やお祭りに行きたいですね。

1年生の3人で誰が最初に彼氏彼女ができるかを競っていますが、この競争を先頭でゴールする人はいつになるのでしょうか(笑)