Sqratch Notes このページをアンテナに追加 RSSフィード

Sqratch Notesで紹介した記事のブックマーク。
Archives of Scratch Notes

2009-11-29

[]11月29日分


[一般/考察]
インフラエンジニアに成る:本を100冊も読めば本の読み方が変わる - livedoor Blog

  • 本をちゃんと読むためには数をこなす必要がある。数をこなさないと良い本と悪い本の区別がつかない。
  • 短時間で済ますべきは済まし、何度も読み直すものは読み直すというメリハリも必要。
速読を出来るようにしないと。速読は技術らしいので、知らなければ損にしかならないような気がする。以前は、本はじっくり読むべきと考えてたから速読なんてくだらないと思ってたけれど……。速読が出来る人はじっくり本を読むことが出来るんですよね。読み方の違いなだけですから。
・800円レベルの新書を読まなくなった →新書は何も頭に残らない。
新書の方が読んでる冊数が多い/(^o^)\ 。まあ、新書というジャンルが、専門の内容を分かりやすく書いたという感じで、あまり頭を使って読む必要がないからかも知れない。

「わかる」ためには引き出しを増やさないと:DESIGN IT! w/LOVE

[Web/IT]
その場で動作させて確認する正規表現入門ツール「HiFi RegExp Tool」:phpspot開発日誌
正規表現をいまのうちに覚えておきたい人のためのリソース集 − Publickey

[画像]
コミッカ?
good!アフタヌーンで「このねこばなし」を連載していた(作画担当)篠崎 司さんのサイトです。11月7日発売の号で、連載は終了しました。単行本の発売日がまだ決まってないみたい(?

[マンガ/ゲーム/アニメ]
任天堂を名言で振り返る - カミトバ星

百合アンソロジー「つぼみ VOL.4」(芳文社)感想 - みやきち日記
関谷あさみ「無限遠点」から見る、同性だから嫉妬してしまう心理。 - たまごまごごはん
百合な日々:つぼみ VOL.4 - livedoor Blog(ブログ)
「つぼみ VOL.4」は面白かったです。表紙で買っても大丈夫と思います。ただ、百合をどう思うか、ですね。

市川春子「虫と歌」 - 高卒SEの日記
きなこ餅コミック 人のカタチは壊れても、ココロはつながっている『虫と歌』
市川春子の短編集です。こちらも面白いので。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sqr2/20091129/1259459700