Sqratch Notes このページをアンテナに追加 RSSフィード

Sqratch Notesで紹介した記事のブックマーク。
Archives of Scratch Notes

2010-01-22

[]Evernote

Evernote for Windows が日本語対応したぜ、やったぜっていうエントリ。

「Evernote for Windows 3.5」正式版公開、高速化と日本語対応も -INTERNET Watch

Evernote for Windows が完全に日本語に対応。日本語の表示は、以前から出来ていましたが、検索の精度がいまいちだった。しかし、3.5になり、検索も日本語に完全対応。検索は、インクリメンタルサーチ全文検索です。


Evernote っていうのは、ざっくり言うと、メモサービスです。WindowsまたはMacのアプリケーションから、Firefoxから、iPhoneから、Twitterからといろんな所から Evernote にメモをすることが出来ます。詳しくは、ググってください。私は、テキストメモにしか利用してないので、詳しくは知らないのです。

Evernote for Windows 3.5 からメモする

Evernote 3.1のユーザーは、新バージョンをダウンロードしてインストールする必要がある

「Evernote for Windows 3.5」正式版公開、高速化と日本語対応も -INTERNET Watch Watch

だそうです。

Firefoxからメモする

iPhoneからメモする

EvernoteiPhoneアプリを入れる。もしくは、Evernote にメモが登録出来るメモアプリを買う。

公式アプリが重いので、あまり起動することはないです。iPhone の標準メモアプリでメモして、それをメールで Evernote に送信してます。ので、AwesomeNote も未購入。AwesomeNote は、メモアプリとして優秀なようですが。

iPhoneメモアプリの比較表を作ってみた(RainbowNote/AwesomeNote/WriteRoom/momo/OneNote/NoteMaster/HayaMemo/iNote/マギノート/Pastebot) - ひとぅブログ

Twitterからメモする

  1. myEN (Evernote) (myen) on Twitterをフォローする
  2. myEN からダイレクトメッセージ(以下 D)が届く
  3. D に記載されているリンクをクリックして、Evernote アカウントと関連づける
  4. 関連付けが終われば、「@myen 」か「D myen 」で Evernoteにメモが出来るようになる

タイムラインを見ていて、誰かが呟いたポストに気になることやリンクがあった時に、(非公式)RTして、それを @ か D で、Evernote に投げておいて、あとでパソコンから開くというふうに利用してます。たいてい、D ですね。ただし、D は、一日の送信数上限がある(?)みたいです。でも、私は具体的な数字は覚えてません。

2009-10-03

[]iPhone App「Read It Later」

はてブで付けた「あとで読む」タグを消化するために探してきました。見つけたのは、「Read it later」「Instapaper」。両方試してみて、選択したのは「Read it later」。ですので、以下「Instapaper」は、残念な所を書いたあとは登場しません。

これらのアプリは、ネット上のWebページをインストールしたiPhoneアプリ内に保存して、オフライン時でも読めるようにするよというものです。

※すべて無料版での使用感です。

◆Instapaper の残念な所

  • 広告表示
  • デザインがいまいち
  • Read it later に比べ閲覧設定が充実していない
    • 文字の拡大縮小といったもの
    • ただし、有料版では拡大縮小はあるようです

◆Read it later を選んだ理由

  • デザインがいい
  • 広告表示がない
  • 記事の削除が見た目、分かりやすい
  • 文字の拡大縮小が Free にもかかわらず付いてる
  • 画像表示にも対応している
  • 色反転が付いてる(Text only 時のみ)
    • 文字色が白に、背景色が黒になる。標準ではこれの逆。
  • 検索が出来る
    • 日本語には未対応
  • 並び替えが出来る
    • Newest,Oldest,Title,Site 順の4つ
  • Firefox アドオンがある。

◆使い方(Instapaper も似たようなもの)

※Read it later の使い方の説明です

※アドオンは使ってないので、その説明は端折ります。→「◆参考」にリンク貼りました。

  1. Read It Later: Signupで、アカウント作成します。IDとパスワードを設定するだけの簡単なもの
  2. ログイン → 「Bookmarklets」
  3. Bookmarklets内の「Read It Later」をショートカットバーに Drag&Drop 。これで完了。

あとで読もうと思ったページで「Read It Later」をクリックすれば、おkです。次は、iPhoneアプリでの設定になります。

  1. アプリをインストール → Read it later iPhone/iPod Touch App
  2. アプリを起動して先ほど設定した ID とパスワードを入力して、同期すればおk。

◆参考

「Read It Later」を使ってiPhone/touchで後で読む - iPod LOVE

こちらのエントリではアドオンでの、マーク付けを詳しく説明されています。

【Appレビュー】Webページを保存しオフラインで「後で読む」アプリ『Instapaper』 | iPhone.Walker

2009-09-19

[]Realforce108UB

東プレ REALFORCE 108UBK/変荷重キーボード/静電容量無接点/108キー/USB SJ08B0

東プレ REALFORCE 108UBK/変荷重キーボード/静電容量無接点/108キー/USB SJ08B0

◆主な特徴

  • 静電容量無接点方式
  • 変荷重
  • ステップスカルチャー構造
  • 本体の重さが1.4kg

高級キーボードの一つ。静電容量無接点方式だから高速入力、耐久性が高い。変荷重だから、長時間入力でも指が疲れにくい。

静電容量無接点方式とは

キーを押し込むことにより基盤側の電極の静電容量が変化する。この変化を読み取ることで ON/OFF を読み取る。わずかな入力でも、変化を読み取るので、キーをしっかり押し込む必要がない。そのため、高速入力が可能になる。ステップスカルチャー構造(下記参照)と呼ばれる構造をとっていることも、高速入力に適している。

東プレのキーボード

構造の画像は、こちらにあります。

変荷重

55g、45g、30gの3種類の負荷があり、キーにより異なる。

  • Esc は55g
  • ほとんどのキーは45g
  • 小指で押すことが想定されているキーは30g
  • ただし、面積の大きい Shift,Enter は45g

キーが軽いと力を入れる必要があまりないので、指に負担がかからず、長時間入力でも疲れにくい。

ステップスカルチャー構造

f:id:sqr2:20090919162628p:image:small

A列は平坦で、垂直に押すような形になる。その他のキーは、A列から離れるにつれて角度が付くので、はじくような形で入力する形になる。

その他

本体が1.4kgと割と重さがあるのは、入力中に本体が動いたりしないようにするため。底面に滑り止めも付いていますので、まったく動かないです。それと、キーを押した時の音がとても静か。今までのキーボードはかちゃかちゃと耳障りな音だったのですが、これは“とことこ”みたいな感じかな。

ただ、静電容量無接点方式だから、本当にちょっと押しただけで、入力されたことになる。ので、タイプミスが多いです^^; 。まあ、これは慣れでなんとかなる思いますね。


[]窓使いの憂鬱

窓使いの憂鬱

  • キーボードカスタマイズソフト
    • たとえば、Capslock と Ctrl の位置を入れ替えたりすることが出来る。
    • 独自のショートカットキーを割り当てることも出来る。

似たようなソフトに、「猫まねき」があります。ただし、この猫まねきは USB 接続のキーボードでは動作しないので、私は、こちらのソフトを使っています。

動作環境

Windows2000, WindowsXP

※Vista は未対応。ただし、対応させた派生ソフトがある。

※猫まねきより自由度は高いが、GUI 操作ではない。自分で設定ファイルを記述する必要がある。

私は、Ctrl の位置が気に入らないので、このソフトを使って、Capslock と Ctrlの位置を入れ替えて使ってます。

使いかた

といっても、公式マニュアルが充実しているので、私が書く必要がないんですよね。

窓使いの憂鬱 - README

ちょっと悩んだのが、自分が作った設定が要るの保存場所ですかね。環境変数でホームディレクトリの位置を指定するとありますが、これはソフトをインストールした時に出来るフォルダでもいいようです。ですので、私は mayu.exe と同じフォルダに設定ファイル「.mayu」を保存しています。

個人設定

私が設定したもの。

◆全般設定

  • Ctrl と Capslock の位置入れ替え
  • 半角/全角 を Esc に設定
  • 半角/全角の切り替えは、Ctrl+Space
  • Shift+Backspace で Delete

・Ctrl と Capslock の位置入れ替えの記述方法

mod control += 英数
key *英数    = *LControl
mod control  -= LControl
key *LControl = *英数

◆テキストエディタsakura の設定

  • Ctrl+h,j,k,l で、それぞれカーソルキー「←,↓,↑,→」-

Firefox/Opera

Home,End,PageUp,PageDown のショートカットキーを設定しようと思ったのですが、ブラウザ自体の設定などとかぶってしまうので、今のところ諦めてます。Firefox の場合は、vimperator を入れれば良いんですが、リンクの挙動がどうしても慣れず、今のところ無効にしています。

2009-09-18

[]Opera10

Firefox をメインとして使ってる一ユーザの視点でのレビュー。

※私の設定を元に書いています。

※Opera 10 を使用。

良いところ、いまいちなところ

◆ここが良い!

  • 起動・終了が速い(Firefox比)
  • メモリ使用が小さい(Firefox比)
  • AutoPagerize、LDRize がある。私の環境ではFirefoxより快適。
  • ぬるぬる動いて気持ちいい(ぇ
  • キーボードショートカットが Firefox と似ているので慣れるのが早い

◆ここがいまいち

  • 検索がやりにくい
    • 文章内の言葉を検索する時、Firefoxのように新しいタブが作られて検索が行われるのではなく、そのタブ内で検索が行われてしまう。
  • 画像のみを表示させることが出来ない。
  • Drag&Dropで画像を保存出来ない。
  • タブをDragして別のブラウザに持って行って開くことが出来ない。別のブラウザからもしかり。
  • オートアンカーが出来ない。

私が行った設定など

あくまでFirefoxのサブとして、使ってます。主に、Livedoor Reader でピンを立てた記事を一気に開いて見ていく。AutoPagerize で tumblr を閲覧。閲覧も LDRize があるので楽。ただ、LDRize は Opera 版であるからか、「t」 で Reblog が出来ないっぽい(?)。ピン記事閲覧、tumblr 閲覧のどちらも Firefox でやるとメモリーの消費がとんでもないことになって、ブラウザが重くなり不快なので、Opera でやってます。Firefox で見ると、ふつーにメモリー使用が 1GB を超えます^q^ 。Firefox については、別エントリ参照。


AutoPagerize を導入する。
  1. 適当な場所にフォルダを作成する。※私の場合、Operaをインストールした際出来たフォルダ内の「scripts」を利用してます。
  2. ツール → 設定 → 詳細設定 → コンテンツ → Javascriptオプション と辿る。
  3. Javascriptオプションの下部にある、「ユーザー Javascript ファイル」で、1. で作成した(または「scripts」)フォルダを指定。
  4. OK でウィンドウを閉じる。

これで、準備は完了。

あとは、oAutoPagerize - 0xFFから「0AutoPagerize.SITEINFO.js」と「oAutoPagerize.js」の二つを上の 1. で作成した、もしくは「scripts」フォルダに保存。これで、AutoPagerize が Opera10 でも使えるようになります。

LDRize を導入。

下準備は、「AutoPagerize を導入する」で終わっているので、LDRize and Minibuffer for Opera - 0xFFから、「0minibuffer.js」「0LDRize.SITEINFO.js」「xldrize.user.js」を DL して、上の 1.で作成したフォルダ(または「scripts」)に保存する。これでおk。

オートアンカー的なものを導入

Opera_ex という機能拡張ツールがあるのですが、まだ Opera10 には対応しておらず、入れることが出来ないようです。Opera10以下の Ver では対応してるようですね。ので、自分でオートアンカー的なブックマークレットを作っちゃいました。

javascript:void(function(){prompt('','<a href=%22'+location.href+'%22 target=%22_blank%22>'+document.getElementsByTagName(%22title%22)[0].innerHTML+'</a>');})()

javascript:void(function(){prompt('',':'+' '+document.getElementsByTagName(%22title%22)[0].innerHTML+' '+location.href);})()

上がアンカータグ、下がついったーでつぶやく用のもの。それぞれ、以下のように生成されます。

<a href="http://d.hatena.ne.jp/sqr2/" target="_blank">Scratch Notes</a>

:Scratch Notes http://d.hatena.ne.jp/sqr2/

これらの入れ方は、ブックマーク編集画面で、ブックマークに追加 → 適当な名前、アドレスに上のJavascriptを入る → 「パーソナルバーの表示する」にチェック。これで完了です。

マウスジェスチャーを有効にする

・ツール → 設定 → 詳細設定 → ショートカット → 「マウスジェスチャーを有効にする」にチェック

マッピングの設定変更は、「マウス設定」で Opera Standard を「編集」すればおk。

私が追加変更したのは、以下。

入力内容・ショートカット処理動作説明
GestureUpOpen link in new page | New pageリンクを新規タブで開いて移動。新規タブ作成
GestureDownOpen link in background pageリンクを新規タブで開く。移動無し
GestureLeft,GestureDownGo to endページの一番下へ移動
GestureLeft,GestureUpGo to startページの一番上へ移動

この中で、どれかが標準の設定とかぶっているので、それを変更しないと動作が変になってしまいます。これらは、全部私が使ってる Firefox のマウスジェスチャーと同じに設定しました。

その他、細かい設定

◆タブの設定

・タブにマウスオーバーした時のサムネイルが邪魔なので消した

==> 設定の詳細設定 → タブ →「マウスオーバーしたタブのサムネイルを表示」のチェックを外す

・タブの切り替え順変更

右クリック+ホイールでタブの切り替えが出来るのですが、標準だと使用順(?)になってるので、並び替えを行わずタブバーに表示されている順に切り替えポップメニューが出るようにした。

==> 詳細設定 → タブ → 「タブを切り替える順序」で「タブの表示位置順に切り替える」に設定。

参考リンク

より詳しく知りたい、設定したいという方に。

Opera Wiki

Opera10.0ではopera_ex代替案が動かない!? - そっと××

2009-09-07

[]White Browser

WhiteBrowser @WIKI - トップページ

  • 動画管理ソフト
  • サムネイルで一覧表示。
    • サムネイルは、ランダム作成、一定間隔作成、指定して作成が選べる。
  • タグで管理出来る。
    • タグのコピペは出来るが、自動補完は無い。
    • いくつかのタグを登録して、まとめて付けることは出来る。
    • タグの削除は簡単
  • 独自データベース
    • 名前を付けて複数作成可能。
  • スキンで見た目変更可能
    • スキンが少ない(?)
  • 複数のプレイヤーと再生連携が出来る。

他にも機能は沢山あるようです。詳しくは、Wikiを読んでみて下さい^^;

動作環境

WindowsVista, XP, 2000

インストール不要

コーデックがインストールされていればサムネイルが自動で作成されます。ランダムで作成されるので、気に入らない場合自分で「マニュアル作成」で作成しなければなりません。

コーデックをまとめてインストールしたい場合は、CCCPがお勧め。→ 多くの主要動画コーデックを一発インストール「CCCP」 :教えて君.net


WhiteBrowser @WIKI - MediaPlayerClassic

これを見て、サムネイルクリックでそのシーンがダイレクトに再生が出来るようにしてます。