大島芳樹のカリフォルニア日記

2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 05 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 05 | 08 | 10 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 02 | 03 | 04 | 07 | 08 | 11 |
2015 | 01 | 03 | 05 | 10 |
2016 | 01 | 02 | 05 |
 | 

2015-10-26

[] 近況  近況を含むブックマーク

ほとんど内輪の集まりという感じのBlocks and Beyond Workshopで"work in progress"のものを発表しました。

http://www.vpri.org/pdf/tr2015003_modsys.pdf

他の発表者が「どうやって初学者ブロック言語からテキストベース言語に移行させるか」というような話をしている中で、「未来ブロック言語なら自分自身編集できるようになって当然だろう」というテーマの話なのである意味浮いていたかもしれませんが、まあいずれ歴史証明してくれて私も学会復讐ができるというものでしょう。(いや、ワークショップの次の日はインフォーマルな集まりということで時間があったのですが、討議の中である程度のアイディアの種はやり取りできたような気はします)。

読んだ本は、いまさらながらSchoolhouse Politics

Schoolhouse Politics: Lessons from the Sputnik Era

Schoolhouse Politics: Lessons from the Sputnik Era

Jerome BrunerのM.A.C.O.Sがいかにして作られ、いかにして政治の波に巻き込まれて消えていったのか、ということをまさに渦中にいた第一人者がまとめた本です。「新しいカリキュラム作りということは、必然的政治的である」ということが一番の教訓ですが、これは現在コンピュータ教育にも当てはまるわけではあります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/squeaker/20151026
 | 

最近のコメント

1. 05/12 squeaker
2. 05/12 shiro
3. 11/10 squeaker
4. 11/28 squeaker
5. 11/10 kwakita
6. 11/28 (わ)
7. 11/10 squeaker
8. 11/10 abee2
9. 03/27 squeaker
10. 03/27 加藤正臣
11. 12/10 nomisuke
12. 12/12 squeaker
1132997