英字新聞 (読売、毎日、朝日、英字新聞の社説を学習研究 )

2014-10-31

アジア投資銀 過剰な中国主導で大丈夫か

The Yomiuri Shimbun
What does China’s plan for a new infrastructure bank portend for Asia?
アジア投資銀 過剰な中国主導で大丈夫か

The Asian Infrastructure Investment Bank (AIIB), a new international financial organization led by China, will be established in 2015 based on a basic agreement reached recently by 21 nations, including India and nine Southeast Asian nations.
The establishment of the AIIB has been proposed by China to accelerate infrastructure building in Asia.
 中国の主導する新たな国際金融機関「アジアインフラ投資銀行」(AIIB)が、設立されることになった。
 アジアのインフラ整備促進を目的に掲げ、中国が創設を提唱していた。インドや東南アジアの9か国など21か国が、2015年中の発足で基本合意した。

Demand for investment to build infrastructure, such as railways and roads, in Asia through the end of 2020 will total an estimated $8 trillion, or about \860 trillion.
 アジアでは20年までに、鉄道や道路などのインフラ投資の需要が、総額8兆ドル(約860兆円)に上るとの試算もある。

It is true that the existing international financial organizations, including the Asian Development Bank, will face difficulty in shouldering such a huge cost by themselves.
 アジア開発銀行(ADB)など既存の国際金融機関だけで、これほどの巨費を賄うのが難しいのも事実である。

Emerging Asian economies, which want to use infrastructure development as a locomotive for growth, understandably have high expectations for the AIIB.
 インフラ開発を成長の原動力としたいアジア新興国が、AIIBに期待するのは理解できる。

Japan, however, will not participate in the AIIB because its significance and management policy are not clear. Australia and South Korea are also conspicuously absent.
 一方、日本は参加を見送った。AIIBの意義や、今後の運営方針が不透明だからだ。オーストラリアや韓国も不参加だった。

In July, China also decided to set up a new development bank in collaboration with the other emerging economies in the so-called BRICS grouping, which comprises Brazil, Russia, India, China and South Africa.
 中国は今年7月、ロシアやインドなどと協力し、新興5か国(BRICS)による「新開発銀行」を創設することも決めた。

China apparently wants to use the AIIB and the BRICS bank to counter Japan, the United States and European countries that lead the International Monetary Fund regime and establish a new order in international financing.
 どちらも、国際通貨基金(IMF)体制を主導する日米欧に対抗し、新たな国際金融秩序を構築する思惑があるようだ。

A bank for China’s benefit?

In particular, the AIIB is aimed at providing China’s domestically struggling state-owned enterprises with opportunities to enter the huge market for building infrastructure in Asia. Furthermore, China apparently has a strategy to increase the number of friendly nations by utilizing its foreign currency reserves, now swollen to as much as $4 trillion.
 特にAIIBは、中国国内で行き詰まる国有企業に、アジアのインフラ整備という巨大な市場を提供する狙いがあるのだろう。
 4兆ドルに膨らんだ外貨準備を有効活用し、「中国シンパ」の国を増やす戦略もうかがえる。

It is also worrisome that China’s influence over the AIIB will likely be overwhelming.
 気がかりなのは、AIIBに対する中国の影響力が、突出して強くなりそうなことである。

The bank will be headquartered in Beijing and aims to procure $100 billion in capital. The ratio of investment will likely be decided in accordance with the scale of each economy, which will make China a majority stakeholder.
 北京に本部を置き、資本金は1000億ドルを目指す。出資比率は経済規模に応じて決める方針で、中国が過半を占める見通しだ。

There are nagging concerns that the AIIB will recklessly provide tied loans — such as requiring Chinese companies to win infrastructure contracts — in the guise of an international financial institution and will put priority on development projects that are beneficial to China. If its loan screening becomes lax, it is feared that development projects neglecting environmental and human rights concerns will be encouraged.
 国際機関の名の下で、中国企業の受注を条件とする「ひも付き」の融資が乱発され、中国を利する開発案件ばかりが優先されることはないか。融資審査が甘くなれば、環境や人権を無視した開発を助長する恐れもある。

A financial support framework that is excessively dependent on China could stall development projects should the Chinese economy stumble.
 中国に過度に依存した金融支援の枠組みでは、中国経済が変調をきたした際に、開発プロジェクトが滞るリスクも大きくなる。

It is essential for Japan, the United States and other nations to jointly beef up monitoring to see if the AIIB will be operated in a way to contribute to the healthy development of the Asian region.
 アジア地域の健全な発展に資する運営が行われているか、日米などが連携して、監視を強めることが重要だ。

Nonetheless, we should take heed of the use of China’s ample funds for Asian growth. Japan, the biggest ADB stakeholder, should work to establish a proper complementary relationship between the ADB and AIIB.
 潤沢な中国マネーを、アジアの成長に生かす視点も忘れてはならない。ADBの最大の出資国である日本は、ADBとAIIBが適切な補完関係を築けるよう、働きかけるべきである。

(From The Yomiuri Shimbun, Oct. 29, 2014)Speech

2014-10-30

「イスラム国」 過激派の勧誘に惑わされるな

The Yomiuri Shimbun
Don’t be fooled by Islamic State propaganda; united front needed
「イスラム国」 過激派の勧誘に惑わされるな

Propaganda by extremist groups justifying terrorism could generate new terrorist outrages in industrially advanced countries.
 テロを正当化する過激派の宣伝が、先進国で新たなテロを生む。

This vicious circle must be severed.
 この悪循環を断ち切らねばならない。

A Muslim convert, who planned to go to the Middle East, was shot dead by Canada’s parliamentary sergeant at arms after the man killed a soldier and then went on a shooting spree inside the parliament building in Ottawa.
 カナダの首都オタワで中東行きを計画していたイスラム教徒の男が、兵士1人を射殺した後、国会議事堂内で銃を乱射した。男は衛視に射殺された。

Near Montreal, soldiers were killed and injured recently in what appeared to be a terrorist attack, while in New York, a man attacked police officers with a hatchet.
 モントリオール郊外や米ニューヨークでも、男が兵士や警官を殺傷する事件が起きた。

In both incidents, the perpetrators were known to be sympathizers of Islamic extremism. The New York attacker had reportedly watched the site of the extremist group Islamic State.
 いずれの事件の犯人も、イスラム過激主義に共鳴していたことが分かっている。ニューヨークの事件の犯人は、過激派組織「イスラム国」のサイトを見ていた。

It is obvious that the radical beliefs of the Islamic State, which is expanding its influence in Iraq and Syria, lie behind the recent spate of attacks.
 イラク、シリア領内で勢力を拡大するイスラム国の過激思想が、一連の事件の背景にある可能性は否定できまい。

Young people from a number of countries have joined the Islamic State as combatants. Advanced countries were alert to the possibility of those fighters launching terrorist attacks when they return to their home countries.
 イスラム国には、各国の若者が戦闘員として加わっている。先進諸国は、戦闘員が帰国してテロを起こす事態を警戒していた。

Yet there has been no indication that any of the perpetrators of the recent attacks was a combatant who had returned home. Nevertheless, these incidents pose a new threat as they can be considered “home-grown” terrorism in advanced countries.
 だが、今のところ、一連の事件の犯人が戦闘員だった形跡はない。先進国における“国産テロ”と言えよう。新たな脅威だ。

The recent spate of incidents is also characterized by the fact that they were each carried out by a person acting alone.
 単独犯であることも特徴だ。

As there appears to be no conspiracy with similar-minded people, investigative authorities have great difficulty in detecting such acts of violence in advance, presenting them with a huge challenge.
仲間との謀議などがないため、捜査当局にとっては、事前の察知が難しい点が大きな問題だろう。

Even Japanese affected

In Japan, a male university student is being investigated by the Metropolitan Police Department on suspicion of planning to privately engage in military combat by attempting to go to Syria to join the Islamic State as a foreign combatant.
 日本では、イスラム国に外国人戦闘員として加わる目的で、シリアへの渡航を企てたとして、男子大学生が私戦予備・陰謀容疑で警視庁の捜索を受けている。

The student allegedly received assistance on travel to Syria and converted to Islam at the advice of a former university professor, who specializes in Islamic law.
 男子学生は、イスラム法学が専門の元大学教授から渡航方法の助言を受け、イスラム教に入信した。

The student reportedly said: “I want to die as I’ve been fed up with this world. I wouldn’t mind being killed in Syria.” Another man, who was living with the student, was reportedly planning to go to Syria with him.
「この世界が嫌で死にたい。シリアで殺されてもいい」と語っているという。一緒に住んでいた男性も同行予定だったとされる。

Is the clever propaganda that justifies rule by the Islamic State affecting the minds of those who feel alienated in their home country?
 イスラム法による支配を正当化する巧みな誘いが、疎外感を抱く者の心に付け入っているのか。

The Islamic State is a heinous organization that justifies mass murder and slavery. In this year alone, it has received about \2.2 billion in ransom money for hostages. Before U.S. warplanes bombed oil refineries operated by the Islamic State in September, the group was said to be earning about \100 million a day through the illicit trade of crude oil.
 イスラム国は、大量殺りくや奴隷制を肯定する凶悪組織だ。今年に入り、人質の身代金で約22億円を手にした。米国が9月に製油施設を空爆するまでは、原油の密売で1日約1億円を得ていた。

Supported by unprecedented funding, the terrorist organization is believed to be carrying out an extensive propaganda campaign. It is important for nations to expose the true nature of the Islamic State through such tools as the Internet.
 テロ組織としては類のない資金力を背景に、大がかりな宣伝戦を仕掛けているのだろう。各国は、イスラム国の真の姿をネットなどで広く知らせる必要がある。

Needless to say, the most important thing is to annihilate the Islamic State. The U.S.-led coalition has conducted more than 550 airstrikes in Iraq and Syria. But the fighting is said to be fluctuating, with combatants sometimes advancing and sometimes retreating.
 無論、最も重要なのは、イスラム国の壊滅だ。米国などの有志連合は、イラク、シリア領内で550回以上の空爆を行ってきたが、戦闘は一進一退の状態にある。

There also is disarray in the coalition over strategy. It is essential to restore a united front against the Islamic State.
 有志連合には、戦術面で足並みの乱れもある。共闘態勢を立て直すことが急務である。

(From The Yomiuri Shimbun, Oct. 28, 2014)Speech

2014-09-30

「円安なら株価が上がる」は本当か まじめに「円安と株価の関係」を考えてみた

(東洋経済オンライン記事を引用)

 今日は、まじめに考えてみよう。

 いつもまじめなのだが、ここでいう「まじめ」とは、行動ファイナンス的にではなく、いわゆる「ファンダメンタルズ」的に考えてみるということだ。

 さて、そうなると、円安で日本株が上昇する、というのは説明がつきにくくなる。行動ファイナンス的に言えば、円安は日本経済にプラス、だから日本株上昇、という連想ゲームをみんながするから、円安となれば迷わず日本株買い、ということですべてが済んでしまう。

なぜ「円安株高」という連想ゲームが働くのか

 しかし、「まじめに」考えると、なぜ、円安株高という連想ゲームが働くのかが問題だ。行動ファイナンスで考えれば、連想の理由はどうでもよく、皆がそう連想する、という連想が重要なのだ。

 いったん、この連想の連鎖が皆に広がれば、自動的に連想の連鎖は広がり、続く。これがバブルであり、連想の根拠があろうがなかろうが、それがファンダメンタルズであろうがなかろうが、同じことで、すべてバブルなのだ。

 ただ、いわゆる「ファンダメンタルズ」で考えてみることも重要である。なぜなら、前回の9月9日のコラム「私に『金融』を考えさせた『3つの事件』」で触れたように、金融の時代は終わり、実体経済の時代がやってきているからだ。

 そうなると、連想ゲームは、金融だけの事情では起こりにくくなってくる。実体経済、いわゆる「ファンダメンタルズ」によって、金融市場は動かされる側になってくるからだ。連想ゲームが起こるとしても、「ファンダメンタルズ」が基礎、あるいはきっかけになるはずだからだ。

 さて、円安が日本経済にプラスというのは本当だろうか。経済学で言えば、これは100%誤りである。為替レートは経済学では交易条件であり、円が強い、自国通貨が強くなれば、必ず、自国の経済厚生は高まる。

 つまり、国民は幸せになるのである。なぜなら、円が強くなるということは、同じ100円でより多くのモノが手に入るということであり、食べ物も資源も衣類もすべて安く手に入るわけであるから、必ず幸せになるのである。

なぜ「円高悪玉論」は、半ば常識となったのか

 しかし、円高のせいで日本経済がおかしくなっていた、という議論は、半ば常識として取り扱われてきた。これは、なぜだろうか。

 もっとも一般的な解釈は、為替には均衡為替レートが存在し、市場の調整機能が十分発揮されれば、到達することになる為替レートがあるが、そこから一時的に外れると、さまざまなひずみをもたらすということである。そして、これまでは、均衡レートを上回る円高だったということだ。

 つまり、たとえば、均衡為替レートが1ドル90円であったときに、78円になってしまうと、輸出企業は苦しむ。彼らが均衡為替レートを正しく認識していたとすると、78円というのは異常事態であり、いつかは均衡に戻るはずである。

 均衡に戻れば、1ドル90円になれば、現在の生産工場の立地はこれでいい。日本中心でいい。だから、90円に戻るまでは、歯を食いしばってがんばり続ける。こういう意思決定をしたとすると、一時的な円高は苦痛である。

 そして、一時的と思った円高が数年も継続すると、苦痛では済まなくなり、企業の危機である。需要はその数年間に他の国の生産者に取られ、まったく市場からおいていかれ、衰退してしまう。取り返しのつかない円高ということになる。一時的な円高を修正しようとしなかった日銀が悪い、という非難というか愚痴も出てくる。

 しかし、これは単なる愚痴だ。行動ファイナンスの世界になれているわれわれには、とても愚かな言いわけに聞こえる。ノイズトレーダーリスクがあり、株価が均衡価格あるいはファンダメンタルズに戻ってくる保証はないから、均衡に戻るというナイーブな信念で、投資戦略を立てる愚か者はいない。実体経済においても、証券投資と同じく、ポートフォリオを組むべきなのだ。

 すなわち、世界に生産ネットワークを構築し、一時的に円高で日本での生産がコスト上不利になった場合には、その期間は、米国工場の生産を100から150に増やし、欧州工場の生産を50から80に増やし、日本工場の生産を200から120に抑える、というような対応を取るべきなのだ。

 そういうことができるのは大企業だけだ、と言われそうだが、グローバル経済で生きていく以上、一点集中で勝負するのは、全財産を個別株1銘柄だけに集中させるのと同じくらい危険なことなのだ。

 そして、個別銘柄のリスクよりも為替の動向は読みやすい。なぜなら、為替には明らかなモーメンタムがあり、いったん円高方向にすすむトレンドができれば、ある程度は継続することはわかっているからだ。

 もう一つは均衡レートの読み誤り、ということがある。そもそも、金融市場ではファンダメンタルズによる均衡レートを期待することそのものが間違ってはいるのだが、そうだとしても、均衡レートが120円にあると考え続けたのは間違っている。実体経済からの均衡レートは、85円から95円というのが妥当な推測だ。現在110円へ向かおうとしているのは、異常な金融緩和によるものであり、いまこそ実体経済から見た均衡レートからは外れる動きをしている。

「円安歓迎の上場企業」のファンダメンタルズは改善

 さて、本題は、なぜ円安になると日本経済にプラスになるのか、ということであった。モノを手に入れるためのおカネの価値が下がるのであるから、日本国民は不幸になるということであった。そして、為替レートの一時的な変動は、実体経済における企業などの行動にひずみをもたらすということがわかった。

 しかし、均衡レートを超えて円安になることで、経済が良くなることは絶対あり得ない。均衡から外れること自体が不幸であるし、しかも、それが自国のおカネの価値を下げ、土地のドルベースの価格を下げ、企業の時価総額を下げ、日経平均のドル建ての価格を下げることになるから、何もいいことがあるはずがなかった。

 円安により、世界経済における日本の存在感も価値も大きく低下したのである。中国にGDPで抜かれて悔しがるのであれば、円高になれば、すぐに抜き返すことができるにも関わらず、悔しがった人々は、円高がそれに拍車をかけたと勘違いしていたのである。

 そうなると、円安株高の理由は「ファンダメンタルズ」上はまったくなくなる、ということになる。では、なぜ、円安株高の連想ゲームはまだ続いているのであろうか。

 それは、「ファンダメンタルズ」を日本経済の「ファンダメンタルズ」で考えたからだ。日本経済ではなく、日経平均株価の構成銘柄、あるいは東証1部上場企業の「ファンダメンタルズ」で考えなければならなかったのだ。企業の「ファンダメンタルズ」とは企業価値であり、企業の収益とリスクからなる。この企業収益が、円安により増えるかどうか、ということなのだ。

 いまやコンセンサスとなったように、円安では輸出は伸びない。前述のポートフォリオをきちんと構築している、これらの上場大企業たちは、世界中に生産基地ポートフォリオを確立している(しつつあった。そのためには円高は割安で海外の土地や工場や企業や人々を安く雇えたのだ。もはや円安では、田中将大を買い戻すことはできない)。

 だから、円高対応で、価格競争にさらされるコモディティと呼ばれる、多くの生産者が作ることができる製品は、海外へ、それも日本とは賃金が10分の1以下などの国に移したのである。なぜかテレビの生産者の一部は、これをしなかったために、大きな損出を出した。これは単なる誤りであった。

 さて、したがって、円安になっても、これらの生産は日本には戻さない。当初は円高対応がきっかけだったが、実際に海外に拠点を置いて見ると、賃金の違いは為替の20%などでは埋められない差であり、しかも、販売先の市場に近い立地で生産することのメリットが大きいことに誰もが気づいたからである。

 人を雇うのであっても、現地の人々を使った方が、現地にふさわしいものづくりができることは、よく考えてみれば明らかだった。

 この結果、価格競争だけのコモディティだけでなく、付加価値の高いモノであっても、現地で作るという流れが定着した。したがって、今後も、円安ぐらいでは日本に生産を戻すということは起きにくいだろう。

円安で株価が上がる2つのメカニズム

 しかし、それでも、円安で企業収益は改善し、株価は上がる。それは、2つのメカニズムである。第1に、もともと日本から輸出していたモノの利益率が高まることである。400万円のコストをかけて作った自動車を米国市場で5万ドルで売っていた場合、1ドル80円なら利益ゼロだが、1ドル100円なら利益は1万ドルだ。だから利益率は上がる。

 しかし、価格引き下げで販売数量を伸ばし、輸出を増やし、生産を増やす、という行動には出ない。米国市場においては、5万ドルが最適な企業戦略価格だからだ。だから、輸出は伸びず雇用は増えないが、利益は増える。賃金は、この企業は上がる可能性はある。

 もう一つのメカニズムは、より単純で、たとえば、この自動車会社の米国現地子会社の利益が年間10億ドルだったとすると、円換算が80円なら800億円、100円なら1000億円になるなら、2割増益になるからだ。この二つのメカニズムで、企業収益は大きく改善したのである。

 先日、ある外資系証券会社の分析を見た。円安の企業収益に与える影響というものだった。輸出企業に限らず、企業全体である。輸入企業、内需企業は輸入コスト高で苦しくなるのは当たり前である。しかし、輸出と輸入、内需、すべての企業への影響をトータルすると、前述の増益の第一のメカニズムを考慮してもマイナスであることが判明したそうだ。つまり、モノの実際の輸出入では明らかに損失なのである。

 これは前述の経済学が述べたとおりで、交易条件の悪化が、いわゆる経済厚生の水準を低下させるというモノで、企業部門に限ってもマイナスだったのだ(消費者は100%マイナスであるから、日本経済全体ではそれ以上のマイナスだが、ここでは関係ない)。

 しかし、前述の「第二のメカニズム」=子会社効果は大きなプラスで、これを加えると、トータルでプラスになるという分析だった。だから、円安で株高になるのは正しい、という議論であった。

円安による株高は長続きしない

 これは何を意味するか。実態ベース、実質ベースでは、日本企業、上場企業に限っても大きなマイナスであることを示している。なぜなら、子会社の利益は円換算にした場合にプラスとなるだけで、ドルベースで考えると不変だからだ。

 そして、実体経済ベースではマイナスなのだから、これは実質ベースで考えれば、上場企業にとってすら大きなマイナスなのだ。なぜなら、もはや海外企業を買収しようにもより多くの円が必要になり、海外企業にとっては、より少ないドルや元で日本企業や人材や土地を買うことができるからだ。

 こうなると、やはりファンダメンタルズで考えると、円安株高というのはごく短期の会計上の利益改善に着目した動きということになる。ファンダメンタルズ的に言えば、持続はしないということになる。

 実際、円安がすすんでも株高にならない場合が、最近は散見されるようになってきた。そのときの市場のムード次第、仕掛ける側の都合次第で、円安は株高につながったり、つながらなかったりするようになっている。

 意外と市場もファンダメンタルズに近づいていると言えるかもしれない。

2014-09-25

円安の進行 景気への副作用に目配りせよ

The Yomiuri Shimbun
Govt, BOJ must watch carefully for economic side effects of weak yen
円安の進行 景気への副作用に目配りせよ

The yen’s weakness, which has served as a tailwind for the national economy, will no longer be welcomed without reserve if it goes too far.
 日本経済の追い風となってきた円安も、行き過ぎれば手放しでは歓迎できなくなる。

The government and the Bank of Japan must conduct policy management that also keeps an eye out for side effects from the weak yen.
 政府・日銀は、円安の副作用にも目配りした政策運営に努めるべきだ。

The yen’s exchange rate, which recently stabilized at around \100 to the U.S. dollar, has seen a radical swing to the weaker side in the past month, with the rate approaching the \110 level Friday for the first time in six years.
 1ドル=100円近辺で安定していた円相場が、ここ1か月で大きく円安に振れ、先週末には約6年ぶりの110円台に迫った。

One of the primary factors behind the shift is that prospects of a U.S. interest rate hike became stronger due to the country’s firm business climate. As a result, the selling of yen for dollar purchases has accelerated.
 景気が堅調な米国の利上げ観測が強まり、円売り・ドル買いが加速したことが主因である。

The Federal Reserve Board has announced that its quantitative easing policies such as purchasing government bonds will end in October. The U.S. central bank also disclosed an “exit strategy” for returning to a more normal monetary policy by ending its zero-interest policy.
 米連邦準備制度理事会(FRB)は、国債購入などの量的金融緩和策を10月で終えると表明した。ゼロ金利政策を解除し、異例の金融緩和を通常に戻す「出口戦略」の計画も公表した。

On the other hand, Japan has limped along in terms of business recovery since the consumption tax rate was raised to 8 percent in April. Central bank Gov. Haruhiko Kuroda has showed a willingness to carry out additional monetary easing.
 これに対し、日本は消費税率引き上げ後に景気がもたつき、黒田東彦日銀総裁が追加金融緩和も辞さない構えを見せている。

Speaking at a news conference held after a meeting of finance ministers and central governors from a Group of 20 principal economies, U.S. Treasury Secretary Jack Lew expressed disappointment with the economic growth of Japan and the eurozone. The strong dollar is expected to continue for the time being.
 主要20か国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の記者会見でルー米財務長官は、「ユーロ圏と日本の成長には失望させられている」と述べた。「強いドル」の局面は当面、続くと見られる。

Radical changes in foreign exchange rates are another concern. The government and the central bank are urged to bolster their monitoring of any speculative moves that could cause violent fluctuations.
 気がかりなのは、為替相場の動きが激しいことだ。乱高下につながる投機の動きはないか、政府・日銀は監視を強めてほしい。

The big picture

The weak yen expands corporate exchange gains from exports and revenues raised overseas. The Nikkei Stock Average at the Tokyo Stock Exchange has recovered to the \16,000 level for the first time in eight months, obviously reflecting the market’s straightforward appreciation of the favorable effect of the weaker yen on corporate performance.
 円安は、企業の輸出代金や海外で上げた収益の為替差益を拡大させる。東京市場の平均株価が約8か月ぶりに1万6000円台を回復した。業績への円安メリットを素直に評価しているのだろう。

But looking at the Japanese economy as a whole, there are negative aspects to a weak yen.
 ただ、日本経済全体を見ると、円安には「負の側面」もある。

A weakening of the yen by \10 against the dollar will push up the combined profits of listed companies by \1.9 trillion, according to an estimate by Mizuho Bank. Unlisted firms, on the other hand, will see a profit decrease of \1.2 trillion.
 みずほ銀行の推計によると、円安が10円進めば、上場企業には計1・9兆円の増益効果がある一方、非上場企業は逆に1・2兆円の減益になるという。

The weak yen gives meager benefits to small and midsize firms not engaged in exports or overseas operations, as well as retail and service companies relying on domestic demand. Furthermore, these businesses will have to shoulder additional costs caused by steeply rising prices for imported raw materials and power rates. Thus, their operations are facing additional financial pressure.
 輸出や海外展開に縁のない中小企業や、小売り、サービスなど内需産業は円安メリットが乏しい。それに加え、輸入原材料や電気料金の高騰などでコストはかさむため、経営は圧迫される。

It is worrying that excessive weakening of the yen may put small and midsize firms into a predicament.
 過剰な円安で、中小企業が苦境に陥らないか心配である。

Structural changes of the national economy are also a factor that cannot be overlooked. With progress in transferring production centers overseas, domestic production and exports cannot expand as greatly as before even if the yen weakens.
 経済の構造的な変化も見過ごせない観点だ。生産拠点の海外移転が進み、円安でも国内生産や輸出が以前ほど増えなくなった。

It is safe to say that it has become difficult for the benefits of the weak yen to be translated into the expansion of job opportunities and wage hikes. It is feared that continued sharp price increases for necessities such as imported food and gasoline amid stagnant household income could keep consumption sluggish, thereby stalling business recovery.
 円安の恩恵が、雇用増や賃上げとして国内に還元されにくくなったと言える。家計の所得が伸びない状況で、輸入食品やガソリンなど必需品の高騰が続けば、消費が低迷し、景気回復の足を引っ張る懸念があろう。

It is urgent to analyze in detail the impacts of the weaker yen on the national economy.
 円安が景気に与える影響を、詳細に分析することが急務だ。

(From The Yomiuri Shimbun, Sept. 23, 2014)Speech

2014-09-24

社説:視覚障害と社会 無関心という罪の重さ

September 22, 2014(Mainichi Japan)
Editorial: Harassment of visually-impaired people shameful
社説:視覚障害と社会 無関心という罪の重さ

A girl at a high school for visually-impaired students in Saitama Prefecture suffered serious injuries that are expected to take three weeks to heal after being kicked in the leg by a man from behind at a train station on Sept. 8.
 埼玉県内の盲学校に通う高等部の女子生徒が今月8日、JRの駅構内で何者かに背後から強く足を蹴られ、全治3週間のけがをする事件があった。

The victim, who is completely blind, was using a white stick and walking on Braille blocks at the time of the incident. 生徒は全盲のため白杖(はくじょう)をつき、点字ブロック上を歩いていた。

She obviously not only suffered physical pain but also was horrified.
突然の暴力に遭遇した生徒は痛みだけでなく、恐怖も大きかっただろう。
   
Based on testimonies provided by eyewitnesses as well as other information, police are questioning a man in his 40s, who is intellectually handicapped, as a suspect on a voluntary basis. Police should thoroughly get to the bottom of the incident.
 警察は目撃情報などから、知的障害のある40代の男を容疑者として任意で取り調べている。捜査を尽くしてもらいたい。

The latest case has highlighted how many obstacles visually-impaired people face when they walk outside.
 視覚障害者が外を歩くのに、いかに障壁が多いか。今回の事件をきっかけに浮き彫りになったことだ。

An organization representing visually-impaired people says it is a daily occurrence that such people have their white sticks broken after colliding with other people or objects, or they are subjected to verbal abuse.
 視覚障害者団体によると、人や物とぶつかって白杖が折れたり、暴言を浴びたりといったことが日常茶飯事だという。

In April this year, a blind woman who was sitting on a bench at a supermarket in Kobe suffered a broken bone in her face after being hit by a man who stumbled over her leg.
神戸市では今年4月、白杖を手にスーパーの通路のいすに座っていた全盲女性が、足につまずいた男に殴られ顔面を骨折した。

The man under arrest over the case was quoted as telling investigators, "I was furious after stumbling over her leg."
逮捕された男は「女性の足に引っかかり腹が立った」と供述したという。

For what purpose are there white sticks and Braille blocks?
 白杖や点字ブロックは何のためにあるのか。

While there are growing calls for achieving a society in which people with and without handicaps can coexist, there are too many people who do not pay attention to difficulties that visually-impaired people are facing in society.
健常者と障害者が共生する社会の実現が長く言われながら、関心のない人があまりに多い。

The Road Traffic Act requires visually-impaired people to carry a white or yellow stick or be accompanied by a guide dog when they walk along roads.
 道路交通法のきまりで、視覚障害者が道路を歩く時はつえをつくか盲導犬を連れなければならない。

Their sticks are not just tools but also a kind of life rope that serve as their eyes or legs.
つえの色は白か黄色と決まっている。つえは単なる道具ではなく、視覚障害者の目や足の代わりとなる命綱だ。

Braille blocks are plates with projections that visually-impaired people can sense with the bottoms of their feet.
 点字ブロックは、視覚障害者が足の裏の触感覚で認識できるよう突起をつけたプレートだ。

Local governments across the country are pressing forward with the installation of Braille blocks on sidewalks, at railway stations and other public places in accordance with their respective ordinances.
各自治体が条例に基づいて歩道や駅、公共施設などで設置を進めている。

Braille blocks were invented in Japan in 1965.
 点字ブロックは1965年に日本で考案された。

Such blocks were first laid in Okayama Prefecture, and have since spread to over 150 countries.
岡山県内に世界で初めて設置され、今では世界150カ国以上に普及している。

Despite the history of Braille blocks, people frequently park their cars or bicycles on the blocks or lay their baggage on them. Many pedestrians are indifferent to Braille blocks.
そんな歴史がありながら、その有用性が社会に浸透しているとはとても言えない。
 点字ブロック上への駐車や駐輪は日常的で、物も置かれる。多くの歩行者も点字ブロックの存在に無関心だ。

It is easy to imagine that if pedestrians operate their smartphones while walking, they may overlook and bump into visually-impaired people with sticks.
歩きながらスマートフォンを操作していれば、つえをつく視覚障害者に気付かず、ぶつかる危険が高いことは容易に想像がつく。

Relevant legislation has gradually come into force and society is becoming increasingly barrier-free.
 法律が徐々に整備され、社会のバリアフリー化が進む。

Slopes and restrooms for handicapped people have been set up at a growing number of railway stations and other public spaces.
スロープや障害者対応トイレが駅や公共の場所で増えている。

Still, one cannot help but wonder whether people are sufficiently aware of these efforts to improve facilities for handicapped people.
だが、そうした施設の整備に人の心が追いついているだろうか。そんな疑問が湧いてくる。

Concerns remain over people failing to keep in mind that they should pay close attention to handicapped people on streets to see if they face any potential danger and extend a helping hand to those in trouble -- which is no more than basic common sense.
 障害者と街で出会えば、危険な目にあいそうにないか目配りをする。困っていれば手を差し伸べる−−。学校や家庭の教育を通じて身についているはずの常識が、どこかですっぽりと抜け落ちていないか心配だ。
 障害者の立場を思いやることが大切だ。私たち一人一人の振る舞いが問われている。

毎日新聞 2014年09月22日 02時31分