Hatena::ブログ(Diary)

屑篭世界事。

オリジナルで小話とかを書き散らかしてる場所です。
中途半端に終わってたり、会話だけだったりします。
要するにネタ帳みたいなモンです

リクエスト、キャラへの質問等受け付けていますので、
何かありましたらサイドバーの拍手からでも送ってください。

2010/05/16/

ヴィア:明日晴れたら良いと思った

※あの子=ユーザさんと思ってください


その日の夜は、雨が降っていた。

季節に似合った冷たい……けれども雪にはけしてならない雨。

そんな日は客足も少ない。 だから早めに店を閉めた

元々営業時間などと言うのはあってないようなもだし、マルティが眠たそうにしていたのもある。


closeの看板を表に出し、静まりいかえった店内で一人、ぼーっと、水晶に映る自分の顔を眺めていた。



こんこんと、申し訳程度に小さなノックが聞こえた。




あの子が立っていた。


まるで空と同じように、ヒドイ顔をして。



奥深く根付いた偽善心が、どくりと疼いた。

「どうしたんだい?」

いつものように、ゆるい口調で。

「ああ、それよりも中へ入りなさい。 ここでは寒いだろう?」

あの子の手を取り、中へと招き入れる。

手近なソファーへ、腰掛けさせて。

暖を取れるように暖房の電源を入れる。

「外は寒かったろ?」

あの子がほんの少しだけ、首を縦に動かす。

インスタントコーヒーをついで、あの子に渡しながら問いかける。

あの子はマグを受け取ると、小さな声でありがとうと言った。

「なにか、あった……のかな、そんな顔をして」

その問い掛けには、何も言わなかった。

「まあ、喋りたくないのなら……それでも良い」

本当は、その表情の理由を知りたいくせに、偽善者ぶってそう言う。

「今日はもう、店は閉めているから……好きなだけここにいると良い」


張り付いたものにならないように、気をつけながら笑顔を作る。

あの子はこくんと一回頷いて、コーヒーをすする。

私はあの子の隣へと腰掛けて、自分の分のコーヒーを口にする。

「雨、今日は止まないだろうね」

語りかけるように、呟く。

「けれども、いつかは晴れる」

あの子の反応は特にない。

「いつか……晴れたのなら、それで良い」

小さく、しゃくりあげるような声が聞こえた。

「今は雨でも……今は泣いても」

あの子が、隣で泣いているのだろう。

「いつか笑えれば良いんだから」

あの子の顔を見ないように、続ける。


「今は、どんなに泣いていても……いいんだよ」




ああ、嫌になる程偽善的な言葉。

ここを野奥深くまで染み込んで、もうきっと取れない偽善。



けれども、その日の雨を見て。

あの子の雨を見て。



それが本心ならば良いと思ってしまった。




今日の雨は止まないかもしれない。



けれども。


けれども明日。


明日晴れたら良い。


あの子の顔も、この空も。

2010/02/21/

ヴィア: 不眠の原因


「ヴィア様、あまり飲みすぎると眠れなくなりますよ?」


三杯目の紅茶に砂糖を一つ落とした時、マルティがそう言ってきた。

「紅茶はコーヒーよりも多くカフェインを含んでおります。飲みすぎれば眠れなくなります」

気づくとあたりはすっかり薄暗くなっている。ティータイムという時間には遅すぎる時間。

眠れなくなるから飲みすぎるな…といわれても仕方無いような時間帯だろう。

「マルティ……私は注意されるほど子供でもないよ」

ふっと、一息ついて「今夜は眠らない」と続ける。



眠らない……と言うよりは、眠れないといった方が正解に近い。

もちろんカフェインの取りすぎと言うわけではないし、昼寝のし過ぎというわけでもない。



「君も、私との付き合いが長いんだ。私の体質は理解しているはずだろう?」

「理解はしております。ですが……」

理解していることと納得している事は違います……と、マルティが続ける。

表情からも納得していないことが読み取れる。

「私とて、毎夜眠れるのであれば寝ていたいよ」

口元を少しだけ緩ませてそう答える。

ヴィアはマルティが自分の体の事を思って小言を言うのは理解しているが、納得はしていない。

それと似たような物だろう。



眠れないのではなく眠らない。

眠らないのは眠れないから。

ある意味不眠症と言う物に近いような気がしない事も無い。

何年もそんな体質と付き合っているのだ。いい加減師匠のように慣れてしまえば、毎日でも眠れるのだろうが……ヴィアはいまだにそこまでの”慣れ”にはなっていない。



(眠れない原因のほんの少しでも、この紅茶にあれば楽なのだけどね……)



ふぅと小さくため息をついて、三杯目の紅茶に口をつけた。

2009/07/09/

今日もまたニンゲンがくる。

何をするでもなく、私の話を聞いて、怪我の具合を聞いて、去っていく。

あいつは何が目当てなのだろう?


私を懐柔して、なついたところで毛を剥ぐ気なのかもしれない。

私を懐柔して、見世物小屋に連れて行く気なのかもしれない。


そんなヤツじゃないと信じたい気持ちと、それを受け入れられない気持ちとで、私はゆれている気がしてならない。

2009/06/20/

風が吹いた。

冷たい北からの風。


それはまあいつもの事だ。

風の流れに変化はない。 強い、冷たい、風。

いつもと変わらない。


そのはずなのに。


いつもよい、冷たく感じた。

2009/01/03/

その他のキャラのどうでもいい設定

なんか大掃除してたら設定メモが出てきたの、なくさない内にメモ。




マルティ

・猫なのに暗い所、狭い所が苦手。 *1雷も苦手

・本当は髪を伸ばしてみたいけど、癖毛で猫毛だから諦めてる

・恋愛事にはかなり疎い

・アドリブに弱い


アルザ

・掃除好きだけど、綺麗にする事が好きなだけなので、整理整頓は苦手

*2兄と姉がいる。

・典型的な突っ込み気質



バド

・家が商人の家系だから、なんとなく商いをしてる

*1:大きな音が苦手

*2:兄はアルザを大きくした感じ。かなり似てる