SRの気まま日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-10-05 電子申請2 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 電子申請で手続きを始めて、便利になったのは健康保険保険証の発行が早くなったことがある。窓口に持っていくと概ね1週間くらいかかっているが、電子申請だと手続き完了の通知した日には発送されている。数日前、完了通知のメール月曜日に届いた。たまたま、別件で手続きした会社保険証が1、2日程度で届くと話したら、金曜日に届いているとのことだった。通知より早く届くのね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 大和情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/srtakahashi/20111005

2011-09-22 電子申請 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 先週から一部の顧問先にお願いして電子申請を行った。まず、面倒なのが委託証明する書類を作成して、pdfjpgを添付資料として準備しなければならない。それも300KB以下でないとならないという条件付き。初めての届け出は住所変更だが、ローマ数字など環境依存文字はエラーになる。正しい住所を記入したものを別添としてファイルに添付する必要がある。これも、300KB以下。

 その次に、資格喪失が1件。今のところ、離職票電子申請できないので、社会保険だけ申請する。回収した保険証は後日送付すればいい。ここで疑問に思うのは、回収不能だったときから回収不能届を送ればいいのだろうか?

 もう1件、資格取得も行った。初めて雇用保険手続きになる。資格取得用の用紙を事前に購入しておいたので、形式は大丈夫雇用保険資格取得は、ほぼ即時に行われ朝1番に提出したものが、お昼前には手続きが完了した。雇用保険の番号が不明の方だったが、履歴書をスキャニングしたものを添付したら番号を調べて従前の番号で取得できた。

 雇用保険は数時間で取得手続きができるようだが、社会保険はどの手続きも2日はかかっている。送信時のエラーはすぐわかるが、手続ミスがあるのかが分かるのが遅いのは、自分性格上合わないなぁと感じる。精神安定上、自分で直接役所に持っていく方が安心はするが、少し遠くの場所の手続きは楽ではある。もう少し処理が早くなってもらいたいとは思うが。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 大和情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/srtakahashi/20110922

2011-09-16 ファイナンシャルプランナースタディグループ このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 もう一つ持っている資格であるファイナンシャルプランナー。資格を取って、10年になる。資格を取ったとき、FP協会しかなかったので何も考えずに取ったが、2年間に一定単位を取らないとならないので資格の維持が面倒である。また、知識のブラッシュアップも必要である。そこで、地域学習するグループを作って資格と知識の維持を図る目的でスタディーグループというものがある。

 大和湘南台地域で6月より有志が集まって、『かながわSG.YAMATO』という名称でスタディグループを設立した。記念すべき第1回目の講師を仰せつかり、『正しく理解したい労災保険』と題して2時間お話しさせていただいた。公的保険の手続きは業務で行うが、給付の種類や要件だけ話をしても試験勉強になってしまうので、できるだけ事例を中心に何が業務(通勤災害になるかをポイントに話した。これも社労士試験の問題として出題されるが、普通ありえないだろうというものがあったりと改めて調べると面白かった。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 大和情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/srtakahashi/20110916

2011-08-05 夏季休業のお知らせ このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 8月6日(土)〜16日(火)までお休みさせていただきます

 今年は九州をウロウロしようと思っています。一応、行くことを決めているのは日本三大車窓の一つである肥薩線矢岳越えくらいです。さすがに泊る所だけは決めてはいますが。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 大和情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/srtakahashi/20110805

2011-07-29 税制優遇制度 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

srtakahashi2011-07-29

 平成23年4月1日から平成26年3月31日までの期間に始まるいずれかの事業年度(以下「適用年度」)において、雇用増加数5人以上(中小企業は2人以上)、雇用増加割合※10%以上等の要件を満たす企業は、雇用増加1人当たり20万円の税額控除(当期の法人税額の10%(中小企業20%)が限度)が受けられる雇用促進計画による税制優遇制度が始まる。

雇用増加割合=適用年度の雇用者増加数÷前事業年度末日の雇用者総数

 税制優遇制度の対象となる事業主の要件としては、?青色申告書を提出する事業主であること、?適用年度とその前の事業年度に、事業主都合による離職者がいないこと、?適用年度に雇用者雇用保険一般被保険者)の数を5人以上(中小企業は2人以上)かつ10%以上増加させていること、?適用年度における給与等の支給額が、比較給与等支給額(※)以上であること、?風俗営業等を営む事業主ではないこと、がある。

比較給与等支給額=前事業年度の給与等の支給額+前事業年度の給与等の支給額×雇用増加割合×30%

 中小の事業主にとって20万円の税額控除は魅力はあるが、この条件結構ハードルが高い。まず?の雇用者数2人以上かつ10%以上の要件だが、短時間保険者(週20時間以上30時間未満)の雇用でも可能ではある。しかし、?で比較給与等支給額以上であることが求められるため、賃金の高い者が退職してパート等で人数を増やすということで?の要件を満たすことができるが、?の比較給与等支給額で引っかかることが考えられる。また、前年度賞与を支給したが、本年度賞与を支給しない又は総支給額の大幅な引下げなどがあると困難であると思われる。

 雇用の促進ということで考えられた試みで、助成金奨励金でない税額控除ということは評価できる。しかし、雇用の受け皿である中小企業特に数十人規模で行われないと雇用促進にならないと思う。また、企業も優遇目当ての短期間の採用だけで終わらないことを望みたい。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 大和情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/srtakahashi/20110729